[WordPress] GnuTLS recv error:(-9)エラーのトラブルシューティング

Last Updated:2023年07月16日| コメントを残す

はじめ

"GnuTLS recv error (-9):..." エラーは、いくつかの状況で発生する可能性があります。 たとえば、JetPackを正しくインストールした場合でも、次のようなエラーが発生する場合があります。

GnuTLS recv error (-9): A TLS packet with unexpected length was received.

少し検索してみると、PHPを再構築することが唯一の解決策だと記載されています。 しかし、以下に説明された方法を使用して、この問題を簡単に解決することができます。

このエラーが発生する別の例として、 WordPressの多言語翻訳プラグイン WPMLをインストールして、サイトのキーを登録すると、上記のエラーが発生する可能性があります。

GnuTLS recv error in wpml 2

これに関連し この記事を見ると、次のXNUMXつの行を追加して curlでサーバー証明書の検証手順を省略するようにすれば良いとします。

curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYHOST, false);
curl_setopt($ch, CURLOPT_SSLVERSION, 3);

しかし、この方法ではないことができます。 この場合は、以下の方法に基づいて curlを一時的に無効にした後、サイトキーを登録し curlを再び活性化させてくれればされます。

Core Controlプラグインを使用してcURL無効にする

  1. まず、 Core Controlプラグインをインストールします。
  2. このプラグインをインストールした後有効にすると WordPress ダッシュボードの 도구 下に Core Control オプションが追加されます。 クリックして入ると、いくつかのモジュールが表示されます。 この中で、「HTTP Access Module"をチェックし、"Save Module Choices"をクリックして選択内容を保存します。Core Control WordPress Pluginすると、同じページの上部に「メインページ「隣に」External HTTP Access「という名前のタブがXNUMXつあります。このリンクをクリックしてください。
  3. External HTTP Access
  4. 最初のオプション」Manage Transports「からcURL行の」Disable Transport「を選択します。
    Disable cURL
  5. 今JetPackやWPMLで "GnuTLS recv error (-9):..." エラーが発生しないことです。 目的の操作をした後に、上記の手順を逆に実行して、cURLを再び活性化させCore Controlプラグインを削除するようにします。

WPMLは WordPressで多言語サイトを運営する場合に多く使用されてプラグインです。 AVADA, Enfold など多くのテーマでは、このプラグインと互換性があります。 このプラグインを購入すると、サイト数に関係なく、サイトキーを発行して使うことができます。

多言語 WordPress

Polylangのような無料のプラグインもあるが、サイトの速度に悪影響を与えて、このブログでPolylangをインストールしたが、現在外した状態です。 しかし、WPMLはインストールしてテストしてみるとサイトの速度にほとんど影響を与えないことを確認することができました(参照)。 WPMLの詳細については、 この記事を参考にしてみてください。


コメントを残す

コメント