WordPress クリックトラッキングプラグイン - Track The Click

訪問者がサイト内のどのページでどのリンクをクリックしているのか疑問に思うかもしれません。この場合、Track The Clickなど WordPressのクリック追跡プラグインを使用できます。

WordPress クリックトラッキングプラグイン - Track The Click

このブログで外部リンクを監視するSmart External Link Click Monitor(ライティング名「Link Log」)というプラグインを紹介したことがあります。

しかし、このプラグインは2023年12月4日です WordPress プラグインストアから削除され、現在ダウンロードできません。一時的に削除されたと案内していますが、1ヶ月以上は復旧できません。 (WordPress リポジトリから削除された理由は不明ですが、多くの場合、セキュリティの脆弱性が原因で削除されます。)

WordPress 外部リンク監視プラグイン

同様の機能をプラグインとして Track The Clickがあります。

Link Logが外部リンクのみを監視するのではなく、このプラグインは内部リンクと外部リンクの両方を監視します。テストしてみると、一部の内部リンクは無視されることもありますが、外部リンクはうまく捉えるようです。

外部リンクのみを監視したい場合は、 Other(その他)タブ セクションを参照して、内部リンクまたは特定のURLリンクを除外できます。

このプラグインには無料版と有料版があり、有料版には管理者とログインユーザーのクリックを追跡する機能が含まれています。通常は無料版で十分そうです。

このプラグインをインストールして有効にした場合 Track The Click » Settingsで設定をすることができます。

General(全般)タブ

データ保持時間 オプションは、クリックデータをサーバーに保存する期間(日数)を設定します。空白のままにすると、データは保持され続けます。

Google Analyticsの統合でGoogle Analyticsと連携するようにオプションを設定し、Google AnalyticsプロパティIDを追加できます。

Other(その他)タブ

[その他の設定]タブでは、除外するURLを指定できます。

WordPress リンククリックを追跡する

インストールしてテストしてみると、基本的に内部リンクと外部リンクの両方を追跡します。外部リンクを除外したい場合 URL を除外する フィールドにサイトアドレス(例:https://www.example.com)を入力できます。

また、トレースを望まない他のドメイン名も入力できます。

クリックしたリンクを確認する

Track The Click » Clicksで、訪問者がクリックしたリンクが表示されます。

テストのためにしばらくこのプラグインを有効にしてみました。

このページでどのリンクをクリックしているのかを確認して、内部リンクと外部リンクを追加する方法を考えてみましょう。

内部リンクを除外したい場合は、上記の Other(その他)タブ セクションを参照してサイトアドレスを除外できます。

短縮リンク生成および追跡プラグイン

特定のリンクがどれだけクリックされるかを追跡したい場合は、次の記事で紹介するPretty Linksというプラグインを使用して、短縮リンクを作成してクリック数を監視できます。

アフィリエイトリンクを追跡するときにも便利です。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。