Cafe24の WordPress ブログホスティングツアー

Last Updated:2023年12月29日| 2のコメント

国内代表ホスティング会社 Cafe24は WordPressのサービスを強化することでマネージド WordPress 商品に加えて最近」WordPress ブログ」というウェブホスティング商品を出しました。 WordPress メンテナンスに気を使わずに WordPress ブログを運営したい場合は、まともな選択肢かもしれません。 ただし、カスタムが制限されているため、テーマを直接インストールして設定したい場合は適切ではありません。

Cafe24 サインアップ時 このリンクをクリックしてサインアップすると、このブログと Naver カフェ 操作に役立つことができます。

Cafe24の WordPress ブログホスティング

Cafe24の WordPress ブログホスティング商品は、ユーザーが広告収入にのみ集中できるようにウェブサイトを管理します。 Cafe24で提供するものに主眼を置いた商品です。

WordPressには大きく WordPressドットコム(WordPress。com)で登録して使用する加入型 WordPressとWebホスティングサーバー WordPressを設置して運営する設置型 WordPressがあります。 Cafe24の WordPress ブログ商品は加入型 WordPressと性格が似ていると思います。

WordPress 加入型比較

비교加入型(WordPress。com)取付型(WordPress.org)
가입WordPress.comにサインアップして使用するWebホスティング会社でホスティング商品を購入して運営
料金体系5つのプラン
- 無料
- 個人:月4ドル
- プレミアム:月8ドル
- ビジネス:月25ドル
- コマース:月45ドル
- エンタープライズ:年間25,000ドルから
提供されるディスク容量、訪問者数/トラフィックに応じてWebホスティング商品を選択。 訪問者が多く、トラフィックが多い場合は費用がかかり、訪問者が少ない場合は安価な商品を選択できます。
トラフィックトラフィックを WordPressドットコムで担当しているので、訪問者数が多い場合は経済的なソリューションかもしれません。ディスク容量とトラフィックに応じてプランを選択します。 トラフィックが低いと低いプラン、トラフィックが多いとコストが増加する仕組みで、ウェブホスティング会社によってコストが千差万別
テーマ/プラグイン- 無料プラン~プレミアムプラン:提供されるテーマの中から選択可能で、外部プラグインはインストールできません
- ビジネス、商取引プラン:外部テーマ/プラグインのインストールが可能。 リソースを大量に消費する一部のプラグインのインストールが制限される
- 自由に無料および有料テーマとプラグインインストール可能
ftp/sftp/DB接続- プレミアム以下のプラン:サポートされていません
- ビジネス異常プラン: sftp/phpMyAdmin アクセス可能(参照)
- 通常ftp接続を許可する(ホスティング会社や商品によっては接続を許可しない場合があります)
- phpMyAdminなどのMySQLクライアントツールを使用してDive(DB)に接続できます(例: クラウドウェイズでは、独自のMySQLマネージャを提供しています)
구글 AdSense 広告による収益化- ビジネス以上のプランで AdSense などによる収益化が可能- 自由に可能🥇
Google/Naver 所有権の確認- Googleサーチコンソール/ビング所有権確認可能
- Naverの場合、ビジネスプラン以上でのみ所有権確認が可能です。
- すべての検索エンジン(Naver サーチアドバイザーを含む)でサイトの所有権を確認可能
マルチサイト/サブドメインマルチサイトはサポートされておらず、サブドメインではありません。
(サブドメインへ WordPress ブログサイトを運営したい場合は、別の有料商品にサインアップする必要があります)
- マルチサイト設置可能(ウェブホスティングによって、商品によって異なる場合があります。
- サブドメインは、Webホスティングでサポートされている場合に作成して運営可能。
セキュリティ/メンテナンスWordPressドットコムでアップデート、セキュリティなどを知って担当- Webホスティング会社によってセキュリティに違いがある可能性
- セキュリティとアップデートなどをオペレータが担当しなければなりません。
- セキュリティプラグインをインストールしてセキュリティを強化
- 定期的なバックアップを行うと安心できる
難易度- 初心者でも簡単に利用可能
- セキュリティ、アップデートなどのメンテナンスを気にする必要はありません。
- インストール(ウェブホスティングで自動インストール機能を提供)、テーマ、プラグインの設定作業を直接行う必要があるため、少しの勉強が必要になることがあります。
- セキュリティ、アップデートなどを直接しなければならない。
特徴- カスタムが要求されないシンプルなサイトやブログ運営に最適
- ビジネスプラン以上はSFTP/phpMyadminが許可されているがうまくいかない機能がある可能性があるため、カスタマイゼーションが多く要求されるサイト構築には不向きになることがある
- トラフィックを WordPressドットコムが担当するため、訪問者数が多いサイトの場合、コストを削減できる経済的なオプション🥇
- ビジネスプランはインストールタイプとほぼ同じですが、一部の機能が制限される可能性があります(AdSense 広告掲載はビジネス利用プランでのみ可能です)
- プレミアムプランではCSSでカスタム可能ですが、機能が制限されている(sftpアクセス不可、プラグイン/テーマインストール不可能)
- 無料、個人プランではカスタムがさらに制限される
- WordPressドットコムに比べて自由度が高い(テーマ/プラグインなどを自由に設置可能、 AdSense 広告掲載可能)🥇
- 訪問者数が多いとウェブホスティング費用が増加する
- 複数のサイト運営が可能(ウェブホスティング商品によって異なる)🥇
- ブログから会社サイト、カスタムが多く要求される洗練されたサイト(例:人工サイト)構築可能
- カスタムは自由ですが、セキュリティなどの設定を直接行う必要があります。

Cafe24の WordPress ブログホスティング

Cafe24で新しくリリースされた WordPress ブログホスティングは、ブログを簡単に作成し、便利に利用できるように Cafe24が管理機能を提供するサービスです。 自由度は落ちますが、セキュリティなど Cafe24で提供しているので、ティーストーリーなどのように簡単に WordPress ブログを運営したい場合は考慮できます。

自由度が一般 WordPress Webホスティングに比べて落ちますが、気にする部分が減るため、初心者でも簡単に始められるというメリットがあるようです。

コストは Cafe24のマネージド WordPressに似ています。

Cafe24 など国内ホスティングは 海外ホスティングに比べて落ちるが月500ウォン、1100ウォンなど非常に手頃な商品を提供するので、ブログを始めるユーザーが気軽に選べます。 複数のサイトを運営したり、訪問者数が増えた場合 クラウドウェイズ などのウェブホスティングで乗り換えを検討することができます。

WordPress ブログホスティングの基本情報

次は、 Cafe24で言う WordPress ブログホスティングの基本情報です。

  • WordPress ブログにリンクされているすべてのドメインに対して無料のSSL証明書が発行されました
  • 証明書発行会社のポリシーに従って登録できないドメインに該当する場合は、申請結果に発行不可として表示される
  • ドメイン接続時にSSL証明書が自動的に発行/インストールされ、有効期限が切れる前に自動更新
  • SSL証明書のインストール時にデフォルトポートである443ポートでサービスが提供される
  • WordPressでインストールされているテーマ/プラグインのみが利用可能で、テーマ/プラグインの追加インストールはサポートされていません

また、FTP/SSH接続はサポートされていないため、FTP接続してテーマファイルを変更することはできません。

  • このサービスはSSH / FTPへの接続はサポートされていません
  • DB容量は、サーバーディスクの制限内で無制限に提供され、過度の使用時に制限される可能性があります。
  • サーバー負荷が過度なアカウントの場合、サービスはキャンセルされる可能性があります。

WordPress リポジトリに登録されたテーマやプラグインが利用でき、有料テーマ、プラグインの使用は制限されるものと理解できますが、実際に見てみると Cafe24でインストールしたテーマとプラグインの中でのみ使用できますね。 さらに、テーマやプラグインをインストールすることはできません。

サービス申請だけで広告収入のため WordPress ブログやサイト構築を簡単に進めることができます。 最適化 generatepress テーマがデフォルトでインストールされ、google AdSense など、広告収入に必要なプラグインが自動インストールされます。 設定方法など必要なガイド図 Cafe24で直接提供いたします。セキュリティ強化に効果的なninjafirewall、disable-xml-rpc-apiプラグインを基本インストール、最適設定により侵害事故に備えます。

このホスティング商品に適したユーザー

このホスティング商品は、インストール、設定プロセスを最小限に抑えながら、ブログコンテンツの作成に集中したいブロガーに適しているようです。

サイトレイアウトを自由にカスタマイズして使用したい場合は、この商品は適していません。 そのような場合 Cafe24のマネージド WordPress 상품クラウドウェイズなどのホスティングを使用することを検討できます。

Cafe24 WordPress ブログサイトを見る

Cafe24の WordPress ブログホスティングに参加するときは、PHP 8.2とPHP 8.2からサーバー環境を選択できます。

Cafe24 WordPress ブログスタートアップに参加

WordPress 管理者接続情報は Cafe24 アカウント情報と同じに設定されているようです。 ちなみに10G光アウトバーンFullSSD+または WordPress マネージド商品にサインアップすると、IDパスワードはDiveユーザー名とパスワードに設定されます。

加入後40~50分以内にサービス利用が可能という文字が来ましたが、10分以内に管理者ページにアクセスできました。

まずログインすると、すべてのプラグインとテーマ、 WordPress コアを最新バージョンにアップデートしてください。

プラグインページには合計21個のプラグインがインストールされており、追加でインストールすることは不可能で削除も不可能です。 プラグインは有効/無効化のみ可能に設定されています。

すべてのプラグインを選択して バッチジョブ ドロップダウンから 自動更新を有効にする アイテムを選択し、 適用 ボタンを押すと、すべてのプラグインが自動更新されるように自動更新機能を有効にできます。

プラグインの自動更新を有効にする

インストールされたプラグインのリストは次のとおりです。 (2023年11月27日基準)

  1. 加速されたモバイルページ
  2. 広告サーター
  3. Ads.txtマネージャー
  4. Akismet Anti-spam: Spam Protection
  5. すべて404ホームページにリダイレクト
  6. XML-RPC-API を無効にする
  7. EWWW画像の最適化
  8. ブロックの生成
  9. ヘッド&フッターコード
  10. NinjaFirewall(WP Edition)
  11. ランクMath SEO
  12. WPスーパーキャッシュ
  13. Yoast SEO
  14. 高度なエディタツール
  15. Googleが作成したサイトキット
  16. 簡単な目次
  17. ヨースト記事の複製
  18. WordPress インポートツール
  19. 本当にシンプルなSSL
  20. ジェトペク
  21. クラシックエディタ

テーマは無条件 GeneratePress テーマが強制設定されています。 以外にも WordPress 公式テーマがインストールされているように見えますが、ユーザー画面には表示されないようにしたと思います。

チャイルドテーマを作成することはできませんが、カスタムはカスタマイズの下のテーマオプションとCSSだけで可能です。

サイトスピードは何も書いてない状態でとても早い方ですね。 GeneratePress テーマが速度面で速いと評価されていて速度問題はないようです。 ジェネレートプレステーマを使うと Newspaper 他のテーマに比べてトラフィックも節約できます(参照).

見てみると基本的なセッティングをしてブログの書き込みに集中できるように構成されているという感じを受けました。 気に入らない部分を変えたい場合はテーマオプションと CSSを使用してある程度変更できますが、機能自体を変更したり機能を追加するなどの作業は限界があるしかありません。

最後に、

Cafe24の WordPress ブログホスティングはFTP / SSH接続を許可せず WordPressでインストールされたテーマ/プラグインのみ利用でき、テーマ/プラグインの追加インストールはサポートされないなど制約が多いが、セッティング作業を最小化し、セキュリティ、アップデートなどメンテナンスに気を使わずにブログ運営にのみ集中したいブロガーに適したもの同じです。

しかし、サイトを好きなように飾りたい場合 Cafe24の WordPress ブログ商品は適していない可能性があります。

  1. ティーストーリーブログのように書くだけに集中してセキュリティ、アップデートなどに気にしたくない場合 Cafe24の WordPress ブログホスティングは良い選択かもしれません。
  2. 'WordPress ブログホスティングでは Cafe24であらかじめインストールしたプラグインのみ使用でき、テーマは GeneratePressがインストールされています。 他のテーマやプラグインを追加インストールすることはできません。 (カスタマイジングが大幅に制限される)
  3. GeneratePress テーマが設置されており、スピードが速いです。
  4. サイトを好きなように飾りたい場合は、このホスティング商品は適していません。
  5. 自由度は低下しますが、最小限の設定でブログを運営したい場合は考慮できます。

参照


2のコメント

コメント

  1. Cafe24の WordPress ブログホスティングではチャイルドテーマもインストールできませんか?

    応答
    • WordPress ブログホスティングでは他のテーマを使用できず、テーマをインストールすることも許可されていません。チャイルドテーマをインストールできません。インストールできるとしてもftp接続は許可されていないので意味がありません。

      応答