WordPressで「下書き」と「検討中」の違い(外部筆陣役割)

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスで記事を作成している「一時グロー保存」ボタンをクリックすると、一時的にグロー保存されます。 これとは別に「検討中」のオプションがあります。 この記事では、「下書き」と「検討中」の違いについて説明します。

ワードプレス記事の状態:「下書き」と「検討中」

ワードプレス伝言板の 記事>すべての記事 ページの「下書き」とは別に「保留中」の状態が表示されることがあります。

ワードプレス保留状態

クイック編集で、特定の文の状態を変更することができます。 ここでは、「下書き」と「検討中」が表示されます。

ワードプレス記事の状態の変更

文の状態を「検討中」に変更すると、この文は「保留中」の状態になりながら 記事>すべての記事 ページを更新すると、「保留中」文の数が一つ増えます。

ハングルの用語が少し混乱。 「検討中」は、 レビュー待ちの翻訳であり、「保留中」は、 掲載予定の求人の翻訳です。 「下書き」状態と「検討中」(保留中)状態の文はすべて発行されません。 次に、この二つの状態の違いは何でしょうか?

「下書き」と「検討中」の違い

「下書き」は、文字通り文を作成してから、一時的に保存された文です。 「下書き」はまだ作成中完了文がありません。 次に、「検討中」の文は何でしょうか?

「検討中」は、文の作成を完了したので、検討を要請するグロー理解します。 「検討中」の状態は、文の発行権限のないユーザーのためのものです。 特に「外部筆陣」(寄稿)の役割を持つユーザーが文を発行すると「検討中」と書かれた状態が変わって、管理者や編集者が記事を検討した後、「発行」することができます。

下書きと検討中の状態の違い

外部筆陣は文を「一時的グロー保存」したり、「レビューのための提出」をクリックして確認を求めることができます。

上の画像は、容易に理解できるように古典的なエディタを使用したときのインターフェースを示しています。 最新のワードプレスのバージョンで使用されるブロックエディタ(グーテンベルク)は「一時的グロー保存」オプションと「公開」オプションが表示されます。 「公開」をクリックすると、「レビューのための提出」画面が表示されます。

レビューのための提出:外部筆陣このレビューのために文を提出することができる。

「レビューのため提出準備がいますか?」と一緒に「準備ができたら検討のために作品を提出し、編集者が承認することができる」は、案内フレーズが表示されます。

整理すると...

  • 「下書き」は文がまだ完成していない状態であり、一時的に保存された文です。 記事の作成途中で一時的にグロー保存して後で文を続けて記述することができます。
  • 「検討中」は、文が完成されて編集者が確認できるように提出された文章です。 外部筆陣この記事を作成して送信すると、文が「検討中」の状態になります。 その後、編集者や管理者が検討した後、文を発行することができます。

一般的なサイトやブログでは、この機能は必要ありませんが、多数の筆陣この記事を作成する状況で書かれ、作成者が文章を作成した後、レビュー担当者文を検討し、承認する場合に便利です。

ワードプレスパブリッシングプラグイン:PublishPress

多数の筆陣が参加するニュースサイト、またはマガジンサイトの場合 PublishPressのようなプラグインを活用すれば、より効果的に文を管理することができます。

ワードプレスPublishPressプラグイン
社説カレンダー

例えば、 社説カレンダーで文をいつまで作成するように計画されており、いつ文が発行されたかを一目で確認することができます。

(ユーザーインターフェイスは英語で書かれています。ワードプレスでは、 ロコ翻訳のようなプラグインを使用して、ワードプレスのテーマやWordPressのプラグインをローカライズすることができます。)

私PublishPressがインストールされてワードプレスのサイトで記事を定期的に作成する外部筆陣(筆陣という大げさですね)に参加しています。 文の作成者が複数の場合、効果的に文章の作成者と作成された文を管理することができるようです。

PublishPressの詳細については、 プラグインのホームページを参照してください。

注:



コメントを残す