WordPress 5.0ベータ1リリース

0

米国視覚的に最後の夜に WordPress 5.0ベータ1が公開されました。 当初10月19日にベータ1リリースが予定されたが5日程度遅れて出ましたね。

WordPress 5.0ベータ1は Gutenberg プラグインがデフォルトのエディタとして搭載されており、新しいデフォルトのテーマであるTwenty Nineteenが含まれます。

現在の最新バージョンである WordPress 4.9.1で Gutenberg エディタをプラグインとしてインストールしてテストすることができます。 現在、58万以上のサイトに設置されて使用されています。 しかし、評価自体はそれほど良い方ではありません。

ベータ版をインストールするには、 このリンク(https://wordpress.org/wordpress-5.0-beta1.zip)をクリックして直接ダウンロードするか、 WordPress Beta Testerプラグインを利用してインストールすることができます。

ベータ版をインストールして、しばらく見てみると大きく変わったことはないようです。 インストール後の最初の画面は、次のとおりです。

WordPress 5.0ベータ1画面

伝言板>ルックス>テーマをクリックしてみると、新しい公式テーマであるTwenty Nineteenテーマが追加されています。

WordPress Twenty Nineteenテーマ

このテーマを有効にすると ルックス>ウィジェット メニューが表示されません。 バグなのか、それともサイドバーがないので、わざわざ引いたのかわかりません。

Twenty Nineteenテーマがまだ完成しないされたような感じがしますね。 レイアウトが非常に単純で、メニューも雑に表示なりますね。

文/ページの編集は、予想通り Gutenberg エディタが使用されます。 このエディタを使用していない場合は、 古典的なエディタ(Classic Editor)のプラグインをインストールします。

このプラグインをインストールすると、 設定>を書くで古典的なエディタが Gutenberg エディタを完全に置き換えるかどうか、または基本的にブロックエディタを使用して、古典的なエディタを使用するためのリンクをオプションで追加するかどうかを選択することができます。

WordPress 古典的なエディタの設定

ブロックエディタの代わりに古典的なエディタを使用するには、 Replace the Block editor with the Classic editor オプションを選択して、古典的なエディタをオプションで選択できるようにするには、 Use the Block editor by default and include optional links back to the Classic editorを選択します。

私は5.0このリリースされても、既存のエディタを使用して推移を見守る考えています。 テーマ開発者が互換性になるように措置を取ってくれることを期待されるが、安定化されるには少し時間がかかりんじゃないかと思いますね。

WordPress 5.0バージョンが11月19日にリリースされる予定です。 日程のとおり進めば感謝祭(今年は11月22日)前に5.0が出てくるようです。 しかし、感謝祭週間なので、多くの人が仕事していない祝日期間にリリースすると言って多いですね。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください