ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress RSSフィード日の時間帯を現地時間帯に変更する

Last Updated:2020年11月14日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressはSEOに強く、Googleウェブマスターツールに登録した後、サイトマップを送信して良い文を着実に作成すると、Googleのに検索ができている方です。 しかし、 Naver ブログの領域に検索されるためには、サイトマップは、提出せず、なるべくRSSのみ提出することが良いそうです。

実際にこれに関連して、テストサイトを作って進行した結果、次のような条件の下で Naver ブログにすぐ露出し始めました。

  1. blog.example.com形式のサブドメインを使用
  2. Naver ウェブマスターツールでRSS URLのみ提出(サイトマップは、提出していない。提出された場合は、削除)
  3. 初期には文を発行するたびに手動で「Webページを要求」を提出する
  4. SSLセキュリティサーバー証明書をインストール

これの詳細については、「Naver ブログの領域に WordPress サイトを検索されるようにする方法の考察」を参照してみてください。

テストブログで提出した文が、最初はウェブサイトゾーンに露出された後の時間が少し経つとブログの領域に移動して露出されています。 しかし、日付が実際の発行した日付よりも数時間前に発行されたもので Naverに表示なりますね。

たとえば、5時間前に発行された文が Naver ブログの領域に検索され、14時間前に発行されたことが示されました。

WordPress Naver ブログの領域を検索

原因を特定するためのRSSフィードを確認してみるRSSに表示されるタイムゾーンを Naverで正しく解釈できなくて発生する問題です。

WordPress RSS피드

RSSフィードで発行時間がGMT + 0のタイムゾーンで表示されてGMT + 9時間帯の韓国より9時間遅れています。 したがって時差が9時間が出るので、実際の発行時間と Naver ブログに表示された発生時間が9時間差が発生したことです。 このため、場合によっては、実際の発行日より一日早く発行されたもので表示されることがあります。

(※同じサイトの記事でもいくつかの記事は、実際の発行に時間が正しく反映されて表示さね)。

WordPress RSSフィード日の時間帯をローカルタイムゾーンに変更する方法

この問題を解決したい場合は、次のコードを応用するとなると思われる。

/*
* Converts UTC time to local time as set in WordPress
* WordPress에서 현지 시간으로 UTC 시간 변환
* Processes data in the format "Y-m-d H:i:s" (same format as used in WordPress core)
* 일시는 WordPress 코어에서 사용하는 것과 동일한 형식인 "Y-m-d H:i:s" 형식으로 처리
*
* @author Ryan Hellyer <ryanhellyer@gmail.com>
*/
function convert_time( $time ) {
$timestamp = strtotime( $time ); // Converting time to Unix timestamp
$offset = get_option( 'gmt_offset' ) * 60 * 60; // Time offset in seconds
$local_timestamp = $timestamp + $offset;
$local_time = date_i18n( 'Y-m-d H:i:s', $local_timestamp );
return $local_time;
}

$time = '2012-08-03 12:33:07';
echo convert_time( $time );
// 출처: geek.hellyer.kiwi

RSSフィードをカスタマイズする方法は、 WordPress 公式文書 "Customizing Feeds」を参考にしてみてください。

上記のコードを実際にテストしてみていないが、他のユーザーによると、うまく動作するとですね。 Naverで、実際の文章作成時間より9時間早いことを認識して反映しても悪いものはないようだが、文の発行時間が正確に反映する必要がある場合は、上記のコードをテストすることができます。

このブログの場合 Naver ブログの領域にも検索がされた後、現在は、ウェブサイトの領域に露出されており、それも数日遅れ Naverインデックスされているようです。 おそらく Naver 政策の変化やテーマの変更など、いくつかの要素が複合的に作用したのではないかと推定してみます。

一般的に知られている方法であるblog.example.comのようにblogの単語が含まれているサブドメインの使用、RSSアドレスのみ提出(サイトマップの削除)、SSL、セキュリティサーバー証明書の適用などの措置をとったとき Naver ブログへの露出がよくなるようです(参照).

blog.example.com形式のサブドメインを Naverでブログとして認識する可能性が高いのは、(非論理的なようだが)blog.naver.com形式の Naver ブログとの関連性があり、見えますね。

メモ:



2のコメント

コメント