WordPress 移行プラグインAll-in-One WP Migrationにサイト移転する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

Webホスティングを変更したり、サイトリニューアルのためのワードプレスのサイトを移行する必要がする場合は、ワードプレスの移行プラグインを使用するか、手動でサイトを移転することができます。

プラグインでは、先に紹介したDuplicatorと、この記事で紹介するAll-in-One WP Migrationが多く使用されます。 両方のプラグインの両方100万個以上のサイトに設置されて使用されています。

プラグインを使用する場合、数回のクリックでサイトを移転することができるという利点があります。 しかし、欠点もあります。

  • サイトに十分なスペースが必要です。
  • ファイルのアップロードサイズなどサーバーのPHP ini設定のための移行が失敗することがあります。

プラグインする場合は、バックアップするためにバックアップファイルを圧縮するために必要なスペース、圧縮が完了したファイルを保存するスペースが必要です。 理論上は、実使用領域よりも2倍程度でなければ安全です。 しかし、実際にはそれよりも小さくても可能です。

そして復元するためにも、同様に、バックアップファイルをアップロードして保存するスペース、圧縮を解除するために必要なスペースが必要になります。

プラグインを使用する場合は、まず、ディスク容量が十分かどうかをチェックしてください。 そうでなければ、以前の過程で失敗する可能性があります。

ワードプレスの移行プラグインAll-in-One WP Migrationを使用してサイト移転する

オールインワンWPの移行を使用してサイトを移転するプロセスは比較的単純です。

  1. ソースサーバーからプラグインをインストールして、バックアップファイルを作成しダウンロードします。
  2. ターゲットサーバでもプラグインをインストールして、バックアップされたファイルをインポートして、以前のを完了します。

プラグインをインストールして有効にした後、 ワードプレス伝言板> All-in-One WP Migration>エクスポートをクリックします。

ワードプレスマイグレインシャープラグインAll-in-One WP Migrationでサイト移転する

上記のような画像が表示されたら、「次にエクスポート「ドロップダウンから "ファイル"をクリックします。他のオプションを選択すると、Extension購入を案内するサイトに移動します。

All-in-One WP Migrationエクスポート完了

ファイルのバックアップが完了すると、上記の図のように、バックアップファイルをダウンロードすることができるウィンドウが表示されます。 バックアップされたファイルは、FTP経由で / wp-content / ai1wm-backupsでもダウンロードが可能です。

バックアップされたファイルの拡張子はwpressです。 例: www.example.com-20190123-002041-206.wpress

ファイルをPCにダウンロードした後は、バックアップファイルを ワードプレス伝言板> All-in-One WP Migration>バックアップから削除することができます。 バックアップの目的で使用する場合は、そのまま維持してもよく、サーバースペースが不足すると、削除するようにします。

現在サイトが移転する先のサーバーでワードプレスをインストールして、All-in-One WP Migrationをインストールした後 ワードプレス伝言板> All-in-One WP Migration>インポートに移動します。

ワードプレスのサイト前に

ファイルをアップロードするには、最大アップロードファイルサイズ(upload_max_filesize)設定がバックアップされたファイルのサイズよりも大きくします。 例では、バックアップファイルのサイズが551MBが、以前、ターゲットサーバーの最大アップロードファイルサイズの設定は、128MBです。 無料版のアップロードサイズは512MBに制限されます。

Basic and Premium compressor  - ワードプレスの移行プラグインAll-in-One WP Migrationにサイト移転する
All-in-One WP Migrationの無料版とプレミアム版の比較。

ウェブホスティングを利用する場合は、Webホスティング会社に問い合わせて、upload_max_filesizeの設定値を高くするようにします。 無料版では、512MBアップロード制限があるので、バックアップファイルが512MBを超える場合は、FTPを介して /wp-content/plugins/all-in-one-wp-migration/constants.php ファイルを開き、次の行を検索するようにします。

define( 'AI1WM_MAX_FILE_SIZE', 2 << 28 );

この行を次のように変更するようにします。

define( 'AI1WM_MAX_FILE_SIZE', 536870912 * 20 );

しかし、この方法は、もはや機能しないというユーザーもいます。

ワードプレスのサイト前に

バックアップファイルをドラッグして離すと、アップロードが開始されます。 先に説明したようにサーバーに十分なスペースが必要正しく前になります。

上記のプロセスを次のYouTubeのビデオで説明しているので参照してください。

おわりに

以上でAll-in-One WP Migrationプラグインを使用してサイトを移転する過程を簡単に説明しました。 プラグインを使用すると便利ですが制約があるので、サーバー環境に応じて失敗することがあります。

アップロードサイズのために失敗した場合、FTPなどで経由でアップロードする機能を利用することができますがExtensionを購入する必要があります。

プラグインを使用した方法が失敗した場合は、手動で、以前のを試みることができます。 手動で移行する方法は、次の手順で可能です。

  1. 元のサーバーからのデータとDBをバックアップします。
  2. ターゲットサーバーにデータをFTP経由でアップロードしてDBをphpMyAdminのツールでImportします。
  3. DB内のすべての以前のURLを新しいURLに変更します。 (サイトのURLが同一の場合、このプロセスは不要)

サイトの前に困難を経験する場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

2019年9月追加:

プラグインを使用した方法が失敗した場合、次の文を参考にして、手動で移転してみてください。

注:



5のコメント

  1. 複数のワープを運営したくて、基本的なセッティングとプラグインのインストールをした後に続けて、以前して使用する方法はありますか?

    そしてもしかしたら有料テーマやプラグインのような場合には、前の時どうなりますか?(コピー後有料の認証をするべきでしょう?)

    常に多くの助けを得て行っています^^

    応答
    • 有料テーマやプラグインは、ライセンスを参照してください。

      円バトーマーケットで販売しているテーマとプラグインは、1サイト用に使用可能です。
      最近では、認証を受けなければなら自動更新ができるようになっています。

      https://www.thewordcracker.com/basic/standard-licenses-of-envato-market/

      Diviテーマ など他市場のテーマは、他のライセンスポリシーが適用されます。
      このブログに設置された GeneratePressテーマの場合、1年ごとに更新しなければなら年間購読製だが、サイトのインストール数に制限はありません。

      応答
  2. ありがとうございます。 やってみてダメなら、再質問しますよ^^ありがとうございます〜

    応答
  3. 移転するサーバーの WordPress既存のプラグインをすべて事前にインストールしますか?

    応答
    • こんにちは、隣の医師様。

      All-in-One WP Migrationプラグインを使用して移転する場合には、以前するサーバーには、 WordPressとAIO WP Migrationプラグインをインストールするだけになります。

      もしうまくいかない部分があれば教えてください。

      無料版では、容量制限がありますので、参照してください。

      応答