[WordPress] WooShip - WooCommerce 配送プラグイン

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスウコマースでまとめ梱包する方法についての質問があり、関連のプラグインを検索してみました。 いくつかのプラグインが検索がなりますよ。 その中で WooShip - WooCommerce Shipping Pluginというプラグインが評価もいいし、柔軟な機能を提供することです。

WooShip  -  WooCommerce Shipping Plugin

このプラグインの説明を見ると、「WooShipは、ほぼすべての配送条件を設定することができるようにする汎用配送拡張機能」とされています。

2019年7月に追加:WooShipは2017年10月以降に更新がされていない。 WooShip代わりpluginhiveという会社が開発した WooCommerce Table Rate Shipping Pro Pluginを使用すると、条件に応じて精巧に送料を設定することができます。

プラグイン紹介ページと記載されている機能を見てみると:

  • 無制限の配送方法を作る
  • 無制限の国、州、郵便番号に基づいて配送地域(送料エリア)を作成し
  • 商品/配送クラスに応じて無制限に追加手数料(追加送料)作成
  • 注文別、重量単位別、出荷クラス別、商品または数量単位別送料の請求
  • カート小計の金額または割合に応じて固定送料請求
  • 配送方法と追加送料のための条件の設定
  • 20つ以上の構成可能な条件で選択可能
  • 配送方法を自動的に選択するか、ユーザーが選択できるようにする
  • 税金を含めたり除外して価格を計算可能
  • その他

このようにさまざまな構成が可能です。

Shipping Zone Configuration

いくつかの構成の中でShipping Zones(配送地域)を設定する画面です。 この機能を使用して本山間地域の送料を別々に設定することができるようになります。

ひょっとする販売者に 複数の商品を合算して送料を策定できるかどうか聞いてみると「買い物かごに入れた商品の重量を加算することにより、顧客に請求することができる」とね。

送料を策定する場合、このプラグインが役立つと思われる。 特定の機能をサポートしている気になるなら、プラグイン販売者に直接お問い合わせしてみると迅速な回答を得ることができます。

同様のプラグインとして、様々な条件に応じて送料を別途指定してくれることができる WooCommerceのための表レート配送というプラグインがあります。 このプラグインは、WordPressのプラグイン販売サイトで右コマース用にベストセラーを記録している人気のプラグインです。 このプラグインと比較しての要件に適したプラグインを選択するとなると思われる。

注:



2のコメント

  1. table rate shipping for woocommerceもカートの重量を合計してくれる機能がありますか?

    応答
    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。
      WooShipプラグインの場合、デモサイトから直接管理モードを体験することを支援しています。 まずWooShip( https://1.envato.market/o60rm )でそのような機能を提供しているを確認して見ればどうでしょうか

      Table Rate Shipping for WooCommerce( https://1.envato.market/79jNd )の場合、Base rates on price、quantity、weight、or dimensionsとされているものと見てその機能も提供するようだが、確かなことは、プラグイン販売者に連絡することが良さそうです。

      応答