WordPress テーマデモの読み込み時にエラーが発生した場合(feat.違法バージョンを使用)

Last Updated:2024年04月15日| 2のコメント

WordPressで簡単にサイトを作成する方法の一つとして有料テーマで提供するデモを活用することです。 Avada, Newspaper などテーマで事前作成されたテンプレートであるデモを提供します。制作したいサイトに適したデモがあれば、制作時に時間と労力を節約できます。

WordPress テーマのデモをインストールするとエラーが発生することがあります。デモの読み込み時にエラーが発生した場合は、確認事項を見てみましょう。

WordPress テーマデモの読み込み時にエラーが発生した場合

サーバーリソースの問題

テーマデモをインストールするときにエラーが発生する最も多くの原因は、サーバーリソースの問題です。たとえば、ベストセリングテーマ Avadaを使用している場合、 Avada »ステータス ページから WordPress 環境とサーバー環境の詳細が表示され、問題のある項目がある場合は警告が表示されます。

PHPメモリ制限やPHP Time Limitなどの設定値がテーマに必要な値より低い場合は、デモをインストールするか、 Avada ビルダー(Avada ビルダー)など Avada テーマの機能の使用中にエラーが発生する可能性があります。

WordPress テーマデモを読み込んでエラーが発生した場合 - Avada テーマ

Newspaper テーマを使用している場合でも、テーマが要求するシステム要件があります。

WordPress テーマデモを読み込んでエラーが発生した場合 - Newspaper テーマ

max_execution_timeやWP Memory Limitなどの値が低い場合にデモをロードするか、 Newspaper テーマの機能を使用するとエラーが発生することがあります。

場合によっては、PHP設定値を十分に上げてもデモインストール時にエラーが発生することがあります。 Cafe24でテーマデモの読み込みに失敗したことで問い合わせを受けたことがあります。同じテーマ クラウドウェイズでデモをインストールしようとしたため、問題は発生しませんでした。サーバー仕様の問題によりデモのロードに失敗した場合 ここでお問い合わせください。低コストでデモをインストールできます。

違法なルートで購入した場合

デモのインポートを試みるとき」You have no access to demo import, because you are using nulled or not official theme version(ハッキング版図は正式ではないテーマ版を使用しているため、デモインポートは利用できません)「エラーが発生したときにデモロードに失敗することがあります。

WordPress テーマデモを読み込んでエラーが発生した場合 - 違法テーマを使用する

上の写真は リハブというテーマのデモインストール時のエラーを示します。

この問題は、通常のパスではなく、違法なパスを介してテーマを購入またはダウンロードした場合に該当します。

国内外に違法に有料テーマやプラグインを安く販売するところがあります。たとえば、ホットthemeというサイトで4.99ドルでプレミアムテーマとプラグインを販売すると宣伝しています。 (この会社は名前を変えながら複数のサイトを作って同じ内容でテーマとプラグインを販売しているようです。)

違法テーマプラグイン販売サイト

サイトを見ると Avadaのような人気テーマと エレメントビルダー などを安くダウンロードできます。

このようなサイトを利用する場合は注意が必要です。提供されたファイルにマルウェアが植えられている可能性があり、テーマ/プラグインの販売者からサポートを受けることはできません。実際、このようなサイトでテーマを購入してサイトを作成してマルウェアに感染し、むしろより多くの費用をかけてマルウェアを治療する事例もありました。

数年前、国内でも同様の違法サイトがありましたが、訴訟を起こしてサイトが消えました。

themeのようなサイトでテーマやプラグインを購入するのは自由ですが、前述のようにマルウェア感染の危険があり、デモなどをインストールできない場合があります。また、時々アップデートができず、最終的に正式版を購入しなければならない状況が発生することもあります。

違法なサイトでテーマを購入した後に正しく機能しないと払い戻しをリクエストしても、払い戻しを正しく受け取らない可能性があります。このようなサイトでテーマを購入して問題になって払い戻しを要請しましたが、払い戻しを受けずに払い戻しを受ける方法について問い合わせを受けたことがあります。違法サイトは良心を捨ててお金を稼ぐために運営されているサイトなので、払い戻しをしない可能性が高いでしょう。

ライセンスは約束そのため、フルバージョンを購入して使用することをお勧めします。テーマやプラグインを多くの時間と労力をかけて作りましたが、誰かが違法に安く販売すると、テーマやプラグイン開発者は開発意欲を失うことになります。これは結局 WordPress 生態系に悪影響を及ぼします。

少し費用が惜しいので、通常ではないルートを選択するより大きな損害を見る場合をしばしば目撃します。コーヒーを飲む費用などを節約し、好きなテーマやプラグインを購入することも可能です。そうでない場合は、無料のテーマと無料のプラグインを使用してカスタマイズすることを検討してください。このサイトは現在 Kadenceという無料テーマが適用されています。😄😄

参考までに Naver カフェで «作成しながら学ぶ WordPress(正面改訂版) » 本及びコーヒーラテギフティコン贈呈イベントを実施しています。 WordPress 有料テーマやプラグインの使用に経済的負担となる場合 WordPress 関連基本書籍を購入して WordPress 使い方を習得して無料のテーマとプラグインを使うのも一つの方法でしょう。

暗闇のパスでテーマやプラグインを購入する場合の問題

  1. テーマやプラグインファイルにマルウェアが植えられている可能性がある
  2. 正規ライセンスが付与されていないため、デモのインストールなど一部の機能が機能しない
  3. アップデートが届かないため、セキュリティ上の問題が発生する可能性があります
  4. テーマ/プラグイン開発者の開発意欲を低下させる WordPress 生態系に悪影響を及ぼす
  5. 問題発生時にサポートを受けられない
  6. 問題が発生したときに払い戻しを受けることができない

その他の問題

さらに、さまざまな理由でデモの読み込みに失敗する可能性があります。 WebP image format is not supported on your server エラーが原因でデモのロードに失敗した場合は、Webホスティング会社に連絡してWEBPイメージフォーマットのサポートについてお問い合わせください。

セキュリティ上の理由から、サーバーレベルでWebPイメージ形式のアップロードをブロックすることがあります。

参照


2のコメント

コメント

    • 選択は自由ですが、違法バージョンを購入してから結局本物を購入する方がいらっしゃいます。マルウェアに感染して大変なサイトをあきらめる方も見たことがあります。

      応答