[海外のウェブホスティング] Sitegroundで WordPress 自動インストールする

海外ウェブホスティングSiteground - 共有ホスティング

数日前に Sitegroundはでサイトを移転して設定する作業を行いました。

BluehostIpageを など、いくつかの海外のホスティングでは、共有ホスティング(Shared Hosting)からのトラフィックに制限を設けません。 したがって、多くのサイトを運営したり、テストの目的でまともな方だが、時折、特定のユーザーが過度に多くのトラフィックを消費する場合、他のサイトに影響を与えることができます。

Sitegroundの場合、共有ホスティングでもプランに基づいて訪問数をトラフィックを 制限しています。 (この部分についてのお問い合わせしてみると、トラフィックは、データ転送量として、共有ホスティングで制限を設けないとします。ただし、訪問することができ(Visits)を制限するとします。訪問することは、Googleアナリティクスでのセッションと同じ意味で使用されるとします。)

Siteground  -  [海外のウェブホスティング] Sitegroundでワードプレスの自動インストールする

訪問者数がそれほど多くない場合には、Sitegroundも良いオプションのように見えます。 トラフィック制限一部のユーザーによる過度のトラフィックの使用による問題が発生していないようです。 そしてサーバーを「シンガポール」を選択するから、韓国でも体感速度が比較的速く感じられるようです。

最も手頃な価格のStartUpの場合10GB空間を提供していた場合月に訪問者数1万人以下の小規模なサイトに適しています。 StartUpもサブディレクトリまたはサブドメインにワードプレスをインストールすることができますが、アドオンドメインを許可していません。 (つまり、ドメインは1つしか使用可能で、ドメインパーキングは許可することがあります。)

CrowBigとGoGeekはそれぞれ20GBと30GB空間を提供して月に訪問者数25,000人、10万人程度であるサイトに適しています。 アドオンドメインを接続することができます。

今回移転したサイトでは、StartUpプランを使用しているサイトでした。 古代ディ のような場合、低コストのプランでは、cPanelが許可されなくて不便したが、Sitegroundは、低コストでcPanelを提供しますね。

プランの間の差がありますが、StartUpは、1つのドメインのみを許可がGrowBig以上で複数のドメインを追加することができます。 そしてGrowBigでは、バックアップ/復元機能が提供されて 1サイトのワイルドカードLet's Encrypt SSlが提供されます。 共有ホスティングの中で最も高価なGoGeekはSG Optimiserで速度が速くなるとね。 (2017_1218アップデート:共有ホスティングでは、ワイルドカード証明書は、無料で有料に切り替えました。 ワイルドカードSSL証明書ではなく、一般的なSSL証明書は、すべてのドメインに提供されます。 "Sitegroundで無料Let's Encrypt SSLを使用する」参照)

ちなみに訪問者数、ディスクサイズなどを勘案して、適切なプランを選択してください。 中間にプランをアップグレードすると60%割引された価格ではなく、少し高い価格を受信します。

▷ワードプレス(WordPress.org)で Bluehost, DreamhostのSitegroundはを正式に推薦ね^^

▷似たような価格帯の空間と、トラフィックに制限を置かない A2共有ホスティングホスティングもあります。 A2ホスティングを利用している知人のサイトを管理しているが、サイトの速度がある時はいいし、ある時は最初の読み込み速度が遅くなる現象が発生しますね。 個人的にはあまりお勧めしませんが、安価に無制限の容量とトラフィック(実際にはサーバーのリソースが限られているので、 "無制限"は不可能けどね...非常に多くのスペースとトラフィックを許可するという意味で理解すれば良いようです)を提供するホスティングを利用する場合には、まともなオプションです。

2018_0201追加: この記事のリンクをクリックして、Webホスティングに加入すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために推奨されません。 サイトグラウンドの特徴について私が知っている可能な限り正確な情報を追加しようとしました。 いくつかのよく考慮して、適切なWebホスティングを選択してください。 参考までにコストパフォーマンスが良い、つまり歌声雨良いホスティングをしたい場合は、サイトグラウンドよりも性能を少し落ちてもコストに比べてリソースが良い Bluehost 共有ホスティングを考慮してみることができます。 特に、次の文に含まれているリンクをクリックして、ブルーホスト共有ホスティングに加入すると、月に1ドルの割引を受けることができます。

Sitegroundでワードプレスをインストールする

SitegroundはcPanelを提供するため、簡単にサイトを管理することができます。 最近では、ほとんどのWebホスティング会社のワードプレスの自動インストール機能を提供する傾向にある。 Sitegroundの場合、他のウェブホスティングに比べて迅速にインストールされる感じを受けました。

Sitegroundにログインすると、 My Accounts(アカウント) 画面が表示されます。 "Go to cPanel"をクリックします。これにより、自動的にcPanelにログインします。

海外ウェブホスティングSiteground

その後、cPanel画面が表示されます。

Autoinstallers(自動インストールツール) セクションの下にある WordPress アイコンをクリックします。

海外ウェブホスティングSiteground

その後、 WordPressの説明が含まれている画面が表示されます。

海外のウェブホスティングサイトグラウンド - ワードプレスのインストール

ワードプレスは、2017年6月18日現在、全世界のウェブサイトの28.2%を占めており、CMSだけ取ったときには59.1%がワードプレスで制作されました。 韓国でもワードプレスの使用が増えている傾向にあります。

Install Now(今すぐインストール)をクリックすると、本格的なインストール手順が開始されます。

海外ウェブホスティングSiteground

この画面では、次の事項を設定することができます。

  • プロトコルの選択(HttpまたはHttps。SSLが適用された場合、HTTPSを選択)
  • ドメインの選択
  • ディレクトリの選択:サブディレクトリにインストールする場合はIn Directoryにディレクトリ名を入力します。 空白のままのルートにインストールされます。
  • サイト名
  • サイトの説明
  • マルチサイトの使用状況:マルチサイトを使用する場合はSite Settings> Enable Multisiteをチェックします。 上の図では、表示されていません。
  • 管理者アカウント:管理者のユーザー名は、管理者パスワードは、管理者の電子メール
  • 言語を選択
  • プラグインの選択:Limit Login AttemptsとContact Form by WPFroms-liteを選択することができます。
  • テーマを選択
  • 詳細設定:Advanced Optionsをクリックすると、Database NameとTable Prefixを設定することができます。 Backup Locationも設定可能です。

海外ウェブホスティングSitegroundワードプレスのインストール

設定が完了すると、一番下の インストールをクリックすると、インストールが開始されます。

海外ウェブホスティングSiteground

ワードプレスのインストール進行画面が表示されます。 約3〜4分かかる場合がある記載されているが1〜2分程度でインストールが完了しているようです。

インストールが完了すると、インストールが完了したというメッセージと一緒にインストールされたサイトのパスが表示されます。

海外ウェブホスティングSiteground  - ワードプレスのインストール

Return to Overview(概要に戻る)をクリックすると、再びワードプレスのインストール画面に戻り、下部に設置されたワードプレスのリストが表示されています。

海外のウェブホスティングサイトグラウンド

インストールされてワードプレスを削除する場合にも、cPanelから WordPress アイコンをクリックして、 WordPress インストール画面でインストールされたワードプレスのサイトのリストを確認して削除することができます。 削除ボタンを押すと、DBに削除するオプションがあります。 完全に削除するには、DBに削除します。

Bluehostでワードプレスの自動インストール機能を使用したときは少し時間がかかるという感じがしたけどSitegroundの場合そのような感じが全くなくすばやくインストールしました。

知っている方がSitegroundを5ヶ月以上使用した速度が不満がなく、問題を起こしたことがほとんどないですね。

ちなみにSitegroundでは無料のLet's Encrypt SSLを適用することができるオプションをcPanelを介して提供します。 "Sitegroundで無料Let's Encrypt SSLを使用する」を参照してみてください。

アップデート: PHP 7.0を適用すると、 ああ、海のテーマで問題が発生する不具合があります。 Opcacheために発生する問題ですが、Opcache設定値を調整して、問題を解決することができます(参考).

2017年7月7日アップデート: 約3週間ほど使用している安定性と速度の両方大丈夫なようです。 PHPは5.6 / 7.0 / 7.1を適用することができるが、テーマとの互換性のために7.0を適用した。 速度はPHP 5.6時と7.0ときに大きな違いはありませんが、気商人れる知らなくても7.0を適用するからもう少し速くなったような気がします。 PHP 7.1を適用すると、理論上、より速くなるとします。

2019年12月更新: サイトグラウンドでPHP 7.2までサポートします(参考).

siteground 250x250  -  [海外のウェブホスティング] Sitegroundでワードプレスの自動インストールする

注:


3のコメント

  1. 長所と短所よく説明していただきありがとうございます。
    bluehostと比較してからリンクを通じてsiteground growbig 3年間の加入しました。
    数日間決定障害ゴールアパトヌンデ、決裁してからこそ、心が楽になるね。
    既存のxeで長年会社のホームページを運営したが、リニューアル次元でwordpressに変えようとします。
    ゆっくりよく飾ってみましょう。

    応答
    • こんにちは、autobe様。

      Bluehostの場合安価に利用しようとする場合にまともなオプションです。

      ちなみに、古いXEサイトのデータを WordPressに移転したい場合は、次を書き込みみてください:
      https://www.thewordcracker.com/intermediate/xe-%ec%a0%9c%eb%a1%9c%eb%b3%b4%eb%93%9c%eb%a5%bc-%ec%9b%8c%eb%93%9c%ed%94%84%eb%a0%88%ec%8a%a4%eb%a1%9c-%ec%9d%b4%ec%a0%84-%eb%b0%a9%eb%b2%95/

      手動で直接、以前と比べ精巧に移行することができますが、プラグインを使用すると、簡単に前のが可能です。

      応答
  2. 安価なVPSを使用する場合には、Digital Ocean、Vultr、Linodeのようなサービスを利用みることができます。 https://www.thewordcracker.com/intermediate/%EB%94%94%EC%A7%80%ED%84%B8-%EC%98%A4%EC%85%98digital-ocean%EC%97%90-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4%EB%A5%BC-%EC%89%BD%EA%B2%8C-%EC%84%A4%EC%B9%98%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/ 文を参照してみてください。

    応答

コメントを残す