ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress サイトワット Naver 「ブログ」セクションを検索露出

Last Updated:2020年11月14日| 17のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress와 Naver 「ブログ」セクションを検索露出

WordPress サイトが Naverで「ブログ」セクションに検索ができないドゥェンゴ「ウェブ文書」に提出されている場合があります。 だから、どのようにすれば Naver ブログセクションに検索することができるかどうか」についての質問が WordPress 関連のカフェに着実に上がってきています。

これに関連し Naver ウェブマスターツールに登録して Naver webmaster syndication v2プラグインをインストールして連動させてくれれば助けになるという記事がたくさんあります。

私は初期の Naver シンジケーション連動プラグインをインストールしたが、削除した Naver ウェブマスターツールのみ登録させておいた状態です。 それにもかかわらず、このブログの記事は、現在の Naver 「ブログ」セクションによく検索されています。 次の図のように、ハングルのURLが文字化けしますが、 Naver ブログにさらされています。

Naver ブログセクション検索露出

しかし、2015年末このブログは Naver 流入が0になって Naverでほとんど検出されていませんでした( "Naver 流入が0になりました")。後に少しずつ検索され始めたが、主に「Webドキュメント「セクションのみ公開された。 そうするうちに、最近の「ブログ「セクションにさらされています。

「ブログ」セクションにさらされ始めながら Naverでの流入が増加傾向にあります。 2月中旬に Naverで流入される割合が16%程度(参照)だったが、今では20%を超えています。

事実、以前と変わった点は、ほぼないのに、ブログ「セクションへの露出がよくなる正確な理由がわかりません。 SEOに関連して、現在 Yoast SEOプラグインが使用されています(以前はAll in One SEOを使用している途中Yoast SEOに最近変更しました)。 そして korbuddyさんのアドバイスに基づいて Naver ウェブマスターツールでRSS URLのみ提出してサイトマップを削除した状態です。 このような事項が Naver 検索結果に影響を与えるかわかりません。

そして Naver 共有ボタンをストラップ着実 Naver ブログに記事をパー運んだことも肯定的な影響を及ぼさなかったのかという気がします(ただ推定に過ぎません)。

良いブログ記事が Naverに全く検出されていない場合をしばしば目撃します。 このような点は、 Naverで是正するように、検索エンジンの機能を向上させて欲しいです。

※2018年5月10日追加: 昨年末に Naver ポリシーの変更後、このブログは、もはや Naver ブログの領域に検出されず、ウェブサイトのセクションに検索されています。 そのため、 Naver 流入が占める割合が3%以下に落ちた状態です。

WordPress サイトを Naver ブログの領域に露出させる方法のいずれかblog.example.com同じ形式のサブドメインを利用みることができます。 次の記事を参照してください。



17のコメント

コメント

  1. こんにちは?

    このコメントを知ることができない理由でスパムとして処理されましたね。 先ほど発見して復元しました。(笑)

    寀ーの場合 Naver 流入は、Googleよりも多いです。 しかし、時間が経つにつれて、低品質に分類され Naver 流入が急減することができます。 実際、最近 Naver 検索ロジックを変更で Naverへの露出が減った方がいます。

    グーグル流入は WordPressより確実に弱い面があるが、スキンを適切に変更して、無駄な要素を削除して、文を着実に発行し、Googleで大丈夫に流入されるようです。

    Naverをターゲットにすることはすぐにはよく露出されることがあっても、時間の経過とともに、検索に欠落している場合が一度や二度です。 だから Naverにも依存しないことが望ましいであろうします。

    NaverとGoogleを同時に対象になら寀ーもいい選択で見えますが、 Naver 流入割合が高いため、危険性は常にあるようです。

    回答する
  2. こんにちは〜! 良い文章ありがとうございます。

    まあ、最終的には WordPress와 Naverとの関係は解決できない状況であるんですね。 上記なお、いただいた写真の検索、水が、現在では、ブログではなく、Webページの検索がされていて、 Naver ブログへのリンク共有をしていることで見て、おそらく現在は Naver ブログタブへの露出がだめな状況であるようだバンプ、現在でもブログのタブにも共有されていますか?

    回答する
    • こんにちは?

      コメントを残していただきありがとうございます。

      このブログは、 Naver ブログに検索がうまくされた後、昨年 Naver ポリシーが変わり、ウェブサイトのセクションに検索がされています。 そのため、 Naver 流入が3%以下に落ちた状態です。

      ここでは、次の文を参照してみてください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%84%A4%EC%9D%B4%EB%B2%84%EC%99%80-%EA%B5%AC%EA%B8%80-%EB%B0%A9%EB%AC%B8%EC%9E%90-%EC%88%98-%EB%B9%84%EA%B5%90-%EB%B0%8F-%EB%B6%84%EC%84%9D/

      しかし、 WordPress サイトといって Naver ブログセクションにさらさないわけではないようです。
      https://uploads.disquscdn.com/images/250fde12da9e98c88ec5e640cea2c4c211a4dbcd74e3297bfe0d2fca1a94a6e8.jpg

      スクリーンショットを見ると、 avada.co.krブログに3月27日に掲載さ記事(最後の文)が Naver ブログセクションに検索がされています。 (しかし、今記事を上げたときにも、ブログのセクションに検索になるかはわかりません。同じブログ記事でもいくつかの記事は、ウェブサイトのセクションに検索がされていくつかの記事をブログのセクションで検索することができます。)

      Naver ポリシーがどのように変更された知ることができれば要件に合わせて文を書けば正しく検出されるようだが、そのような情報がないため、容易ではない状況です。 同じドメインの記事でもいくつかの文章をブログセクションに検索がされていくつかの記事は、ウェブサイトのセクションに検索がされ、そしてよくされた後なられたり...

      私 Naverは、神経を切って代わり必ず必要な文は Naver ブログに共有することを最終決定しました。 Naver ブログにサブドメイン( http://naver.thewordcracker.com/ )を接続した状態です。 一日平均100人の訪問者もならないが、ないよりはましだかと考えています。

      回答する
      • ここにいる文と同じ内容で Naver ブログにまたオルリシヌンか? そうなると、重複の問題はないか知りたいです。

      • もし現在のサイトの記事が Naverに適切に検索ができない場合 Naver ブログに同じコンテンツを上げれば Naver 内で Naver ブログ記事が検索されます。

        実際にこの方法が以前に多く使用されている。 WordPressに文を書けば Naver ブログに自動的に文が上るようにするプラグインもあります。

        https://wordpress.org/plugins/naversync/

        今は、更新がないされて使用されていません。

        Naver ブログ記事は、Googleにほとんど検索ができません。 たまに人気 Naver ブログ記事は、Googleに検索されることもしますが、 Naver ブログ記事のソースを見てみるとnoindexメタタグが追加されていて、Googleでインデックスしていません。

        https://uploads.disquscdn.com/images/d67dda9b37bd2536a3b332ee8f36c98806d75717e79ff91cc3013f1124f52a81.jpg

        したがって、Googleは、重複による問題はないでしょう。 このような点が気になら文を発行して、一日程度経ったが Naver ブログにコピーして、公開してもされています。

    • Naver ブログの領域に検索されるようにする方法を多様にテストしてみました。 その中の効果のある方法でblog.example.com形式のサブドメインを使用すると、 Naver ブログの領域の露出に役立つことができます。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%84%A4%EC%9D%B4%EB%B2%84-%EB%B8%94%EB%A1%9C%EA%B7%B8-%EC%98%81%EC%97%AD%EC%97%90-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8%EB%A5%BC-%EA%B2%80%EC%83%89/

      回答する
  3. こんにちは WordPressに関する情報も見ています。
    知りたいことがありますが、私は、ポートフォリオを中心に作ってプロジェクトを主に使用するのに。
    プロジェクトは、もしかしたら、検索の露出がべきでないだろうか。
    ブログだけを検索露出となるのですか..? ページやプロジェクトはどのよね?

    回答する
    • こんにちは?

      Naverブログセクションに検索するかどうかは、 Naverで決定するため、どのようになるか分かりません。

      このブログの場合は、同じポストタイプでもいくつかの記事は、ブログのセクションでは、いくつかの文は、Webサイトのセクションに検索ができます。

      RSSを提出する際、プロジェクトのRSS URLを提出して見ればどうでしょうか

      回答する
  4. 前言ったように、私は寀ーブログをする時は Naver ブログ検索への露出がドゥェドンデ WordPress 以降、突然、Web文書に露出がなりますね。
    ところが、私の投稿の中で、検出率が高いこと、またブログの露出がされて。
    真アリソンね。

    回答する
    • 事実、Web文書やブログを分類する基準が曖昧するようです。
      分類する基準自体が曖昧であるみるとそのような現象が表示されないかと思いますね。

      回答する
  5. 私は最近まで検索に弱点がある Naverが、Googleに追い越される日は遠くないと思いました。 ところが最近 Naverの大々的な改編以降考えが少し変わったね。

    현재 Naverのメイン画面の中央部分は、 Naverと連携したコンテンツ提供者の高クオリティなコンテンツへ攻めになっています...前その位置に普通の一般的なブロガーや Naverポスト、寀ーもたまに露出をしてくれたのにね。

    パートナーとしても Naverにコンテンツを提供する場合、その分の利点があり、 Naverも高クオリティのコンテンツを受給することができますので、お互いにウィンウィンすることができる戦略でしょう。

    私も、通常のウェブの生態系のために Naverが早く降りなければならないと考えてますよ。 Naver 検索の弱点をコンテンツでカバーしようとする姿を見ながら Naverがすごいそういえばすごいと思います。

    回答する
    • Naver検索エンジンに認識されているが、実質的に、検索エンジンというよりも、コンテンツを提供するポータルサイト程度の性格を帯びているようだ。

      私は主にニュースやカフェを訪問するために Naverを訪問してい検索せずにいます。 (ニュースも Naverが加工(操作?)して提供するもので次のように変えるか考え中です。笑)

      周囲の方々は、グルメを探したり、位置を検索するときに(地図)主 Naverを使用してね。

      回答する
  6. 私のブログは、 Naverに検索が未サポートしばらくました。 何かブルレクリストにかかったような気もします。

    Naverが公正にクエリを公開するまで待つよりも Naverが気になるまで待つのがより容易であるとする言葉があるほど Naverイントラネットレベルの検索アルゴリズムは、変化がないでしょう。 少なくとも、Googleに1位を奪わたりすることがあれば、またわからない...

    しかし、半島の人々は Naverをあまりにも好きなので、これも不可能なことです。

    回答する
    • 検索自体には、Googleが Naverを高く評価されています。
      ただし、 Naverの場合、人々が検索ではなく、ニュースを見るとか、メールチェック、あるいはカフェ活動などを検索外活動のために多く訪れるようです。

      Googleの場合は、検索がうまくされた後、検索ができないと、Googleのに求めることができます。 実際に一度そのことがあり、Googleにお問い合わせをするから引用された文章が重複して捕らえられ、検索がうまくいかないと親切を知らせるね。 だから重複する部分を修正して、数ヶ月待ちだから再び検索がされたことがあります。

      Naverの場合は、検索でブロックされた理由を求めることができるチャンネルがあるか分かりません。

      回答する
      • 以前に Naver顧客センターを運営したが、今はまったくなくしました。 さらにコールセンターさえも取り除くしまいました

        文字通り不通のアイコンです。

        次は、顧客センターにメールを送信するマクロ回答もくる Naverはそんなさえないね。 人材の削減には、度ボタンか...

      • Naverでビバンソンコメントなどの問題がされているコメントを正しく削除措置していなくて、ビジネスに深刻な打撃を着る企業などが Naver お客様センターを訪ねて行って強力に抗議することが人気から、​​今 Naver お客様センターの責任者が深刻なストレスを受ける話を聞いたことがあります。 お客様センターも目立たないように位置あったと聞いたが、今ではまったくなくしてしまいますね。