WordPress Really Simple SSLのインストール後にサイトにアクセスできない場合 - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress Really Simple SSLのインストール後にサイトにアクセスできない場合

Last Updated:2022年4月17日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress サイトにReally Simple SSLプラグインをインストールした後、サイトにアクセスできないと訴える人がいます。 Really Simple SSLを有効にした後にサイトにアクセスできない問題が発生した場合は、参考にしてください。

Really Simple SSLプラグイン

Really Simple SSLプラグイン

本当にシンプルなSSLは設定を自動的に検出し、サイトがHTTPSで実行されるように設定します。 WordPress プラグインです。 ワンクリックでサイトをSSLに切り替えることができます。 このプラグインは現在500万を超える WordPress サイトにインストールされて使用されています。

3段階設定

  1. Really Simple SSLを有効にします。
  2. ホスティング環境でSSLを有効にするか、Really Simple SSLで無料のLet's Encrypt証明書を生成します。
  3. ワンクリックでSSLを有効にします。

このプロセスを次の画像で確認できます。

Really Simple SSLが提供する無料のLet's Encrypt証明書は有料版でサポートされているようです(参照). Bluehost などの海外ホスティングでは、すべてのドメインで無料のSSLセキュリティサーバー証明書が提供されます。 国内ホスティングでも一部の商品では無料のSSL証明書が提供されたり、ほとんどの商品では有料で購入できます。

Really Simple SSLプラグインの長所と短所

SSL証明書をインストールする場合 WordPress 私は次のXNUMXつのことをする必要があります。

  1. サイトのURLでhttpをhttpsに変更します。 画像パスなどもすべて変更する必要があります。
  2. httpアドレスにアクセスする訪問者をhttpsアドレスにリダイレクトします。

上記の1つの操作を正しく実行しないと、「混在コンテンツのブロック」の問題が発生し、「このサイトの安全な接続(HTTPS)は完璧ではありません。」 警告が表示されると、ブラウザのアドレス欄にロックアイコンが表示されないことがあります。

WordPressは 設定>一般から WordPress 住所とサイトの住所をhttpからhttpsに変更し、画像URLを一括で変更しても通常は問題になりません。 また、 Elementor ページビルダーを使用する場合は、SSL証明書の適用後、エレメンページビルダー編集問題」を参照して Elementor 内でURLを完全に変更する必要があります。

SSL証明書のインストール後にアドレスを一括変更してリダイレクトを設定するのが面倒である場合は、Really Simple SSLプラグインをインストールして数回クリックすると、「混在コンテンツのブロック」の問題が解決され、自動的にhttpsアドレスにリダイレクトされるように設定されます。

しかし、利点がある場合は、欠点があります。 プラグインを使用すると非常に簡単ですが、場合によってはサイトが遅くなる可能性があります。 SSL証明書をインストールしてRealy Simple SSLを有効にした後にサイトの速度が著しく遅くなる場合は、次の記事を参照して手動で上記のXNUMXつの操作を実行すると問題が解決します。

Really Simple SSLプラグインのインストール後にサイトにアクセスできない場合

Really Simple SSLプラグインを有効にした後にサイトにアクセスできない問題が発生する可能性があります。 問題の原因は、有効なSSL証明書がない状態でこのプラグインを有効にしたためです。

SSL関連プラグインは、有効なSSL証明書がインストールされている状態で使用する必要があります。 それ以外の場合は問題が発生します。

SSL証明書がない状態でSSL関連プラグインを有効にして設定すると、「接続がプライベートに設定されていません」エラーが発生する可能性があります。

WordPress Really Simple SSLのインストール後にサイトにアクセスできない場合

Really Simple SSLプラグインを適用した後に404エラーが発生することもあります。

このプラグインを有効にした後にサイトにアクセスできなくなる場合は、次の方法で問題が解決するかどうかを確認してください。 事態に備えてデータとDBをバックアップした後に進みます(参照).

1. ファイルジラなどのFTPクライアントプログラムを使用してFTPに接続してプラグインフォルダ(/ WP-コンテンツ/plugins/)に移動して 本当にシンプルなSSL フォルダを削除します。

Really Simple SSL プラグインの削除

FTP接続方法については この記事を参照してください。 FTPログイン情報がわからない場合は、Webホスティング会社またはサーバー管理者に連絡してください。 Cafe24の場合 Cafe24 ホームページにログインしてFTPパスワードをリセットでき、 Bluehost などcPanel環境を提供するWebホスティングでは、cPanelにログインしてFTPアカウントを作成できます。

2. ルートフォルダの [/pcode].htaccess[/pcode] ファイルをバックアップし、このファイルを削除します。

3. Chromeブラウザなど、ブラウザのキャッシュと履歴をすべて削除してから、サイトに再接続します。 それでもエラーが発生した場合 Ctrlキー+F5 ホットキーを押してから、もう一度サイトにアクセスします。 それでもうまくいかない場合は、サイトにアクセスしたことがない他のブラウザ(Firefoxなど)や他のコンピュータを介してサイトに接続してみてください。

Chromeからキャッシュを削除する方法はGoogleドキュメントです。キャッシュとクッキーの削除」を参照してみてください。

4. サイトにアクセスして管理者ページにログインすると 設定>固有のアドレスに移動して下の 変更を保存 ボタンをXNUMX〜XNUMX回クリックします。

これでサイトが正常に動作するはずです。

最後に、

以上で WordPressReally Simple SSLプラグインをインストールして有効にした後にサイトにアクセスできない問題が発生した場合の対処方法について説明しました。

上記のように、このプラグインを使用すると、ワンクリックで「混在したコンテンツをブロックする」問題を解決し、httpアドレスをhttpsアドレスに自動的にリダイレクトするように設定するため、非常に便利ですが、一方ではサイトの速度に悪影響を及ぼす可能性があります。

参照



コメントを残す

コメント