WordPress サイドバーのログインフォームウィジェットを追加する方法

0

Naverのようにサイドバーのログインフォームを追加すると、ユーザーがすぐにユーザー名とパスワードを入力してログインすることができます。 WordPressで簡単にプラグインを使用して、サイドバーにログインウィジェットを追加することができます。

無料のプラグインでは、 Login Widget With Shortcodeがあります。 サイドバーログインというプラグインがありますが2年以上の更新がないて事実上捨てましたね。

有料プラグインでは、 WP Frontend Authがあります。 このプラグインは、ログインフォーム、会員登録フォーム、プロフィールの編集、ソーシャルログインなど、さまざまな機能を提供しています。 私はこのプラグイン(以前の名称はFront-End Membership Modules)を 3年前に購入してしばらく使ってから、今では使用せずにいます。

WordPress サイドバーのログインウィジェットプラグイン簡単にログインフォームだけサイドバーに配置したい場合Login Widget With Shortcodeをインストールして利用することができます。 このプラグインをインストールした後有効にすると WordPress 伝言板の左側のパネルに Login Widget Settingsというメニューが追加されます。

WordPress サイドバーのウィジェットログイン

General(一般) タブでは、ログインまたはログアウトした後に移動するページを設定することができます。 ログイン情報を記憶するようにするには、 Add Remember Me(私の情報を記憶する)をチェックするようにします。

下部には、1ドル Facebook コメントアドオンを購入することができるというメッセージが表示されていますね。 基本 WordPress コメントモジュールを Facebook コメントモジュールで置換する Facebook コメントアドオンを利用することができます。

ちなみにこのブログでは、現在のディスカスコメントシステムを利用しています。 Disqusは欠点もあるが、ディスカス、ユーザーは簡単にコメントを残すことができ、ディスカスからも、ユーザーがサイトに流入されるので、SEO的な面でも有利です。

WordPress サイドバーのログインウィジェットプラグイン

Security(セキュリティ) タブでは、管理者のログインまたはユーザーログインフォームにセキュリティ文字(Captcha)を表示するかどうかを設定することができます。 Captchaを有効にすると、ボットによるログイン試行をある程度防ぐことができるようになります。

WordPress サイドバーのログインウィジェットプラグイン

Error Message(エラーメッセージ) タブでは、ユーザー名、電子メール、またはパスワードが間違って記入したときに表示されるエラーメッセージを指定することができます。 おくと、英語でエラーメッセージが表示されます。

WordPress サイドバーのログインウィジェットプラグイン

Shortcode(ショートコード) タブでは、ショートコードについて説明しています。 このショートコードをコピーして、テキストウィジェットに追加します。

WordPress サイドバーのログインウィジェットプラグイン

希望ウィジェット領域(例えば、サイドバー)にテキストウィジェットを配置して、ショートコードを貼り付けた場合、サイドバーのログインフォームが表示されます。

WordPress サイドバーのログインウィジェットプラグイン

上の図は、 Avada テーマのサイドバーログインフォームウィジェットを配置したことを示しています。 使用するテーマに沿ってログインフォームのスタイルが少しずつ違うようです。 必要に応じて Styling(スタイル指定) タブでスタイルを指定するか、CSSを使っスタイルを調整することができます。

WordPress サイドバーのログインウィジェットプラグイン

Login Widget With Shortcodeプラグインは無料ですが、まともな機能を提供することです。 サイドバー好きなところにログインフォームを配置したい場合に利用することができます。

メモ:

*いくつかの文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。この投稿はGTranslateを使用して翻訳されています。

関連記事