ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress ポストの有効期限を設定する方法

Last Updated:2021年6月17日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

有効期限があるイベントの関連記事やページを発行する場合、期間が満了すると、その文書の公開をキャンセルして削除したり、下書きに戻したい場合があります。 このような状況で WordPressは、プラグインを使用してポスト有効期限の設定が可能です。

Post Expiratorプラグインを使用して WordPress ポストの有効期限を設定する

Post Expiratorプラグインを使用して WordPress ポストの有効期限を設定する

Post Expiratorプラグインを使用すると、文とページに有効期限を追加することができます。 ポストが自動的に発行さ取り消され、ポストを削除するか、ステータスを変更したり、ポストのカテゴリを更新することができます。

さまざまな方法でポストを期限切れにすることができます。

  • 下書きに切り替え
  • ポスト削除
  • 휴지통으ة이동
  • 非公開に切り替え
  • 固定文
  • 固定文解除
  • カテゴリーを変更
  • カテゴリ
  • カテゴリー削除

各有効期限イベント(expiration event)についてカスタムCronジョブがスケジュールされて訪問者が多くのサイトのサーバーのオーバーヘッドを減らしてくれるそうです。

WordPress 管理者ページ>プラグイン>新規追加で「Post Expirator」で検索して、プラグインをインストールすることができます。 プラグインをインストールして有効にした場合は 設定> Post Expiratorでオプションを設定することができます。

Post Expiratorプラグインオプション

有効期間があるポストに有効期限を表示したい場合は、[postexpirator]ショートコードを使用して有効期限を表示することができます。 Defautls セクションの下の 日付形式時刻の形式 フィールドの日付形式と時刻形式を古いアイテムのようにします。

たとえば、次のように日付形式と時刻形式を指定すると、...

Date Format: Y년 m월 d일
Time Format: a g시 i분

次の図のように「2021年06月27日午後1時47分」のような形式で日付が表示されます。

WordPress ポストの有効期限を設定する

日付形式と時刻形式を変更したい場合 PHPの日付関数 ドキュメントを参照してください。

文やページの編集画面の右側のパネル(Gutenberg エディタの使用時)に有効期限を指定することができるセクションが表示されます。

WordPress ポスト有効期間を設定する

ポスト有効な日付を指定したい場合 Enable Post Expiriation(ポストの有効期限機能を有効に) チェックボックスを選択して、日付と時刻を指定するようにします。 そして How to expire オプションでポスト公開がキャンセルされる場合は、そのポストの状態をどのように変更するかどうかを指定することができます。

Post Expiratorプラグインとして有効期限を設定する

たとえば、指定された有効期限が到来すると記事やページを下書きに切り替えたい場合 ドラフトを選択します。

  • ドラフト - 下書きに変更
  • 削除 - 削除
  • ゴミ - ごみ箱に移動
  • プライベート - プライベート
  • スティック - 固定(おそらく「固定文」に指定するオプション等しい)
  • 引き離す、はがす - 固定解除
  • Category:Replace - カテゴリーを変更
  • Category:Add - カテゴリを追加
  • Category:Remove - カテゴリーを削除

前述のように、[postexpirator]ショートコードを使用して本文にポストの有効期限を表示することができます。 例示:

유효: [postexpirator] 까지

【postexpirator]ショートコードでは、type属性を使用して日付と時刻の両方を( "full")を表示するか、日付( "date")または時刻( "time")のみを表示するかを指定することができます。 使用可能なショートコードのプロパティ:

  • full(デフォルト)
  • date
  • 時間

例えば[postexpirator type = "date"]のような形式でショートコードを入力すると、日付のみを表示さ時刻は表示されません。

記事>すべての記事ページ>すべてのページに文/ページの有効期限が表示されます。

Post Expiratorプラグインを使用して WordPress ポストの有効期限を設定する方法

おわりに

以上で WordPressでポストに有効期限を指定することができるPost Expiratorプラグインについて説明しました。 特定の時間が経過すると、もはや無効情報が含まれたポストの発行をキャンセルする場合に便利に使うことができるようになります。

参照



コメントを残す

コメント