ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

加入型 WordPressとJetPack 30%割引

Last Updated:2020年11月14日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

2017年12月31日まで加入型 WordPressとJetPackの有料プランについて30%の割引をするとね。 WordPress.comサイトJetPackサイトでプランを選択して、クーポンコード「HOLIDAY30」を入力すると、30%の割引を受けることができます。

  • 開始日:2017年12月15日
  • 終了日:2017年12月31日
  • クーポンコード:HOLIDAY30

WordPressに大きく設置型と加入型があります。 設置型は Cafe24ナ Bluehost のようなWebホスティングサービスに加入して WordPress インストールファイルをインストールして運営することで、一般的に WordPressといえばマウントを指した時があります。

加入型は WordPress.COMで登録して、ブログのように動作する形式です。 WordPress 加入型で提供されるプランは、以下のとおりです。

加入型 WordPressとJetPack 30%割引2

無料の場合の保存スペースが3GBが提供されて広告が表示されます。 そしてCSSを利用することができないサイトの変更が制限です。 CSSの使用が可能なのは、「高度な設計のカスタマイズ」機能を提供するプレミアムプランからのようです。

個人プランで提供される 「基本的なデザインのカスタマイズ」は「事前に設定された配色のオプションは、背景のデザインやフォントスタイルを選択したテーマのテンプレートをカスタマイズ」することができる機能といいます。 そして プレミアムプランビジネスプランで提供される 「高度な設計のカスタマイズ」 機能は「より多くの配色のオプションは、背景デザイン、ウェブサイトCSSの完全な制御を介して、選択したテーマのテンプレートをカスタマイズ」することができそうですね。

参考までに加入型 WordPressは、外部のテーマとプラグインのインストールが不可能であった ビジネスプランでテーマとプラグインのインストール/アップロードを可能にすることにより、設置型 WordPressと同様に WordPressを利用できるようになりました。 ビジネスプランでは、ストレージスペースが無制限であり、トラフィックも WordPressで処理してくれるので、サイトの規模が大きくなればマウントより安価なソリューションになるかもしれないだろうという気がしますね。

ただし、ビジネスプランでは、次のような制限があります(今年7月に WordPressに確認した内容です):

  • テーマのアップロード可能なサイズは50MBです。
  • 置型 WordPressを利用する場合は、ファイルをExportして WordPress.comでは、Importが可能です。
  • FTP / SSH機能を提供していません。

FTP接続を許可していないので、私のように、FTPを頻繁に使用する場合は少し不便することができるようになります。

個人ブログや小規模企業サイトの場合加入型 WordPressもXNUMXつのオプションになることができるようになります。 加入型 WordPressを利用すれば、設置型 WordPressで同伴されるWebホスティング管理の部分が不要なため、楽な部分も存在します。

ただし、プランに応じてテーマ/プラグインのインストールに制約が続くことがありますので、高度な機能を実装する必要があるか精巧なサイトを構築しようとする場合には、設置型 WordPressを利用することがより良いオプションになります。

置型 WordPressの場合は無料 WordPress テーマだけでなく、 Avada, Enfold 同じ有料 WordPress テーマとすることができ、多くの無料のプラグインと有料のプラグインを利用することができ、自由度が高いです。



2のコメント

コメント

  1. ずいぶん前に WordPressドットコムのアカウントを一つ作っておいたのに使用を全くしなくてそうなのか、アカウント情報を忘れてしまったかの古いね。ㅜㅜ
    アカウント情報を削除する必要がありのに。
    今日も寒いですね。暖かい週を持って.. !!

    回答する