ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress Twenty Twenty-Twoテーマエディタが機能しない場合

Last Updated:2022年1月29日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress 5.9 バージョンが 2022 年 1 月 25 日(韓国の時刻で 1 月 26 日午前)にリリースされました。 WordPress 5.9では、フルサイト編集機能をサポートする最初のブロックテーマ 二十二十二が新たに搭載され、レイジローディング性能が大幅に向上しました。 そしてブロックエディタ(Gutenberg)機能も改善され、ナビゲーションブロックが新しく追加されました。 さらに、ギャラリーブロックの機能が拡張され、以前よりも使いやすさが向上しました。

Twenty Twenty-Twoテーマ:サイト全体の編集をサポートする最初のブロックテーマ

Twenty Twenty-Twoテーマ:サイト全体の編集をサポートする最初のブロックテーマ
새로운 WordPress 公式テーマTwenty Twenty-Two。

新しい公式テーマTwenty Twenty-Twoテーマを有効にすると、既存の ルックス 下の "カスタマイズする""ウィジェット""메뉴「アイテムが消えて代わりに」편집기"メニューが表示されます。 ルックス > エディタで完全なサイト編集が可能です。

WordPress Twenty Twenty-Twoテーマエディタメニュー

エディタをクリックすると、ブロックエディタを使用してサイト全体を編集できます。

Twenty Twenty-Twoテーマ:サイト全体の編集をサポートする最初のブロックテーマ

しかし、サイト全体の編集はまだベータ機能であり、ブロックエディタを使用して各部品のテンプレートを作成することは エレメンページビルダーのテーマビルダー Avada テーマのレイアウト などに比べて容易ではないようです。 おなじみの問題かもしれませんが、まだ機能が完全ではなく、エレメンタなどで提供する機能に比べてまだ初期段階レベルに見えます。

Twenty Twenty-Twoテーマエディタが機能しない場合

WordPress 5.9アップデートが公開されるとすぐに新しいバージョンにアップデートし、2022テーマをインストールしてテストしてみました。 しかし、複数のホスティングでホストされているサイトでTwenty Twenty-Twoテーマを有効にし、 ルックス > エディタ メニューをクリックすると、すべて白い画面のみが表示され、エディタが機能しない現象が発生しました。

合計5箇所のホスティングでテストしましたが、すべて動作しなくてちょっと不思議に思えました。 数日経ってからもう一度テストしてみると、そのうちのXNUMXつはエディタページにアクセスできました。

Bluehost 共有ホスティングは WordPress 5.9バージョンが公開された日には動作しませんでしたが、昨日テストしてみましたが、正しく動作しました。

そして、このブログがホストされています Bluehost VPSは Imagickモジュールを取り付けるハニーエディタページへのアクセスが可能になりました。 GreenGeeksホスティング과 Cafe24でホストされている WordPress サイトでは、まだエディタページでエラーが発生しています。 (このようなホスティングでも時間が経つと、Webホスティングレベルで対策を取ってくれないかと思います。)

このような状況で見たときに、一部のホスティングでは、特定のモジュールや機能が欠落しているか、要件を満たさないため、Twenty-Twoテーマのエディタページが動作しないことを慎重に見積もります。

Twenty Twenty-Twoテーマが正しく機能しない場合は、まず ツール>サイト健康で警告が表示されている項目がある場合は、問題を修正した後にエディタにアクセスできるかどうかを確認できます。 それでもうまくいかない場合は、ホスティング会社に連絡して相談してください。

Twenty Twenty-Twoテーマを使用するための要件が​​あるかどうかを検索しても、その情報を見つけることができません。 今後この情報が見つかったら、この記事を更新します。

最後に、

Twenty Twenty-Twoテーマは WordPress テーマの未来を見せてくれるという点で重要な意義があるようです。 今はエレメントなどのページビルダーです。 Avada, ディビ などのテーマで提供する機能に比べては歩くステップで、まだ正式な機能ではないが、 WordPress バージョンが更新され、サイト全体の編集機能が成熟するにつれて、ページビルダーを脅かすほど成長しないと思います。

参照



コメントを残す

コメント