ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[WordPress]「Optimization WordPress Plugins&Solutions by W3 EDGE」フレーズを削除する

Last Updated:2022年3月20日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

"Optimization WordPress Plugins&Solutions by W3 EDGE」フレーズを削除する方法

今日私のブログを見てフッター領域に "最適化 WordPress Plugins&Solutions by W3 EDGE"というフレーズが表示されていることを発見しました。このようなフレーズを追加したことがないために、どこで、このようなフレーズが追加だろうか、しばらくの検索をしてみるとW3 Total Cacheプラグインと関連があることが確認できました。しかし、このフレーズが表示されないようにする方法を見つけることができないですね。このフレーズが表示されるページが78万件もGoogleで検索されるため、このフレーズを削除する方法の文が正しく検出されません。

だからW3 Total Cacheプラグインの設定に入って一つずつチェックしてみました。 しばらくチェックしても、「Optimization WordPress Plugins&Solutions by W3 EDGE」フレーズを表示したり、非表示にする設定が見ていない。そうするうちに Performance> Dashboardにないかして注意深く見てみると、ここにいますね。 ランタンの下が暗いという表現が訳もなくあるのではないたね。

Performance> Dashboardから Spread The Word ボックスで リンク オプションの値を 一つ選択してくださいに変える "Optimization WordPress Plugins ... "フレーズが表示されません。

最適化 WordPress Plugins&Solutions by W3 EDGEフレーズを削除する

"一つ選択してください"を選択すると、ポップアップウィンドウが表示し"You are no longer linking to us。 Please support us in other ways instead。」というメッセージが表示されます。他の方法でサポートしてくれというメッセージです。おそらくプラグインを開発して無料で提供することは、収益化モデルを見つけるのは容易ではないようです。だから、良い無料のプラグインがある瞬間にアップデートが中断されついには消失の場合があります。

WordPressのサイトの速度を高めてくれるキャッシュプラグイン

W3 Total Cacheプラグインは無料のプラグインの中では洗練されたオプションを提供する優れたプラグインです。 設定する項目が多いので、環境に合わせて適切に調整すると、 WordPress サイトの速度をある程度向上させることができます。 W3 Total Cache設定方法は、 この記事を参考にしてみてください。

速度が速い WordPress テーマ

WordPressの最大の利点の一つは、好みのテーマを利用して、専門知識がなくても専門家が作ったようなサイトを簡単に作ることができる点であることです。 このため、 AVDA, Enfold などの有料テーマが多く使用されます。 しかし、このような有料のテーマを使用すると、どうしてもテーマ自体が重く、スライダーなどの効果を追加すると、速度が遅くなるしかありません。 このような場合にW3 Total Cacheのようなプラグインを使用すると、完全に満足していなくても、ある程度の速度向上が可能です。

個人的にはシンプルなテーマを好む方です。 シンプルながらも速度が速いテーマがいくつかがありますが、最近に発見されたのが「簡素な生活」というテーマです。非常にシンプルなレイアウトを示してこのテーマは、名前も「Simple Life」です。(笑)

現在、このテーマを少しカスタマイズしてテストで運営しています。 実際の動作は、 ここで確認することができます。 pingdomでスピードテストをしてみると、1秒前後で比較的速い速度を示しています。 現在無料キャッシュプラグインと多言語プラグイン WPML 程度が設置された状態です。 そして、Webホスティングサーバーは、海外WebホスティングサービスであるiPageの低価格商品Essential Planを使用しています。 (iPageは有名です Bluehostより低コストに属するが、コストに見合う性能を示しているようです。)

より速いテーマが必要な場合は、自分で開発したり、既存のテーマを最適化したりできます。 クイックテーマ制作に興味がある場合は、ハッキーアサイトの「クイック WordPress テーマを作る」の記事を参考にしてください。



コメントを残す

コメント