WordPress サイトの翻訳プラグインWeglotの特徴 - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress サイトの翻訳プラグインWeglotの特徴

Last Updated:2021年10月22日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressでは、マルチサイトを利用したり、WPMLのようなプラグインを使用して、英語、日本語、中国語などの多言語サイトに変換することができます。

WPML最近更新され、自動翻訳機能が追加されましたが、基本的に人間が翻訳されます。 翻訳の品質とSEOのために人間がすべてのコンテンツを翻訳することが望ましいだろうが、問題はコストである。 コスト削減のために、自動翻訳機能を使用して翻訳した後にエラーがその言語の専門家が修正することを考慮してみることができます。

WPMLはバージョン4.5に更新され「Translate Everything」機能を導入しながら、自動翻訳機能を強化しました。

WordPress サイトの翻訳プラグインWeglotの特徴

WPMLとは別の方法で WordPress サイトを多言語サイトにしてくれるプラグインとしてWeglotがあります。 このプラグインは、自動翻訳と手動翻訳(人間翻訳)を一緒に利用することができる方法です。 WPMLを利用して翻訳する翻訳されたコンテンツがDBに格納されWeglotを利用する場合翻訳されたコンテンツがWelgotサーバーに保存されます。

そしてWPMLは言語ごとに設定する必要がありますが、Welgotは別の設定が必要とせず自動翻訳のように世話を翻訳されたバージョンを作成します。 自動翻訳と異なる点は、Googleの翻訳プラグインを使用する場合、翻訳されたコンテンツについて固有のアドレス(Permalink)を生成していないので、SEOには役割をしていないがWeglotはWPMLと同様に翻訳されたコンテンツに対して固有のアドレスを生成するので、検索エンジンに翻訳されたコンテンツが検索されます。

多言語翻訳サービスWeglot
Welgot料金プラン

Weglotサービスを利用すれば、特別な設定なしにすぐに多言語サイトを作成することができるという利点があるが、プランを見るプランに基づいて自動翻訳可能な単語の数が決まっています。 小規模なサイトの場合、費用負担が少ない一方であるが、サイトの規模が大きくなれば、コストがかなりの負担になります。 例えば、私のブログの場合は、文の数を考慮すると、Enterprise料金制を選択する必要があります。 その後、一つの言語を翻訳するのに適しており、月に199ユーロの比較的高い料金を負担します。

同様のサービスでGTranslateがあります。 私GTranslateサービスを利用して、日本語のサイトを追加しました。 もちろん、自動翻訳機能を使用して翻訳された。 手動で個々の文を変更することができますが、日本語を全く知らなくて、自動翻訳された状態で維持しています。 英語などの他のバージョンも追加してみたが、自動翻訳の限界のため、翻訳品質が期待以下でした。

次はWeglotで明らかにしたWeglotサービスの特徴です。

  • 迅速かつ簡単な設定:各翻訳ページを手動で作成する必要がありません。
  • 維持管理費なし:ストレスを受けずに、プラグインを更新することができている。
  • Weglotですべてのコンテンツ(目に見えるテキスト、メタデータ、映像など...)を検出して、簡単に翻訳可能。
  • テーマとプラグインと100%互換性のあるされた。
  • ウェブサイトのデザインを壊さずに維持
  • 自動翻訳の層を提供するため、最初から開始する必要がありません
  • 翻訳は、独自のインターフェースで処理される。 バックエンドの速度を遅くしていない。
  • 翻訳データは、DBに格納され、バックアップが提供されていない。

Weglotで翻訳したコンテンツは、Weglotサーバーに保存され、別のバックアップ機能が提供されません。 したがって、サービスの利用を中止すると、翻訳されたコンテンツは、消えます。 サービスの利用を停止する前に翻訳文をバックアップしたい場合は、手動でコピーして貼り付けする必要があります。

そしてWeglotは WordPress サイトだけでなく、他のCMSプラットフォームにも対応するように、最近更新されました。 見てみるとShopify、 ウィックス、Drupalなどでも利用可能で、Javascriptスニペットを追加する方法でもサイトを多言語サイトに変換することができるようです。

結論

Weglotを使用すると、WPMLより便利にサイトを多言語に変換することができます。 自動翻訳機能を提供しており、自動翻訳された翻訳文を修正して翻訳の品質を向上させることができます。 WPMLのように翻訳されたコンテンツに対して固有のアドレスが生成されるためSEOに有利です。

Weglotの動作は、GTranslateと似ています。 GTranslateサービスを利用したこのブログの 日本サイトを参照してみることができます。 (自動翻訳されたので翻訳の品質は期待以下であることです。)

Weglotサービスを利用する場合、特別な設定なしに多言語サイトを作成することができますが、自動翻訳の翻訳品質、安価しない料金プラン、翻訳されたコンテンツのバックアップ不可など、いくつかの考慮事項があります。 WordPress用無料 Weglotプラグインをインストールして動作などをテストすることができます。 無料版では1つの言語について2000単語まで自動翻訳が可能です。

メモ:



2のコメント

コメント

  1. こんにちはティーストーリー、ウェブページに関する韓国語の文章で干ばつに鍛造のように多くの助けを受けています。

    相違ではなく、現在書かれているウェブページ関連の疑問が生じてこうコメントするようになりました。 他の文章を見た結果、現在日本語ページはサブドメインで、英語ページはサブフォルダとして運営しているようですが、もし理由があるのでしょうか?

    実際、サブフォルダで英語版サイトを作りたかったのですが、FTPアクセスの問題で失敗してサブドメインの方を悩んでいるところで、ついに両方の方法を使っていらっしゃるのか気になりました。

    ありがとう!

    応答
    • こんにちは、yjさん。 このブログの英語版はサブフォルダにあります WordPressを別々に設置して作ったものです。 一方、日本語版はGTranslateという自動翻訳ソリューションを利用したものです。 GTranslateに自動翻訳するときにサイトの速度に影響を与えないように、DNSレコードを追加する方法で日本語版を追加しました。 GTranslateを利用した自動翻訳のクオリティは期待以下ですが、韓国語->日本語への翻訳品質は他の言語に比べてそれほど良くないかという期待で日本語版だけ追加した状態です。 日本語版を通じても訪問者流入が行われており、しばらくはないが AdSense 収益が発生しています。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EC%9E%90%EB%8F%99-%EB%B2%88%EC%97%AD%EB%90%9C-%EC%9D%BC%EB%B3%B8%EC%96%B4-%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8-%EC%95%A0%EB%93%9C%EC%84%BC%EC%8A%A4-%EC%88%98%EC%9D%B5-gtranslate/

      応答