WordPress 5.0、日程が延期されて11月27日リリース予定

5
WordPress 5.0開発サイクル

米国視覚的に11月12日(月曜日) WordPress 5.0 Beta 4が公開されました。 WordPress 5.0が当初11月19日にリリース予定だったが11月27日少し延期されました。

Mullenweg, WordPress 5.0計画を発表 - 11月19日にリリース予定

これ以上の機能追加はなく、バグ修正のみ行われてますね。 今後の予定です。

  • 11 / 15 - Beta 5発売
  • 11 / 19 - RC1発売&翻訳固定(hard string freeze)
  • 11 / 26 - リリーステスト(Dry run)及び24タイムコードフリーズ(code freeze)
  • 11 / 27 - WordPress 5.0リリース

Gutenberg 統合的に議論が多かった WordPress 5.0のリリースが今目の前に迫っきましたね。

Gutenbergを使用すると、より便利に文/ページの作成が可能です。 Naver ブログの記事編集画面と似ています、 Naver ブログとは比較にならないほど精巧に文とページを作成することができます。

Gutenbergは、さまざまなブロックを選択することができる。

WordPressは Gutenbergがページビルダーを交換するものではない言っているが、 Gutenbergがデフォルトのエディタとして内蔵されることによってページビルダーの立地がますます狭くなると思われます。

新しいエディタを使用するかどうか少し悩んなりますね。 現時点で古典的なエディタ(クラシックエディタ)で十分で5.0バージョンがリリースされても古典的なエディタを使用するか考え中です。

WordPress 5.0が公開されたとき、内蔵された Gutenberg エディタの代わりに古典的なエディタを使用するには、Classic Editorプラグインをインストールします。

WordPress 古典的なエディタのプラグイン

現在、多くのテーマが WordPress 5.0と互換性があるようです。 WordPress 5.0ベータ版と Flatsome WooCommerce テーマをインストールしてテストしてみると問題なく正常に動作しますね。

WordPress 5.0開発サイクルは次の WordPress 文書で確認することができます。

メモ:

5のコメント

  1. 5.0にアップグレードすると、現在使用しているテーマが合わないかもしれないですね。
    そこまで考えていませんでした。 仕事が一つ生じるかもしれないよ。
    それでなくともFlickrのポリシーの変更で写真の整理も必要があり、することがあります。 そんなことは起こらなかった場合です。

    • ほとんどのテーマは、特に問題がないようです。

      Gutenberg問題を起こせば、当分の間無効にし、既存のエディタ(クラシックエディタ)を使用すると、となります。

  2. ページビルダーの立地が徐々に狭くてね。
    個人的には速度が少し早かったらと思います。内心これでページを一度作成したいです..!
    期待がたくさんされているようです。^^

    • ページビルダーの使用が気にされる場合に、基本的に内蔵された Gutenbergを使用すると、ある程度はカバーがあると思われる。 時間が経過すると機能がより洗練されならないだろうか楽しみですね。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください