WordPress スパム会員一括削除方法 - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress スパム会員一括削除方法

Last Updated:2022年4月21日| 1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress サイトで会員登録機能を有効にすると、スパム会員が会員として参加できるようになります。 このようなスパム会員を放置し、不良会員が数千人に達するサイトもしばしば目撃することになります。 スパムユーザーを一括削​​除する必要がある場合は、Bulk Deleteなど WordPress プラグインを使用すると便利です。

WordPress スパム会員を防ぐ

WordPress サイトでスパムユーザーが会員登録しないようにするには、Captchaプラグインの使用を検討してください。 会員制サイトでない場合は、会員登録機能が不要なため、無効にすることができます。

会員登録機能を取り除くには WordPress 管理者ページ>設定>一般から メンバーシップ フィールドの「誰でも参加することができます「チェックボックスをオフにしてください。

メンバーシッププラグインを使用して会員登録ページを作成した場合は、会員制プラグインでキャプチャ機能を提供したり、アドオンプラグインとしてキャプチャ機能を追加したりできます。 その後、ユーザーが参加するときにセキュリティ文字を入力する必要があります。

たとえば、メンバーシッププラグイン WP-Membersプラグインでは、独自にreCaptchaを設定するためのオプションが提供されています。 Google reCAPTCHA v2、reCAPTCHA v3、Really Simple CAPTCHA、hCaptchaから選択できます。

WordPress 迷惑メールを防ぐ - キャプチャ

Ultimate Memberプラグインを使用する場合 Ultimate Member – reCAPTCHAというアドオンプラグインをインストールできます。 このアドオンプラグインは、会員登録ページとログインページからGoogle reCAPTCHAでボットをブロックします。 このプラグインは現在20,000を超えるサイトにインストールされ使用されています。

WordPress スパム会員一括削除方法(全ユーザー一括削除)

WordPress バッチジョブ機能を使用して一括スパムメンバーを削除する

WordPressの一括機能を使用して、999画面に最大XNUMX項目まで削除が可能です。

WordPress スパム会員一括削除

伝言板>ユーザー>すべてのユーザー ページから...

  1. ユーザー名 横のチェックボックスをクリックして、そのページにリストされているすべてのユーザーを選択します。
  2. バッチジョブ ドロップダウンから「削除」を選択します。
  3. 適用 ボタンをクリックします。

XNUMXページに表示されるユーザーアイテムの数は、右上の「画面オプション」をクリックして ページごとの項目数 オプションで指定できます。 最大 999 まで設定できますが、数値を高く設定するとページが非常に遅く読み込まれ、作業が困難になることがあります。

これは元に戻せないので、できるだけDBを バックアップした後に進むことをお勧めします。 偽のメンバー以外の実際のユーザーを削除した場合は、回復できません。

Bulk Deleteプラグインを使用してすべてのメンバーを一括削​​除する

スパム会員数が多すぎて上記 WordPress バッチジョブを使用して削除するのに時間がかかる場合は、プラグインを使用してすばやく削除できます。 一括削除という無料のプラグインを使用できます。 このプラグインは現在50,000を超えるサイトにインストールされていますが、作業後はプラグインを無効にしてから削除してください。

参考までにスパムコメントをブロックする Akismetプラグインを使用してスパムメンバーをブロックすることはできません。

同様に、プラグインを使用してユーザーを削除すると、操作を元に戻すことができないため、データベース(DB)をバックアップした後に進むのが安全です。

Bulk Deleteを 伝言板>プラグイン>新規追加で検索してインストールし、起動した場合 お知らせ > Bulk WP > Bulk Delete Usersからユーザーを一括削​​除できます。

Bulk Deleteプラグインを使用してすべてのメンバーを一括削​​除する

By User Role (ユーザー役割別) セクションの Select the user roles from which you want to delete users (ユーザーを削除するユーザーロールを選択) フィールドから削除するユーザーのメンバーシップを選択します。 通常は Subscriber(購読者)を選択します。

削除したユーザーは回復できないため、注意して使用してください(「Warning:Users deleted once cannot be retrieved back. Use with caution」)という警告が表示されます。 DBをバックアップしていない場合は、削除する前にもう一度バックアップを検討してください。

登録されたユーザーリストを抽出する

実際のメンバーと偽のメンバーが混在している場合は、すべてのユーザーを削除する前に実際のメンバーを確認する作業を先行する必要があります。 次の記事を参照して会員データを抽出できます。

無料WP All ExportプラグインとExport WordPress Users to CSV/XML アドオン ("User Export アドオン") プラグインを使用してメンバーリストを抽出できます。

WP-MembersやUMを使用して追加の会員情報(電話番号など)を受け取っていて、そのような情報まで抽出したい場合は、有料版を使用する必要がありますが、費用がかなり高価です。 そのような場合は、phpMyAdminでMySQLクエリを実行して目的のデータを抽出してExcel形式にすることを検討できます。 これらのタスクはDBに関連しているので、少し難しいかもしれません。 目的のデータを抽出するのが難しい場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

最後に、

以上でスパム会員を一括削除する方法を見てきました。 スパム会員を一括削除した場合は、スパムユーザーが会員登録を行わないように措置を講じるか、会員登録機能を無効にすることを検討してください。

多くの偽のメンバーをクリーンアップした後(DBをバックアップした後) データベースの最適化プラグインを使用してDBを最適化すると、管理者ページの読み込み速度とサイトの読み込み速度が向上します。

参照



1のコメント

コメント

  1. 昨日、2600人以上の不良メンバーを削除する作業を担当しました。

    1.会員リスト抽出(WP-Membersデータを含む)
    2. 顧客にリストを送って実際の会員を表示
    3. 実際の会員を除くすべての不良会員の削除...

    WP-Membersの会員登録フォームに「ハングル名」フィールドがあり、スパムユーザーはこのフィールドに英語名を入力しました。 クラフトがハングル名を入力した会員を除く残りのすべての会員は偽の会員であることを確認し、ハングル名欄にハングルが入力されていないすべての会員を分離して削除しました。

    データ抽出から実際のメンバーを偽のメンバーから切り離して削除する作業が思ったよりも難しかったけど面白い作業でした。

    応答