[WordPress] Uncodeテーマとデモをインストールする

Last Updated:2023年07月17日| , コメントを残す

Uncode  -  WordPress 多目的テーマ

クリエイティブ多目的 WordPress テーマUncode

UncodeAvada, Enfoldより少ない知られている方だが、安定した人気を得ている多目的 WordPress テーマです。 現在販売8位にランクされているこのテーマは、ディテール、柔軟性、性能に主眼を置いて設計された Visual Composer(Visual Composerの) ベースPixel Perfectクリエイティブテーマです。

エージェンシー、フリーランス、ブログ、雑誌(マガジン)、ポートフォリオ、写真、企業(会社)、電子商取引ショッピングモールなど、ほぼすべての分野に適した専門家でオシャレすっきりすべてのスタイルのテーマです。 Uncodeは視覚的に驚くほど美しいウェブサイトを作成するために専念するデザイナーチームのウェブデザイン(賞を受賞し)に長年の経験が溶け完成された結果だと紹介していますね。

Uncodeは、多言語プラグインWPML(参照)をはじめWooCommerce、 視覚的な作曲家との互換性と記載されています。 そしてユーザーの評価が4.86(5.0満点)で、比較的非常に高いです。

この記事では、Uncodeをインストールして、デモをロードするプロセスを簡単に紹介します。

Uncodeインストールする

Uncodeテーマ インストールは、通常のテーマをインストールと同じです。 WordPress 伝言板で ルックス>テーマから直接Uncodeインストールファイルを指定してテーマをインストールするようにします。 インストールが完了したら、次のようにWelcome to Uncodeという画面が表示されます。

Uncode  -  WordPress 人気のテーマ

System Status(システム状態) タブでは、システムの状態情報が表示されます。 上の画面では、 WP Memory Limit40 MBに推奨サイズである64 MBよりも小さいと出ていますね。 この場合、 WP-config.phpを ファイルに次の行を一つ追加すると、上記の赤色のテキストが消えます。

define( 'WP_MEMORY_LIMIT', '64M' );

必須/推奨プラグインをインストールする

本格的にデモをインストールする前に、必要な、あるいは推奨プラグインをインストールする作業が必要です。 伝言板で Uncode > Install Pluginsをクリックして、必要なプラグインのインストール画面に移動します。

Uncode  - 必須/推奨プラグインのインストール

見て 必須に示されているのは、無条件にインストールします。 おすすめは確立されてもされてなくても構いません。 検討した後にインストールするプラグインをチェックした後にインストールして有効にさせるようにします。

デモをインストールする

必要なプラグインのインストールが終わったら今のデモをインストールすることができます。 伝言板で Uncode> Install Demoをクリックして、デモインストール画面に移動します。

Uncodeテーマデモをインストールする

このような画面が表示されたら注意事項をよくお読みましょます。 たとえば、既存の文章、ページ、けリング、画像、カスタムポストタイプ、その他のデータが削除されたり変更されないています。

下部の IMPORT LAYOUTSをクリックすると、デモがインストールされます。 事実、個々のデモがインストールされているのではなく、すべてのデモがインストールされ、ユーザーが目的のレイアウトを選択できるように動作します。 Import Layoutsをクリックすると、次のようなポップアップウィンドウが表示されます。

デモインポート

メニューはインポートしないというメッセージです。 メニューを取得する IMPORT LAYOUTS ボタンの下に見ると、Import Menu「ボタンがあります。そのメニューを使用してインポートできます。OK」をクリックするとデモのインポートが開始されます。少し時間がかかる場合があります。 設定>読むに移動します。

Uncodeデモ設定

フロントページの表示>静的なページの "フロントページ「に必要なデモを設定します。私はテストです。 Portfolio Agencyを指定してみました。 その後、ホームページのレイアウトは次のように変わります。

Uncodeのポートフォリオエージェンシーデモ

今デモコンテンツを変更して、希望のコンテンツに置き換えて、自分だけのサイトを作成することができます。

Pingdomでサイトの速度をテストしました。 環境は低価格の海外ホスティングであるiPage Essential Plan(」iPage.comホスティング期限「注)で運営されているテストサイトで、WP Fastest Cacheという無料キャッシュプラグインをインストールした状態でロード速度をテストしてみました。

読み込み速度は1.06秒〜1.24秒程度が出ますね。 もちろん、Webホスティング環境とインストールされてプラグインは、コンテンツサイズ等に応じて変わるでしょう。 デモだけおいてみたとき XのテーマEnfoldより少し遅いが Avada, BE などのテーマではなく、少数の速いようです。

Uncodeの詳細情報とデモは、 Uncodeテーマサイトを参考にしてみてください。 購入する前にテーマサイトを聞こえ注意すべき点がないか入念にチェックしてみてください。

メモ:


コメントを残す

コメント