WordPress テーマの変更時の留意事項

ワードプレスでは、まともな有料もしくは無料テーマがたくさんあります。 特定のテーマを使用してから時間が経過する他のテーマで変えたい気がするかもしれません。

私は数回のテーマを変えながら、現在 Publisherというマガジンのテーマを使用しています。 このテーマは、機能が多いが、比較的バグも結構あって必要な機能以外を使用せずにいます。

事実、他のテーマに変更したいと思うが入ることもあるが、今回は少し長く保ちみるつもりです。 昨年のテーマを複数回変更する過程で、キャッシュプラグインが問題を起こしてSEOから損害を見ました。

この記事では、ワードプレスのテーマを変更する場合に文、ページ、カスタムポストタイプ(ユーザー定義文)、メニュー、ウィジェット、テーマの設定などがどうなるのかについて簡単に説明します。

ワードプレスのテーマを変更する前に...

テーマを変更する前に、必ずバックアップをしてください。 バックアップは、実際に定期的にしてくれることでしょう。

特に、Webホスティング会社から自動的にバックアップを提供する場合でも、コンピュータのハードディスクやクラウド上の別のバックアップを保管しておくことです。

例えばカフェ24の場合、過去7日間のバックアップを提供していますが、最近のマルウェアは、ログインした状態では、マルウェアが活動していないため、マルウェアに感染していることを認識しない場合があります。 その後、7日以降に悪性コードに感染した事実を知ることになれば、自動バックアップを利用した復旧が不可能になります。

ちなみにサイトグラウンドでGrowBig以上プランでは、過去30日間のバックアップを提供しています( "海外ホスティングSitegroundでバックアップ/復元機能の更新"参照)。ウェブホスティングで自動バックアップを提供するかどうかは、そのホスティング会社に問い合わせてみてください。

Webホスティング会社の自動バックアップを提供していない場合、プラグインを使用してバックアップを行うことができます。

新しいテーマを適用する前に、 ルックス>テーマで、目的のテーマの上にマウスを上げた次の "ライブプレビュー"をクリックしてサイトをプレビューすることができます。

テーマのプレビュー

プレビューモードでは、サイトのメインページ、個別記事とページ、カテゴリページなどを見てみましょう。

ワードプレスのテーマを変更する時の留意事項

新しいテーマのメニューを設定する

テーマを変更するメニューが消える可能性があります。 メニューが正しく表示されない場合 テーマのデザイン>メニューに移動し、メニューを選択した後、メニューの位置を指定してくれればされます。 (※この記事のスクリーンショットには、「テーマのデザイン」が、以前のバージョンではAppearanceの翻訳に使用された "外観"と表示されています。)

ワードプレスのメニューを指定

仮に上記のような画面で、 メインメニュー 場所を確認してくれれば、メニューが正しく表示されます。

ウィジェットの設定

テーマを変更すると、サイドバーが、新しいテーマのサイドバーに変わります。 その後、活性化されたウィジェットが無効になることができます。

参考までに、最近のワードプレス4.9バージョンに更新されテーマが変更されてもテーマのウィジェット領域(Widget Area)のマッピングを以前より効果的にすることができるロジックが含まれていたそうです。

  • 二テーマに1つのサイドバーがあれば、サイドバーの世話をマッピングされます。
  • 二テーマにスラグ(例えば、sidebar-1)が同じサイドバーいる場合、2サイドバーのマッピングされます。
  • 類似の種類のサイドバーで、スラグの名前が(部分的にでも)に一致すると、お互いにマッピングされます。 たとえば、あるテーマに「Primary」というウィジェット領域があり、他のテーマに「Main」ウィジェット領域がある場合が2つのウィジェット領域が割り当てられます。 同様に、「Bottom」は「Footer」ウィジェット領域とマッピングされることがあります。

詳細については、ワードプレスの記事(Widget Improvements in WordPress 4.9)を参照してみてください。

テーマの設定

各ワードプレスのテーマごとに、別のユーザー定義(Customization)オプションを提供しています。

ワードプレスでは、テーマのオプションを ぞデザイン>カスタマイズを介して提供することを推奨しているが ああ、海 など、多くの有料テーマでは、別のTheme Optionsメニューからテーマのオプションを提供しています。

テーマのオプション設定は、サイトのロゴ、ファビコン、ヘッダ、背景画像などが含まれます。 テーマを新しいテーマに変更すると、これらの設定はすべて失われます。

テーマを変更する前に、以前のテーマの設定を記録したが、新しいテーマで、オプションを適用することができます。 しかし、以前のテーマはオプションが、新しいテーマはないことができ、その逆の場合もあります。

特定のテーマに関連した記事の種類(Post Type)と分類(Taxonomy)

例えば、いくつかのテーマでは、ポートフォリオなどの機能を提供することができます。 このような機能は、プラグインをインストールして実装することもできるが、ああ海、 Enfold など、多くの有料テーマで自主的にいくつかの機能(例えば、ポートフォリオ、Testimonialsなど)を提供しています。

テーマを変更すると、特定のテーマに関連したカスタムポストタイプ(ユーザー定義文のタイプ)と分類は使用できなくなります。 テーマを変更すると、ワードプレス伝言板のメニューにこんな文のタイプや分類が表示されず、使用できなくなるが、データベースには、保持されます。 元のテーマに変更、再利用できるようになります。

特定のテーマで提供される記事の種類を別のテーマで使用できるようにするには、容易ではない作業になります。 私は昔のPC用のテーマとモバイル用のテーマを特に指定して、PC用のテーマで提供されるカスタムポストタイプをモバイル用テーマでもそのまま使用できるようにしたことがあるが、考慮すべき事項が多く容易ではない作業でした。

特定のテーマに関連するスライダー

多くのテーマでは、独自のスライダーを表示する機能を提供します。 しかし、テーマを変更すると、特定のテーマで提供されるスライダーは消えます。

テーマで提供されるスライダーの代わりにスライダープラグインを使用すると、テーマを変更しても、スライダーを再配置することができます。

しかし、個人的には、テーマで提供されるスライダー機能を利用する方です。 革命スライダー 同じプラグインを使用すると、サイトのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

特定のテーマで提供されるショートコード

多くのテーマではボタン、ギャラリー、スライダーなどを追加するショートコードを提供しています。

しかし、テーマを変更すると、特定のテーマに関連するすべてのショートコードは無効にされて文などを追加されたショートコードは、ショートコード、コードの形で表示されます。

ポスト内のコードで表示されるショートコードを削除するには、DBから一括して削除することを考慮してみることができます。 次の記事を参照してください。

テーマの変更の影響を受けない要素

テーマを変更しても文章とページはそのまま維持されます。 しかし、レイアウトは、テーマに沿って少しずつ異なって見える場合があります。

テーマを変更すると、サムネイルが異常表示されることがあります。 この場合、 サムネイルを再生成 プラグインをインストールして、サムネイルを再生成してくれれば、問題が解決されています。 (文が多い場合は時間がかかります。)

そして 設定 メニューの下にある基本的なワードプレスの設定もそのまま維持されます。

参考までに、テーマを変更する ルックス>ユーザー定義>追加CSSに追加したCSSコードは消えるでしょう。 そして、元のテーマに変更しても回復しないことがありますので、別のテキストファイルに保存をしておくことが安全であることができます。

特定のテーマに関連するCSSコードは、できれば、子テーマを作って子テーマのスタイルシートファイル(style.css)に追加することが安全することができます。

チャイルドテーマはテーマで提供する場合、そのまま使用すると、されて(例えば、ア海)、 ワードプレスの公式文書を参考に一つ作ることができます。 または、Child Theme Configuratorのようなプラグインを使用すると、簡単に子テーマを作成することができます。

チャイルドテーマを使用せずに直接テーマファイルを変更した場合、後日にテーマが更新されると変更がすべて失われます。 必ずチャイルドテーマを作って作業してください。 (ところで、意外に直接変更する方が多いです。チャイルドテーマを作って作業するようにしても無視する方もたまにします。〓〓)

ページビルダーを使用したコンテンツ

ビジュアルコンポーザー、Fusion Builderなどのページビルダーを使用してページを作成した場合、ページのコンテンツ自体は消えません。 しかし、テーマを変更しながらページビルダーを変えなければならする場合には、問題が発生します。 ページビルダープラグインを無効にすると、無数のショートコードがページに表示されます。

テーマを変えながらページビルダーが変わる場合は、ページを新たに製作する必要があります。 ページビルダーに便利な面がありますが、使用を中止する場合には、サイトを更新する作業になることがあります。

テストサイトを作成し、テストする

テーマを変更した後のサイトがどのように変わる確信がない場合は、テストサイトを一つ作ってテストすることができます。 サイトの規模が大きくなければDuplicatorなどのプラグインを使用すると、簡単に前のが可能です。

Bluehost, Sitegroundは など海外のホスティングの場合(最商品を除いては、)DBが無制限に提供されるので、簡単にテストサイトを構成することができます。 サイトグラウンドのGoGeek商品を利用する場合Staging機能を使用して簡単にテストすることができます。


7のコメント

  1. こんにちは。 良い情報ありがとうございます。 一つのかすん問題が、チャイルドテーマとして使用する場合、親テーマに再度有効時チャイルドテーマに適用されたカスタム設定したデザインがそのままついてこないでしょう、私のような場合cssを変更するよりも、関数function.phpファイルを修正するのに親のテーマを有効にさせ、チャイルドテーマに関数ファイルを適用する際アップデッドエする時に初期化されていないこのように使用しています。 Webホスティングのバックアップ機能をしてくれるので(使用されているホスティング会社は、スタートアップで、前日のみバックアップ)テーマでcssの変更のほか、テーマで提供するカスタムで設計作業した内容は、テーマアップデッドエ時は問題ありませないでしょう? 正直チャイルドを生成するのはcssを使いこなす方や必要な方に合うので...また、チャイルドテーマと親テーマの両方を作成しながら使用することもよいでしょう? 頭の中が煩雑ますふふふ〓〓

    返信
    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      チャイルドテーマを作成して使用することはCSSをよくすることとは無関係し、ちょうど適切な慣行に続くじゃないかと関連付けられているようだ。

      誤った慣行に応じて修正をすると、後で問題が発生する可能性があるため、チャイルドテーマを作成し作業するようにすることです。

      次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EC%B0%A8%EC%9D%BC%EB%93%9C-%ED%85%8C%EB%A7%88%EB%A5%BC-%EB%A7%8C%EB%93%A4%EC%A7%80-%EC%95%8A%EA%B3%A0-%EC%88%98%EC%A0%95%ED%95%A0-%EA%B2%BD%EC%9A%B0/

      返信
      • 回答ありがとうございます。 そうです。 さっきは、直接試験してみると適用エラーが出ますね。 これ他の質問なのですがダウンロード形式の製品を販売時アドレス記入をなくす方法はありますか? 現在の発送は今のところ韓国だけされているんですよ。 自動的に記録はなったり言ってい、まあ...何か不必要な..購入したテーマメーカーで、このような機能をする購入ページ?を別々に作ってくれればいいのに。、。 ああ! そしてダウンロード機能が無料を希望の際お支払い方法を経なければならドゥェドンデ、ダウンロードを無料や有料やフォトサイズ別(例えば、無料および有料画像販売ピクサーxこうした会社ね。テーマとプラグインの探しても情報が多くないのだと思う)すぐに受けることができる機能であるプラグインよ。 cssを経ている部分はありますかの。チコ_チコ

      • WooCommerceでアドレス欄を非表示にする方法は、次の記事を参照してください。

        https://www.thewordcracker.com/scribblings/how-to-hide-woocommerce-billing-and-shipping-address-in-wordpress/

        参考までに、最新の WooCommerce バージョンでは、リンクされた記事の方法が多分よくないことがあります。 そのような場合、少しの検索が必要になります。

      • ありがとうございます、管理者様。 第テーマは WooCommerce サポートしているテーマです。 もしかしたら最後にお問い合わせいただいたプラグインについての質問は、サービスの申請を経たり、よく..されている部分はありますか? http://www.ogq.me/ 海外サイトフォン背景ダウンロード会社なのに本当に素晴らしいんですよ。 技術的な部分は、ゼロなので、そのホームページの機能も専門家に任せなければなら部分でしょう? 覆すれる質問申し訳ありません。 (もしかしたら知っている情報がありましたら。お願いします)(ディスカス円コメント非表示機能が..ないようです)

      • WooCommerceで、アドレスフィールドを非表示にするコードをテストしましたか?

        前のコメントで言ったように、おそらく、最新の WooCommerce バージョンでは、うまくいかないこともあるようです。

        そのような場合 WooCommerce 文書を検索して変更された部分が何なのかを理解した後に、コードを変更すると思われる。

        ダウンロード方式を WooCommerce 商品の形式で提供する場合 WooCommerce 内の機能だけを持って十分に可能になります。 そうでない場合には、開発者の支援を受けることが時間を惜しむ方法になります。

        他の方法でEDD +アイムポートを連動して販売しているプラ​​グインを利用することも可能になります。

        https://danbistore.com/item/edd-recurring-iamport/

        恵みの雨ストアで販売していて、コストが少し高価です。

      • ダウンロード方式は WooCommerceを経て進行しようとしています。 1。 アドレスフィールド隠しは教えたサイトに書かれた最初の関数を適用する際に適用がないんです、第二の関数適用時アドレスは非表示になります。 ところで、別のアドレスにベソンランチェックが見える画像の転送ではなく、お届けの商品ご注文の際チェックをすると配送先住所まで取得することになりますか? 少し頭が痛いですね、小口配送商品の販売も一緒に行われた場合、再びfunction.php修正をしなければならなるはずだがね。 2。 前function修正時すぐにコードの修正に入る、念のため個別にダウンロードして修正するのがより安全でしょう?、基本的にテーマに登録されたページショートコードや、このような部分は間違ってはショットを取得したら、(ex)[woocommerce_checkout】初心者の側面では、嫌がらせのであらかじめバックアップをしておくか、テーマファイルの家保存置くなると思います。 3テーマのような場合に購入すると、表示される仮想の商品は、削除時に問題がドゥェジル
        がページに設定されたファイルをゴンドゥルミョン消去ジニー。購入したテーマに設定されたページリスト(チョン的なコンテンツ)は、手をほとんど大地ないんだけど。 まとめてみるとテーマの作成者が作ったuxはワープのページに記録されているのでそのままにしてサンプムラン万ゴンドゥルミョンなるからね。 (常に緊張を逃すならないと思います。知識が不足するほど、よㅠ)

コメントを残す