Autoptimize - WordPress 最適化プラグイン

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスのサイトの速度が遅い場合は、キャッシュのプラグインとMinifyプラグインを使用すると、速度の向上に役立ちます。 様々なワードプレスの最適化プラグインがありAutoptimizeが最も多く使用されて最適化プラグインの一つです。

Minifyプラグインは、サイトの最適化を介してワードプレスの速度を向上させますが間違って設定するか、相性が合わない場合、レイアウトが割れる現象が発生しますので、慎重に選択して使用してください。 似たようなプラグインで、このブログで使用されているClearfyとWP Asset CleanUpプラグインがあります。

この記事で紹介するプラグインをキャッシュプラグインと一緒に使用している場合、機能が重複しないように設定する必要がサイトに予期しない問題が発生しないことです。 そして似たような種類のプラグインを重複インストールして使用しないように注意してください。

ワードプレスの最適化プラグイン - Autoptimize

AutoptimizeLight&Boldというテーマを作った開発者が推薦してくれたことで、サイトを簡単に最適化するプラグインです。 このプラグインは、スクリプトとスタイル(style)をaggregate(MS用語集では、集計と翻訳されていますね)、Minify、キャッシュして、基本的にページのヘッドにCSSを追加(注入)することができ、スクリプトをフッターに移動させることができます。

ワードプレスサイトの速度を最適化プラグイン -  Autoptimize

このプラグインをインストールして有効にすると 設定> Autoptimizeでオプションを設定することができます。

ワードプレスのサイトを最適化プラグインAutoptimize

より精巧に設定するには、右上の「Show advanced settings(詳細設定を表示)」をクリックします。

Autoptimizeを補完して、次のようなキャッシュプラグインをインストールして使用することができます。

W3 Total Cacheの場合は、プラグインの紹介ページに記載されていないが、一緒に使用が可能であるとします。 ただし、 Minify機能を無効に必要があります。

現在このブログでは、 W3合計キャッシュと一緒にインストールしてテストしています。 体感少し速度が改善されたようだが、実際に改善されたことは分かりません。 (※更新:Cache EnablerキャッシュプラグインとClearfy最適化プラグインに変えました。)

他のサイトでは、 Sitegroundはで提供される SG Optimizerと一緒に使用中な、問題なく正常に動作するようです。

ただし、このプラグインをインストールしたときにレイアウトが割れ現象が発生しているサイトもありますね。 テーマやプラグインのクラッシュからだと思われる。 サイトが割れた場合のオプションを有効/無効にし、最適な設定を決定してください。

W3 Total Cacheを使用する場合、基本搭載されたMinifyプラグインを使用してもされるが、Minify機能を無効にし、代わりに他のMinifyプラグインをインストールして速度が向上されるかをテストしてみてもいいようです。

注:



1のコメント

  1. このプラグインをインストールする場合は、 Naver ウェブマスターツールでウェブページを収集要求に失敗していないことを確認してください。 もし、Webページの収集要求に失敗した場合に使用していない方が良いようです。

    次の記事を参照してください。
    https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%84%A4%EC%9D%B4%EB%B2%84-%EC%9B%B9%EB%A7%88%EC%8A%A4%ED%84%B0%EB%8F%84%EA%B5%AC%EC%97%90%EC%84%9C-%EC%9B%B9-%ED%8E%98%EC%9D%B4%EC%A7%80-%EC%88%98%EC%A7%91-%EC%9A%94%EC%B2%AD-%EC%8B%A4%ED%8C%A8/

    応答