WordPress イベント&カンファレンス管理/チケット販売のテーマ

ワードプレスイベント&カンファレンスのテーマ

ワードプレスで使用できるイベントのテーマに様々なテーマでいくつかあります。

イベント/会議の販売する場合ウコマースを通じて決済が可能なテーマを選択してください。 その後、支払いを右コマースで処理することができます。 (ウコマースを通じて支払いを処理できない場合には、直接、国内PGと連動させる作業をやらなくなります。)

Event Champ, TicketBox, Eventica, Venue X などのテーマでは、呉コマースを通じてチケットを販売することができます。 そして イベント管理で右コマースに予約が可能とします。

ちなみにYITHで販売している YITH WooCommerce Event Tickets プラグインを使用すると、右コマースを通じてイベントを生成して、イベントのチケットを販売して管理することができます。

ウコマースイベントのチケット販売管理プラグイン - YITH WooCommerce Event Tickets

イベント管理 WordPress Theme(イベント管理ワードプレスのテーマ)

ワードプレスイベント管理のテーマ

詳細

イベント管理 WordPress テーマは、様々なイベント、会議(会議)、展示会、見本市、授賞式、毎年恒例のイベント、セミナーなどの作業を簡素化させてくれるワードプレスのテーマです。

図のようにカテゴリー別に分類して表示することができます。

Event Grid  - ワードプレスイベント&カンファレンス管理/チケット販売のテーマ

イベントをグリッド(ポートフォリオ)の形式とリスト形式で表示することができます。

Event Grid List  - ワードプレスイベント&カンファレンス管理/チケット販売のテーマ

イベント画像にギャラリーを構成することができ、Eventbriteで決済が可能です。

呉コマースを通じて予約が可能であると表示されています。 おそらく右コマースでのお支払いを処理することができるようです(テーマ開発者に問い合わせてみると、確実ようです)。

このテーマには、 視覚的な作曲家が含まれています。 ちなみにVCは多くの有料テーマに使用され、品質の面で良いプラグインはありません。 ワードプレスが更新されるたびに、問題を引き起こす恐れがあり、テーマやプラグインとの競合を起こす場合もあります。 しかし、設計作業を便利にしてくれるので、両刃の剣のような感じがします。 使用しない場合良いVCがなく設計作業が容易ではない場合には、使用するしかないようです( "ワードプレスのページビルダーの長所と短所"参照)。

デモと詳細については、 Event Managementテーマページを参照してください。

Venue X - Simple Events WordPress Theme(シンプルイベントワードプレスのテーマ)

Venue X  - ワードプレスイベント&カンファレンス管理/チケット販売のテーマ

詳細

Venue Xはシンプルなワードプレス用のテーマです。 小規模イベント、コンサート、イベント、劇場、センター、人々が集まったり、楽しむ場所のためのサイトに適しています。 イベントを作成、一覧表示、設定し、チケットを販売して、ギャラリー、ニュース、メディアを表示することができます。

デザインのカスタマイズ(カスタム)

  • 700以上、Googleウェブフォント
  • 675以上Font Awesomeアイコン
  • 箱型または全幅(Full-width)のレイアウト
  • 左と右のサイドバーの両方をサポート
  • 無制限のカラーオプション
  • Final Call CSSは、管理者メニューからすぐに自分だけのカスタマイズCSSを追加可能
  • 強力で使いやすいドラッグ&ドロップ方式のページビルダー
  • 完全にカスタマイズ可能な28つのページビルダーブロック
  • 独自のHeader Builderを使用して40以上のヘッダオプションを組み合わせて、ユーザーのニーズに完全に準拠するヘッダーを作成することができます。
  • タイルまたはフルサイズの画像を使用して(ボックス型レイアウトの)背景のカスタマイズ
  • 背景をクリックできるようにするオプション
  • ページビルダーを使用したり、ウィジェット領域に簡単に広告統合可能
  • メインメニューにFont Awesomeアイコンを追加して、特定のメニュー項目を引き立てすることができます。
  • 固定ヘッダのオプションを使用して下にスクロールすると、メニューは固定可能
  • HD /レチナ互換
  • 反応型
  • シングルページまたは複数のページのサイト

そして23のショートコードと11のカスタムHTMLスニペット、18つのカスタムウィジェット、6つのカスタムプラグインがバンドルされています。 他にもさまざまな機能が提供されます。

このテーマは、右コマースとの互換性と表示されているが右コマース(WooCommerce)でお支払いが可能かどうかについては言及がありません。 確認してみるWooCommerceプラグインを使用してイベントのチケットを生成することができそうですね。 生成されたチケットは、お店のページに表示されるか、ショートコードを使用して、イベントのページに挿入が可能です。

デモと詳細については、 Venue Xテーマページを参照してください。

Event Champ - Multiple Events&Conference WordPress Theme(複数のイベント&カンファレンスワードプレスのテーマ)

ワードプレスイベントのテーマ

詳細

Event Champは、ビジュアルコンポーザーベースのイベント・カンファレンス用のワードプレスのテーマです。

テーマを簡単にユーザーの好みに合わせて変えることができる、使いやすいテーマオプションが提供され、特に呉コマースを介してオンラインでチケットを販売することができます。 複数または単一のチケット機能を使用することができそうです。

ちなみにUser Role Editorを使用して、ユーザーグループを指定して、イベントを提出できるようにすることができます(参考)。 しかし、フロントエンドでは、提出することがなく、バックエンド(管理者パネル)のみ可能と思われる。 この部分は、確認が必要であり、もし、管理者パネルではなく、フロントエンドでの提出が可能にするには開発が必要な部分があります。

イベントのテーマとしては、かなり多くのデモを提供していますね。

ワードプレスイベントのテーマ

デモと詳細については、 Event Champテーマページを参考にしてみてください。

注:


コメントを残す