ブロックされたリソースの問題を解決して、Google SEO改善する

1

このブログの場合、ほとんどの流入は、Googleで行われており、 Naver 流入は3%で微々たる水準です。

구글 Naver 流入情報

昨年 Naverでの流入が増加したが Naver ポリシーの変更後の幅滅びの状態です( "2017年ブログ決算と2018年計画"参照)。 幸いなことに2.5%の水準まで下落したが、最近30こと統計をチェックしてみると Naver シェアが3.1%で少しずつ増加しています。

(Naverの場合何の措置をとらない方がいいとどんな方アドバイスいただけるね。 触れるよりツイストと... その言葉に一理があるようで Naverには、何の措置も取らずにいます。)

Googleの場合、昨年半ばと今年の初めまで大きな変動がないが3月に入って30%程度増加した。

Googleのブロックされたリソースのレポートをチェックして、私のブログでブロックされたリソースが多いという事実を知ってびっくりしました。 だからブロックされたリソースのレポートを確認して問題となる部分を修正しました。 3月に入って、Googleの流入が増加したことが、このためなのかは確認することができませんが、どの程度の影響を与えなかったのか予想してみます。

Googleのブロックされたリソースレポート

1月16日にブロックされたリソースがあるページの数が2,488まで上昇したが引き続き減少して今182ページにブロックされたリソースがあると表示さね。

ブロックされたリソースは、Googleウェブマスターツールにログインした後、 Googleのインデックス>ブロックされたリソースをクリックして確認することができます。

特に クロール> robots.txtテスターをクリックして、robots.txtファイルにエラーがないかも確認することができます。 私はブロックされたリソースの問題を解決するのにrobots.txtファイルを変更した後 robots.txtテスターで不思議エラーが発生しました。

robots.txtテストに失敗しても、Googleで記事をクロールが文が発行されてから数日が経過し、Google検索に反映されるようでした。 この問題を解決したら文を発行した後、すぐにGoogleで検索しました。

特定のプラグインのためにGoogleのボットがrobots.txtファイルにアクセスできないことがあります。 robots.txtテスターでエラーを表示する場合は、プラグインを一つずつ無効ながら問題を引き起こすプラグインを見つけることができます。

メモ:

※一部文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。_コーヒーカップの値にブログ運営を スポンサーすることができます。

Ω

コメント1件
  1. Word

    次の記事も参照ください:

    WordPressでブロックされたリソースの問題を解決する - https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4%EC%97%90%EC%84%9C-%EC%B0%A8%EB%8B%A8%EB%90%9C-%EB%A6%AC%EC%86%8C%EC%8A%A4-%EB%AC%B8%EC%A0%9C-%ED%95%B4%EA%B2%B0%ED%95%98%EA%B8%B0/