ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 404ページテンプレートの作成

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress 404ページテンプレートの作成

WordPressでないページを要求する場合、404.phpファイルをロードして表示されます。 すべてのテーマに404.phpファイルが含まれています。

例えばベストセラー WordPress テーマである Avada(Avada)の場合404エラーが発生した場合、次のようなページが表示されることがあります。

WordPress Avada テーマ404ページエラー
Avada テーマの404 Not Foundページ

しかし、次のように星の助けにならない404ページもあります。

WordPress 404ページなしエラーページ

このブログで使用された Elegant ThemesのDiviテーマも404ページが別の助けにならず地味ます。

Diviテーマの404エラーページ

使用中のテーマの404ページが気に入らないか、または正常に動作していない場合、404.phpファイルを直接編集したりすることができます。

まず、チャイルドテーマを作成した後の作業してください。 テーマ内の404.phpファイルをチャイルドテーマのフォルダにコピーした後、修正したり、新たに一つ作ってもされて(チャイルドテーマを作成する方法は、 ここを参照してください)。

404ページを作成する方法は、 WordPress Codexページ(「Creating an Error 404 Page")に記載されています。 Codexページのソースを持って適切に修正してもいいようです。

次のようなコードを使用して最新記事の一覧を表示するようにすることも大丈夫のようです。

<ul>
<?php $the_query = new WP_Query( 'posts_per_page=5' ); ?>

<?php while ($the_query -> have_posts()) : $the_query -> the_post(); ?>

<li><a href="<?php the_permalink() ?>"><?php the_title(); ?></a></li>

<?php
endwhile;
wp_reset_postdata();
?>
</ul>

最新記事を表示するプラグインを使用しており、そのプラグインでショートコードをサポートしている場合には、ショートコードを追加すると、より良い結果を得ることができるでしょう。 例えば、 表示投稿のショートコード プラグインをインストールして、次のような形式でショートコードを追加します(WordPress Codex文書 を参照)。

echo do_shortcode( ' [display-posts posts_per_page="5" image_size="thumbnail" include_excerpt="true"] ' );

状況に応じて画像を追加するのも良い方法です。 CSS-Tricksは404エラーが発生した場合、次のような画像を表示しています。

CSS Tricks 404ページテンプレート
CSS Tricksの404 Not Foundページ

プラグインを使用して404エラーページを修正する

HTMLコードに慣れていない場合は、404ページを修正(カスタマイズ)することができるプラグインを使用することもできます。

WordPress 404ページのプラグイン

404pageプラグインを使用して404エラーページをより簡単にカスタマイズすることができます。

メモ:



コメントを残す

コメント