[WordPress]イベントプラグインEvents Calendar使用する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
View Calendar  -  [ワードプレス]イベントのプラグインEvents Calendar使用する

The Events Calendarプラグインは無料で提供されている使いやすいワードプレス用イベントカレンダーの管理プラグインです。

ああ、海のようないくつかのテーマでは、基本的には、このプラグインが搭載されて出てくることもあります。 カレンダー(カレンダー)を訪問者に表示するなど、基本的な機能を使用するに適しています。 より洗練された機能を使用するには、Proバージョンを使用することができます。

この記事では、The Events Calendarをインストールする方法と簡単な使用方法について説明します。

The Events Calendarをインストールする

まず、ワードプレスの管理ページ(伝言板)にログインします。

プラグイン>プラグインを追加するで "イベントカレンダー"を検索します。参考に単語" The "を抜いて食べEvents Calendarで検索すると、とんでもないプラグインが検索されます。

The Events Calendar  -  [ワードプレス]イベントのプラグインEvents Calendar使用する

今すぐインストールするをクリックしてインストールした後に 有効ようにします。

The Events Calendarを設定する

インストールが完了すると、ダッシュボードの左側のパネルに「イベント (英語のみ)」というメニューが追加されます。 Events> Settingsに入り、必要に応じて設定するようにします。 今の設定をせずに、後で設定してもされます。

カテゴリー作成

  • Events> Event Categoriesに移動します。
  • Add New Event Category 下から新しいカテゴリを作成します。

他にもタグ、Venues(場所)などを追加することもできます。 これらのタスクは、以下に説明するイベントを作成過程で進行してもされます。

新しいイベントを作成

今、新しいイベントを作成するようです。

  • Events> Add Newをクリックします。
  • その後、一般的な文を作成するときと同様の画面が表示されます。 タイトルと説明を入力するようにします。

日付と時刻 セクションに移動します。 時間情報を指定します。

  • All Day Event(前日イベント) - オプション
  • Start Date&Time:開始日時を指定します。
  • End Date&Time:終了日時を指定します。
  • Timezone:UTC + 0をクリックして、タイムゾーンを指定します。 韓国はUTC + 9で指定します。
Add a new event  -  [ワードプレス]イベントのプラグインEvents Calendar使用する

Locationセクションに移動します。 既存の場所を選択するか、新しい場所を入力することができます。

  • Venue Name:場所の名前
  • 住所
  • 都市
  • 州または県
  • 郵便番号
  • 電話番号
  • Website
  • Show Google Map:Googleマップを表示するかどうか
  • Show Google Maps Link:Googleマップのリンクを表示するかどうか

主催者 セクションで、基準主催者(Organizer)を選択するか、新しい主催者を入力します。

  • Organizer name:発信者の名前
  • 電話番号
  • Website
  • メール

該当する場合 イベントのウェブサイトでURLを入力します。

参加費がある場合 Event cost(イベントの費用)で、コストを入力します(オプション)。

Event Cost  -  [ワードプレス]イベントのプラグインEvents Calendar使用する

Currency Symbolに通貨記号(例えば、円形、\)を入力します。

今右からカテゴリとタグを指定するようにします。 作成が完了したら、「公開する」をクリックして、イベントを公開(発行)します。

カレンダーのプレビュー

今カレンダーをプレビューしてカレンダーがどのように表示されるかを確認することができます。 上部にみると、「Events」メニューが表示されます。 Events> View Calendarをクリックします。

View Calendar  -  [ワードプレス]イベントのプラグインEvents Calendar使用する

その後、カレンダーが表示され、追加したイベントがカレンダーに追加されています。

Calendar in action  -  [ワードプレス]イベントのプラグインEvents Calendar使用する

Enfold テーマでテストしたところきれいにうまく表示なりますね。 色などのレイアウトを変更したい場合、CSSを使用して調整してくれればと思われる。

ちなみにEvents Calendar Proバージョンでは、ショートコードを使用してカテゴリ別に表示したり、カレンダーをリスト、毎月、日刊などの形式で表示することができます。 詳細については、 この記事を参考にしてみてください。

Googleマップの場合、Googleの新しいGoogle Maps APIポリシーのために、GoogleマップAPIを登録する必要がGoogleマップが正しく表示されるようです(参考)。 一部のテーマの場合Google Maps APIを追加することができるオプションをテーマオプションを介して提供することもあります。

注:



8のコメント

  1. こんにちは。
    作成された内容も見ました。

    もしかしたらEvent Calendar Pro版を購入すると、以下のような機能を利用することができますか?

    1.管理者は、A、B、Cという人々に、それぞれ異なるスケジュールを割り当てます。
    2. A、B、Cは、本人に割り当てられたイベントのみを確認することができ、他のユーザーに割り当てられたイベントには、アクセスすることができません。

    応答
    • こんにちは?

      管理者は、すべての権限を持つ最も強力な役割です。 管理者は、すべての項目へのアクセスが可能です。

      テストしてみると無料版でAuthor(作成者)の役割を持つユーザーがイベントを生成することができますね。 その後、「管理者」ではない「作成者」権限を付与して、目的どおりに動作するかをテストてみてください。

      ちなみにセキュリティのためにしたサイトには、管理者1人だけおいてください。 一人を除いて、残りはEditor(編集者)などの役割を付与して運営してみてください。

      応答
  2. 検索し幼年期知りたいことがあるからです求めることができる - ^^
    http://warrioruniversity.org/ このサイト行ってみれば、メインページにイベントのカレンダーが出てくる
    私構築しようと見てどこべきかがわかりません
    もしかしたら、メインページでは、イベントカレンダーが私参考サイトのように見える設定する方法を教えて間違いございまし突進よ
    プラグインお問い合わせ文に見てみると設定法があったりのに(settings-reading-Front page displays)のままとメインが最初から全部カレンダー画面でのみ見えるんですよ。
    前記事にこんなに文を量って恐縮です^^;

    応答
    • こんにちは?

      リンクされたサイトを見てみるとProバージョンが使用されています。 無料版ではそのような機能を見つけることができない場合は、Proバージョンでのみ提供されている機能があります。

      応答
  3. 昔のワープをする前に、Webサイトを作成し、その中にあるプログラムでカレンダーも作りました。
    カレンダーをマンドゥルギンたが私には使い勝手が落ちるようです。
    ところが、これを必要とする方は、有用な情報であると思われる.. !!

    応答
    • WordPressの強みの一つは、様々なプラグインを使用することができているという点であることです。
      The Events Calendarは無料ですが、まともな機能を提供することです。

      応答
  4. こんにちは、このプラグインを注意深く見て補助ある初心開発者です。

    proバージョンを購入する必要がショートコードを WordPress ページに入れて(frontend)ユーザー画面にカレンダー形式で見せることができるという言葉であることを確認要求します。

    all-in-one-events-calendarのpluginと同じように使用すると、Proバージョンを購入するか?

    もしProバージョンを購入する際に、一度購入すれば永久的に使用可能ですか? それとも1年ごとに決済しなければなら部分ですか?

    応答
    • こんにちは? コメントを残していただきありがとうございます。

      テストをしてみたらどのように動作するか理解できるでしょう。
      テストでショートコードを入れてみるとちょうど基本的なレイアウトのカレンダー(例えば、毎月のカレンダー)が表示されます。 カテゴリー別や細部では調整がないと思われます。

      うまくいかない場合は、別途のプラグインがあります。
      The Events Calendar Shortcode
      https://wordpress.org/plugins/the-events-calendar-shortcode/

      応答