WordPress Avada テーマで複数の代表画像(​​特性画像)を指定する

1

通常 WordPressでは、個々の文とページに対して一つの代表画像(​​特性画像)だけを指定することができます。 しかし Avada(Avada)テーマで最大5個までの代表画像を指定することができます。

Avada 特性の画像を指定

参考までに、最近 WordPress バージョンでFeatured Imageのハングル翻訳が "属性のイメージ」から「代表画像」に変更されました。 しかし、すでに広く使用される用語を変更することにより、混乱を引き起こしては、上記の図のようにいくつかの部分では、 "属性のイメージ」がそのまま使用されて一貫性(Consistency)に問題が発生することがありますので、特に問題はない用語であれば、そのまま維持するが望ましいと思われる。 用語の変更により、既存のに作成された文/本を見る読者は混乱するしかありません。

Avada テーマで代表画像(​​特性画像)を複数指定すると、画像のスライダーで、個々の記事の上部に表示されます。

Avada テーマ画像スライダー

もし、個々の文の上に特性の画像やイメージスライダーが表示されない場合には、 WordPress 伝言板> Avada > Theme Options> Blog> Blog Single Postから Featured Image / Video on Single Blog Post 옵션을 Onに設定するようにします。 特性の画像を表示しない場合は Offに設定します。

Avada テーマオプション

Avada テーマオプションで詳細なオプションを指定することができます。 Avadaは、多くのテーマのオプションが提供されるため、コーディングの知識がない初心者でも比較的簡単に使用できますが、いくつかのテーマのオプションが提供されるのかについては、時間をかけて確認してみる必要がないことです。

Enfold, ジュピター など、他のテーマをチェックしてみると代表画像(​​特性画像)を複数設定するオプションはないですね。 私が見たテーマの中では Avadaのみ、この機能を提供していますね。

メモ:

1のコメント

  1. WordPress 4.9.8では「代表画像」が再び "属性のイメージ」に変わりました。 翻訳に一貫性がない惜しいですね。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください