ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress:コンテンツの一部をゲストやログインユーザーにブロックする方法

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressは、さまざまな方法でコンテンツの一部を非会員が見ることができないようにブロックしたり、お問合せフォームに記入してメールを提供する必要が見ることができるようブロックすることができます。 無料メンバーシップのプラグインであるWP-MembersまたはUltimate Memberなどを使用すると、文やページを非ログインユーザー(ゲスト)に全体的にブロックまたはブロックしないように設定することができます。

WP-Membersを使用して、いくつかのコンテンツをブロックする

だけでなく、WP-Membersを使用する場合、個々の文/ページのコンテンツをログインユーザあるいは非ログインユーザー(ゲスト/ゲスト)のみ表示されるように設定することができます。

記事編集画面で、ツールバーに見ると、WP-Membersアイコンが追加されています。

WordPressで、コンテンツの一部をブロックする

WP-Membersアイコンをクリックしてみると、上記のようにWP-Membersショートコードを追加することができるように、ドロップダウンメニューが表示されます。 コンテンツの制限をクリックすると、 Logged in contentLogged out content 機能を追加することができます。

例えばWP-Membersショートコードを使用して、次のように特定の文/ページでログインとゲストに表示するコンテンツを異に設定することが可能です。

[wpmem_logged_out]
글을 보려면 로그인하세요.
[/wpmem_logged_out]
[wpmem_logged_in]
로그인 ユーザー에게만 표시됩니다.
[/wpmem_logged_in]

この部分は、すべてが見ることができます。

非ログインユーザー(非会員)が文を見れば次のように表示されます。

特定のコンテンツをブロック

そしてWP-Membersは全体文を ブロック(Block)も、個々の文のブロックかどうかを設定するオプションが書かれ、編集画面の右側に表示されます。

WordPress 文/ページブロックする

Unblock this文をチェックすると、その文のブロックが解除(Unblock)されます。

Restrict Partial Contentプラグイン

※このプラグインは、長い間更新しないされているので、最新の WordPress バージョンでは、互換性がありません問題を引き起こす可能性があります。 代わりに Content Control - User Access Restriction Pluginのようなプラグインをテストしてみてください。

WP-Membersを使用していない場合、Restrict Partial Content Pluginという無料のプラグインを使用すると、同様の機能を実装することができます。

WordPress 一部のコンテンツをブロックする

このプラグインの機能として:

  • ユーザーの役割に応じてアクセス制限(Restrict access based on the role of user)
  • 特定のユーザーID /ユーザー名に基づいてアクセスを制限する(Restrict access based on specific user id / user name)
  • 日付/時刻に基づいてアクセス制限(Restrict access based date / time)

Pages by User Role for WordPress プラグイン

有料プラグインでは、有名な UserPro 同じプラグインがあります。 そして Pages by User Role for WordPressというプラグインもかなり多くの販売を記録しているプラ​​グインですね。

役割に応じて、ページへのアクセス制限

Pages by User Roleを使用して、以下のコンテンツをユーザーの役割(会員ランク)に基づいてアクセスを制限することができるとします。

  • ページ
  • カテゴリ
  • サードパーティのプラグインで追加したカスタムポストタイプ(ユーザー定義文のタイプ)
  • (サードパーティ製のプラグインで追加された)カスタム分類
  • WooCommerce(ショップ、ショッピングカート、決済、マイアカウント、商品)Pages

もっと詳しく Pages by User Roleプラグインのページを参考にしてみてください。

メールアドレスを入力する必要がコンテンツを表示したり、ダウンロードが可能にする場合

ニュースレターと参加したり、メーリングリストに登録する必要がコンテンツを表示したり、ファイルのダウンロードができるようにしたい場合Diviテーマを販売しているElegant Themesで提供される ブルームBrave Popup Builderのようなプラグインを使用することができます。 WPForms重力フォームでも同様の機能が提供されることがあります。 (この部分は確認後に更新させていただきます。)

メモ:



コメントを残す

コメント