Brizy Cloud:スパムサイトでアカウントを停止する(コンテンツの民主化の問題)

このブログでBrizy Cloudについて紹介したことがあります。 Brizy Cloudは、Brizy Page Builderを作成したベンダーによって作成されたWixに似たWebBuilderソリューションです。使いやすい WordPress サービスを紹介するランディングページを一つ作成しましたが、最近アカウントにログインしようとするとスパム、フィッシングサイトなどで報告され、アカウントがブロックされたことがわかりました。

WordPressこのようにWebホスティングサーバーや独自のサーバーとして運営することなくブログシステムやWebビルダーサービスを利用する場合、いつでもアカウントが停止される危険があるようです。

Brizy Cloud:スパムサイトでアカウントを停止する

コンテンツの民主化

WordPressの利点の一つは、「コンテンツの民主化」と呼ばれることができます。用語は多少抽象的ですが、簡単に言えば、コンテンツの完全な所有権をユーザーが持つことができるということです。

実は当然のようですが、ティーストーリーブログ Naver ブログなどを運営してみるとそうではないことを感じるようになります。

ティストリーナ Naver ブログ、または WordPressドットコム(WordPress。com)で運営する加入型 WordPressに加入してブログを運営する場合、コンテンツが該当プラットフォームサーバーに蓄積され、アップロードするコンテンツや写真などに対して当該プラットフォームが一定部分権利を主張することができます。

さらに、そのプラットフォームのポリシーに違反した場合、アカウントは停止または終了する可能性があります。政策が公正に施行され、命名機会が十分に与えられれば、この部分が大きな問題にはならないかもしれませんが、そうでない場合も多いです。

たとえば、ティストリーで画像を誤ってアップロードして警告を受けたり、アカウントが停止したり、失効したりすることがあります。ティーストーリーでは、リダイレクトコードを入れても、1次違反時にアカウントが停止し、2次違反時にアカウントが削除されます。

私は、ティーストーリーブログにポップアップを表示して、ポップアップをクリックする必要があるコンテンツを表示するためにコードを入れたことがあります。スクロールしてほぼ終わりに来るとポップアップが表示され、一度クリックすると1~2日後に再び表示されるようにしました。このため、強制ポップアップインプレッションでティーストーリー規約に違反するため、バナーを削除するように警告されています。

画像の場合、問題になりそうにない画像であってもアカウントが停止することがあります。召命をしても召命が拒絶されることが多いそうです。

加入型 WordPressそれでも自動投稿を試している場合は、アカウントがすぐに停止する可能性があります。実際に自動投稿を試みている3つのアカウントが一度に停止されたというユーザーがいます。

無料ブログシステムやサブスクライブ WordPress などを使用すると便利ですが、そのプラットフォームの利用規約に違反した場合はアカウントが停止または破棄される可能性があり、コンテンツがそのプラットフォームのサーバーに蓄積されるため、将来の移行に関連して問題が発生する可能性があります。

さらに、コンテンツをそのプラットフォーム上の利用規約によって利用することも可能であるため、コンテンツの所有権が完全ではないという欠点がある。ティーストーリー自体 AdSense 広告を表示してユーザーの収益を大幅に引き上げることも、この観点から理解できると思います。

参考までに WordPressを運営する場合、コンテンツに対する完全な所有権を持つことになりますが、違法なコンテンツに対してはこれとは別に法的な責任を負わなければならない場合があります。違法コンテンツを国内ホスティングを利用してホスティングする場合、警察によりサーバーが押収捜索になり、違法行為に対して法的な罰を受けることができます。

海外ホスティングを利用する場合には、我が国の警察が当該海外企業に協力要請をしなければならないが、協調要請に応じるかは当該企業の決定にかかっているはずです。このブログは海外Webホスティング会社の1つです クラウドウェイズでホストされています。

Brizy Cloudアカウントの停止

Brizy CloudやWixなども同様の制限を持っています。 Brizy Cloudを使用すると、比較的簡単にランディングページなどを作成できます。

私はBrizy Cloudで無料サイトを作成します WordPress コーチングプログラムを使用したランディングページを作成しました。

Brizy CloudはSEO(検索エンジン最適化)の観点から WordPressに比べて落ちるという感じを受けました。だから同じページ Diviテーマで一つ作り、既存サイトはそのまま放置していました。内容は このサイトの内容と全く同じです。

久しぶりにログインしようとしたので、次のメッセージが表示され、アカウントがブロックされました。

Your account has been blocked for security reasons. One or more websites created with your account have been reported as spam, phishing, or misleading.

アカウントで作成された1つ以上のウェブサイトがスパム、フィッシング、または恥ずかしいサイトに報告され、セキュリティ上の理由でブロックされていることを示しています。

アカウントがブロックされる前に通常メールで通知することがわかっていますが、メールボックスには関連メールがありませんでした。

Brizy Cloudで作成したサイトにアクセスすると、次の図に示すように「移動または削除された可能性があります」というエラーメッセージが表示され、サイトにアクセスできませんでした。

Brizy Cloud:スパムサイトでアカウントを停止する(コンテンツの民主化の問題)

このような場合は、カスタマーサポートチームに電子メールを送信して問題を提起すると、アカウントの停止を解除することができます。私はもう使用していないので、特別な措置は取らなかった。

Brizy CloudやWixなどのサービスを使用してサイトを作成すると、予期せずアカウントがブロックされる可能性があります。また、今後 WordPress などで引っ越しをしたくても、データをバックアップできません。このような場合は、スクレイパー/クローラープラグインを使用してデータを抽出することが可能です。

上記の記事は、ティーストーリーブログの記事をスクラップする方法です WordPressに引っ越すことについて扱っていますが、他のサイトにも適用が可能です。

特定のプラットフォームを使用する場合、そのプラットフォームのポリシー違反によってアカウントが停止またはブロックされる危険性があり、場合によっては、アカウントが停止してデータが失われる残念な状況が発生する可能性があることを認識していれば幸いです。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。