ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

自宅でサーバーを直接回す - 無料にする方法がありますが、あえてお金を使う理由がありますか?

Last Updated:2022年6月5日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
自宅でサーバーを直接かける - 無料でする方法があり、あえてお金を使う理由はありますか?

大学生だったとき、Oracle通っていた先輩の家に遊びに行って古いコンピュータ本体を利用して、サーバーを作成し回すのを見た。 コンピュータをサーバーに回すことができるということは、本を介して知っていたが、実際に見たのは、当時は初めてで非常に不思議に思った記憶がされます。

使用していないコンピュータを利用して、サーバーを作成回すことができる能力を持つようになれば、本当に良いでしょう。

[この記事は、2022年6月5日に最後に更新されました。 ]

自宅でサーバーを直接回す - 無料にする方法がありますが、あえてお金を使う理由がありますか?

家庭で直接コンピュータをサーバーにセッティングして動作し、様々な問題に悩んでいる方をたまに見ます。 そんな悩みを通じて、きっと自分をアップグレードできるきっかけになるでしょう。

しかし、一人の力では解決することにあまりにも多くのストレスを受けるなら、他の方法を講じるてみるとどうかということが個人的な考えです。

最近では、手頃な価格の仮想サーバーホスティング(VPS)が出ていて、サーバーを構成したが、問題になると、スナップショットを利用して復元することができるなど、便利な機能もあります。 また、Googleを検索してみるとよく説明されているさまざまな文書があるので問題に直面したときに参考にすることができます。

私 WordPress テーマをテストして行うことがあればVultrやデジタルオーシャン(Digital Ocean)に新しいサーバーを一つ作ってテストしてみ、テストが完了したら、サーバーだけ削除します。 物理サーバーを作成する作業は、頻繁にしてみればあまり時間もかかりません。 Vultrの場合、スナップショットを無料で作成することができますので、より簡単にテストが可能です。

ある方がラズベリーファイ3でウェブサーバーを構築して問題が発生して悩むのを見て、月2.5ドル(Vultr)もしくは月5ドル(Digital Ocean)から仮想サーバーホスティングを利用できるサービスを利用してみるのがストレスもあまり受けておらず、費用の面でもそんな負担にならず、もっと良いようだとおっしゃいました。 そして、機器を24時間年中無休に回すには(いくら出ていなくても)電気代も持っています。 しかし、「無料にする方法がありますが、あえてお金を使う理由がない」と言います。

コーヒー一杯の値にもならないお金を節約しようと一人で悩んでいるのを見ると切ない思いがしたりするが、一方では、困難な問題を独力で解決し、表示する努力がうらやましいですね。 (今私は年を取ってそうなのか、あえて苦労する道より簡単な方法を選択しようとする傾向があるようです。笑)

このブログは、現在の Bluehost VPSを使用していますが、現在リソースを少し追加して月50ドルほど持っています。 Vutlrまたはデジタルオーシャンに移行する場合は、ほぼ半分の費用でサイトを運営できます。 リソース自体も大丈夫です。

しかし、私はLinuxサーバーの知識が短いみる予期せぬ問題が発生した場合、単独で解決することの難しさを経験することもあるようです。 検索や周囲の助けを借りて何とか解決はできるが、その時間に他の仕事をすることが私には、より生産的だと思われます。 そしてサイトが数日中に正常に戻らない場合は、より大きな損をします。

このようないくつかの考慮してみると、(一時Vultrに以前みよう悩んだが)第レベルに問題が発生した場合にサポートを要請することができ、cPanelを使用して簡単にサーバーを管理することができるBluehsot VPSが適しているというそれなりの結論を出してました。 もちろんサーバーの知識が豊富で、問題発生時に対処できる能力があればVultrやDigital Oceanのようなサービスを利用することがより良い選択になると思われる。

テストの目的であり、あえてお金をかけることが惜しい場合、自宅でコンピュータにサーバーを構成して回すのも悪くないと思います。 (コンピュータを年中無休回すと電気代が多く出てくることもあるでしょう。ただし、ラズベリーパイのような機器は、電気代がほとんど出ないですね。月に1000ウォン内外?)

テスト用途の無料ホスティングが必要な場合苛性雨良い国内ホスティングナウホスティング「を参照してください。 ナウホスティングでも、容量とトラフィックが制限された無料ホスティングを提供しています。 無料ホスティングでもドメインを接続でき、SSL証明書までインストールでき、それなりに大丈夫そうです。

しかし、あまりストレスを受けてサーバーを自由にセッティングして使用できる手頃な価格の仮想サーバーホスティング(VPS)サービスを利用することもそれなりまともな選択です。 私のようにLinuxサーバの知識が短い場合には、 Bluehost VPSのようなサービスを利用みることができます。 ただホームページを安価に回すことが目的であれば、共有ホスティングもあります。 (Bluehostの詳細については、海外のWebホスティングサービス - Bluehost(Bluehost)の紹介「を参照してください。)

Vultrに WordPressをインストールする方法は、次の記事を参照してください。

ちなみに今は、PHP 7.3が WordPressで推奨されるPHPバージョンです。 (※2022年6月現在推奨PHP使用は7.4以上で、最新のPHPバージョンは 8.1です。)

WordPressが5.2にアップデートされ、最小PHPバージョンの要件が5.6.20に上方修正され、いくつかのセキュリティ機能が追加され WordPressセキュリティが強化されました。

参考までに、以下のリンクをクリックしてVultrに加入すると、1〜2ヶ月程度、無料で試してみることができるクレジットを受け取ることができます。

メモ:



コメントを残す

コメント