WordPress Imprezaテーマでハングル分け合いゴシックフォントを設定する

2

過去2週間 Imprezaテーマが50%割引行事を進行しました。 割引イベントのおかげで、このテーマは、現在の週間販売ランキング4位にランクされています。 管理する WordPress ブログに使用しようとImprezaを購入して設置してみました。

Visual Composer(Visual Composer:現在の名称「WPBakery Page Builder」)を使用しているこのテーマは、ページブロックと呼ばれる機能を提供して、タイトルバー、フッターなどをページビルダーとして構成することができ、Header Builderというアドオンをインストールすると、ヘッダを多様に構成することができるなど、それなりにまともな機能を提供することです。

Impreza Headerテンプレート
Imprezaヘッダテンプレート。 Imprezaテーマでは、さまざまなヘッダテンプレートが提供され、アドオンをインストールすると、ヘッダをカスタマイズすることができる。

しかし、適用するブログに AdSense 自動広告機能が使用されていたが、不思議な広告がヘッダにガリョジョソバナー広告の一部が正しく表示されませんでした。

(昨日寀ーで新しいスキン3紙公開された、一部のユーザーは、新しいスキンを使用すると、 AdSense 自動広告が異常表示されるね。 自動広告機能が便利ですが、テーマやテンプレートに基づいて、たまに予期せぬ問題が発生することがあります。)

Imprezaテーマでハングル分け合いゴシックフォントを設定する

Imprezaテーマをインストールして有効にすると、サイトのハングルフォントがぎこちなく表示されます。 MSゴシックが適用されて表示が良くないことがあります。

しかし、このテーマでは、Googleのフォントを適用することができるオプションを提供しています。 ハングルのフォントの中から分け合いゴシックを設定することができます。

WordPress Imprezaテーマ

WordPress 伝言板> Impreza> Theme Options> Typography(タイポグラフィ)でフォントを検索して分かち合いゴシックを指定することができます。 検索フィールドで ゴシックで検索して Nanum Gothicを選択します。

分かち合いゴシックを適用すると、ハングルのテキストが精通している書体で表示されます。 テーマでは、Googleのフォントを指定するオプションが提供されている場合は、このテーマのように簡単に分けゴシックを設定することができます。

グーグルフォントプラグイン

参考までに Hangul font nanumgothicという WordPress プラグインを使用すると、共有ゴシックフォントを適用することができますが、このプラグインは、更新がないされてから4年超えたため使用には慎重を期すことが良さそうです。

他のプラグインで 簡単にGoogleのフォントがあります。 このプラグインは、40万以上のサイトに設置されており、評価も比較的まともな方です。 WP Google Fontsというプラグインもありますが、このプラグインは、更新がないされてから3年もされたが、現在10万以上のサイトに設置されています。

加えて、 Google Typography, Easy Post Google Fonts(有料)などのプラグインがあります。

いくつかのプラグインをテストして、サイトに問題を起こさないことを選択すると良いようです。 可能な場合は、長い間更新しないされたプラグインは、使用しないこと セキュリティ上です。

メモ:

2のコメント

  1. こんにちは? ここで多くの講義も聴いています。 まだ WordPress 初心者ですが。
    私の有料テーマを一つ購入しました(listingpro)メイン検索ウィンドウにsearchとか、詳細ページにRate us and、share、save、sunmit reviewのような英語のフレーズは、ハングルでどのように変えましたか? 独自の設定で変更することができることはすべて変えたが、あんなものはCSSやテーマエディタで変更する必要がてるんだろいくら探してもないですねㅠㅠ助けちょっとくれてね〜

    • こんにちは?

      テーマの文字列(string)は、通常、Loco Translateようなプラグインを使用して、ハングルに翻訳することができます。

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-translate-wordpress-po-file-using-loco-translate/

      別の方法として、次の文で説明する方法でも可能です。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/%ED%95%84%ED%84%B0%EB%A5%BC-%EC%82%AC%EC%9A%A9%ED%95%98%EC%97%AC-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8-%EC%9A%B0%EC%BB%A4%EB%A8%B8%EC%8A%A4-%ED%95%9C%EA%B8%80-%EB%B2%88%EC%97%AD-%EC%88%98%EC%A0%95/

      テーマに沿ってテーマのオプション内で直接翻訳できるようにする場合もあります。
      このブログで使用された PublisherのテーマはTheme Translationというオプションがあって、簡単に翻訳が可能です。 ListingProテーマでそのようなオプションが提供されると、テーマオプション内で翻訳するとされるが、通常は上で紹介したLoco Translateようなプラグインを使用します。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください