WordPress WPML vs. 自動翻訳サービスGTranslateの比較

WordPress サイトを多言語に変換したい場合は、大きくXNUMXつのオプションを検討できます。 WPMLのような多言語プラグインを利用する方法とマルチサイトを利用する方法がそれです。 言語間の連携が必要な場合はWPMLを選択し、言語間の連携が不要で各言語サイトを完全に異なるサイトにする必要がある場合はマルチサイトを選択できます。

WordPress WPML vs. 自動翻訳サービスGTranslateの比較

WPMLは基本的に人間が翻訳する方法です。 WPMLでは自動翻訳機能を導入し、全体的に自動翻訳した後に翻訳を修正することも可能です。

しかし、自動翻訳機(機械翻訳機あるいは人工知能(AI)エンジン)の翻訳クオリティが期待に満たないので、なるべく該当言語をよく知る専門家(翻訳家など)の助けを受けることが望ましいかもしれません。 専門家を通じて翻訳することが予算的な面などで難しい場合、チャットGPTに翻訳した後に言語をよく知っている人が矯正して上げることも可能でしょう。

WPMLを使用して英語、中国語、日本語などの言語バージョンを追加した後、ページや投稿などのコンテンツを自動または手動で翻訳できます。 言語間で異なるコンテンツを追加することも可能で、重要度が落ちるページや文章は他の言語に翻訳する必要はありません。

このブログには自動翻訳サービスであるGTranslateを利用して 日本語版を追加しました。 日本語サイトは自動翻訳されて生成されたため速度が遅く、何より翻訳クオリティを保証できません。

GTranslateには無料版と有料版があり、無料版の場合、翻訳されたコンテンツに固有のURLが付与されないため検索エンジンに公開されないため、SEO的な面で何の役割も果たせません。

GTranslateの有料版を使用すると、インプレッションページビューが元のものよりはるかに少なくなる可能性があり、検索エンジンにインプレッションが発生しますが、自動翻訳されたコンテンツであるため、検索エンジンでそれほど良い評価を得ることはできません。 AdSense 広告ページビューをチェックしてみると、日本語サイトのページビューが韓国語サイトと比べて約1/23レベルに経た。

WordPress WPML vs. 自動翻訳サービスGTranslateの比較

GTranslate有料版の場合、料金は1言語追加時(Bilingual)月9.99ドル、2以上の言語追加時月19.99ドル(URL翻訳時は月29.99ドル)です。 各言語に異なるドメイン名を関連付けたい場合は、Enterpriseプランを使用できます。

WPML vs. GTranslate有料対。 GTranslate無料

WPMLGTranslate(有料)GTranslate(無料)
コスト- Multilingual CMS: 年間99ドル
- Multilingual Agency: 年間199ドル§
- 1つの言語追加(二言語):月9.99ドル
- 2つ以上の言語を追加:月19.99ドル
(URL翻訳時:月29.99ドル)
- 各言語に異なるドメイン接続時:月39.99ドル
- 無料
自動翻訳- 自動翻訳機能を提供。 クレジットを購入する必要があります(参照).
- 基本的に人間が翻訳
- 自動翻訳- 自動翻訳
翻訳修正可能
(レイアウトなどを自由に修正可能)
制限的に可能
(テキストレベルでのみ変更可能)
不可能
検索エンジンの露出よく露出露出しているがゆっくり露出
(ページ閲覧数がオリジナルと比較して大幅に低くなる可能性があります)
露出していない(SEOと呼ばれない)
設定作業多言語設定が必要不要不要
SEOガラス少し役に立つようです役に立たない
(翻訳された文書は検索エンジンに公開されません)
言語別レイアウトの変更可能不可能不可能
特定の言語に別のページ/記事を追加する可能不可能不可能
言語ごとに異なるドメイン接続可能可能 (Enterprise プランを使用)不可能
DBの保存WordPress DBに保存リモートサーバーDBに保存
(サービス終了時にデータをバックアップできません)
保存しない

§WPMLは現在、年間購読制でのみ販売されています。 1つまたは複数のサイトに対してライフタイム(一生)ライセンスを適用して基本的なセッティングをしたい場合 ここを参考にしてみてください。

自動翻訳品質はまだ信頼できず、エラーが多いため、できるだけ人間が翻訳することが望ましいです。 WPMLで自動翻訳機能を利用したい場合は、WPMLでクレジットを購入する方法の代わりに、上記のように チャットGPT などを活用して自動翻訳後に人間が矯正する方法も考慮してみることができるようです。

翻訳されたコンテンツは、個々のページ/記事のページ/記事を編集するように置き換えることができます。 高度な翻訳エディタを使用してExcelで作業するように翻訳することも可能ですが、個人的にはページ/記事を複製した後にページ/記事を編集する方法で翻訳することを好みます。

GTranslate有料版を使って日本語版を追加しました。 自動翻訳されたテキストを部分的に修正することも可能ですが、日本語がわからないので翻訳は変更していません。

現在日本語サイトを通じ AdSense 収益は月12~13ドル内外でやっとGTranslate料金を賄う水準です。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPML

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

2のコメント

  1. WPMLとGtranslateの有料版の比較を見ると、WPMLがはるかに良く見えます。
    私はGtranslate $29を支払いましたが、WPMLに乗り換えるのは正しいですか?

    1. GTranslateは自動的に翻訳された文書を表示するサービスであり、WPMLは直接翻訳する必要があります。つまり、人が翻訳して翻訳文を直接入力する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます