WordPress 目次(TOC)のプラグイン

4

目次(TOC)をブログ記事に表示すると、読者が記事の構造を簡単に把握してナビゲートすることができ、ユーザーの利便性を向上させることができます。

長い文はTOCを使用すると、SEOに役立つことができます。 実際 Does a "Table of Contents" Increase Rankings in Google? 文を見ると、目次を使用した後、Googleでのランキングが上昇したという結果もあります。

WordPressで、目次のプラグインを使用して、簡単に目次を作成することができます。 この記事では、 WordPressで使用できるいくつかの目次プラグインを簡単に紹介します。

詳細目次

WordPress 目次プラグイン

このブログでは、初期に 詳細目次という無料 WordPress用目次プラグインを使用している途中、今は無効にしています。 このプラグインは、更新がないされてから3年が過ぎたが、現在30万個以上のサイトで有効になって使用されています。 アップデートがないされてから古いが、今もうまく動作するようです。

長いページとカスタムポストタイプに対して自動的に目次を生成する、強力で使いやすいプラグインです。 単純な目次プラグインを越えて、このプラグインは、サイト全体のページとカテゴリーを表示するサイトマップを出力することもできます。

Wikipediaを念頭に置いて製作され、基本的にページの最初のヘッダー(小見出し)の前に目次が表示されます。

このプラグインは、ショートコードを挿入する必要がなく、自動的に目次を生成するが、ショートコードを使用して、目的の場所目次を配置することも可能です。

Fixed TOC

WordPress 目次プラグイン

Fixed TOCは、強力な WordPress用目次プラグインです。 このプラグインは、ポストから自動的にヘッダー(heading)を検索して目次を作成します。 目次ページに固定され、マウスでスクロールすると、このように下がる形で表示されます。 ユーザーは、より早く目的の内容を見つけることができます。

このプラグインの機能:

  • ポストコンテンツから自動的に目次を作成
  • 文、ページ、およびその他の公開文タイプをサポート
  • 反応型。 すべてのデバイスのサイズに合わせて表示
  • 記事コンテンツの上部に表示さ
  • ページに固定
  • サイドバーに作り付けに表示されるようウィジェットの追加サポート
  • 対象ヘッダーにスムーズにスクロール
  • 現在見ている小見出し(ヘッダー)を動的に表示
  • 折りたたみ/開くサブリストを有効に
  • 位置、サイズ、フォント、色などを自由にカスタマイズ
  • ポストで目次を表示するようにしたい場所に配置されているショートコード機能をサポート
  • 「nextpage「クイックタグが付いているポストサポート
  • カスタマイズするライブプレビューをサポート
  • 目次に表示するヘッダー(ヘディング)決定
  • 対象のヘッダーにスクロールしたときに、短いヒントの表示
  • 好きなスタイルを自由に作成
  • 各ページについて個別のオプション設定
  • さまざまなアニメーション効果を選択可能
  • 翻訳可能
  • Visual Composer, Elementor(無料ページビルダー)、Thrive Architect、 ディビ などの人気ページビルダープラグインのサポート

有料プラグインなので機能的な面で大丈夫に見えます。 プラグインのページで詳細情報やデモを見ることができます。

簡単な目次

WordPress 無料TOCのプラグインTable of Contents Plusが長い間更新しないされ、使用が消極的ジンダミョン 簡単な目次を使用してみることができます。 ポスト、ページ、カスタムポストタイプのTOCを追加することができます。

このプラグインは、自動的に目次を作成し、ページ、文に対して選択的に活性化することができるなど、さまざまな機能を提供しています。 カスタムポストタイプはthe_content()テンプレートタグを使用して、コンテンツが出力される場合にサポートされます。

CM Table Of Contents

WordPress 無料TOCのプラグイン

目次を作成すると、ユーザーが簡単に WordPress サイトを閲覧することができます。 この WordPress プラグインを使用して WordPressのページやポストに目次を作成することができます。 CM Table Of Contentsは完全にカスタマイズ可能なマルチレベルTOCをサポートします。

次の動画では、このプラグインの機能と動作を確認してみることができます。

このプラグインの無料版では、次のような機能を提供しています。

  • タグでTOC定義
  • TOCラベルの変更

しかしタグ、クラス、IDでTOCを定義し、ページアップロード時にTOCをたたんで、すべてのサイトのページに自動的にTOCを生成するなどの機能を利用するには、PROバージョンをご利用ください。

おわりに

Yoast SEOプラグインを使用すると、文を作成するときにSEOに有利になるように動作するためのヒントを得ることができます。 そのいずれかのヘッダー(heading:h1、h2、h3 ...)タグを利用して、文を読みやすいように作成すると、SEOに役立ちます。

WordPressでTOCのプラグインは、これらの見出しのタグを利用して、目次を自動的に生成する機能をします。 長い文章が多い場合は、目次を作成することを考慮してみることができます。

参考に手動で目次を作成することもできます。 このブログの WordPress ブログ開始という文は、長すぎて、目次を入れないと、ユーザーが文を読むのが容易ではないようで、手動で目次を追加しました。

手動で目次を追加する方法は、「Simple Table of Contents(ToC)Using Pure HTML and CSS Code"で確認することができます。プラグインを使用せずに、いくつかの文に目次を追加したいときに便利に利用することができます。

4のコメント

  1. 私LuckyWP Table of Contentsというプラグインを使用しています。 ところが、目次にリストであることを示す表示」 - 」が付きます。 設定をいくら見ても、元の適用された様子を見てもそうではない何故なのか分かりません。

    • 以前に使っていたTable of Contents Plusプラグインを書き換えにしました。 前使っていたテーマとはよく一致していないのに、今回のHuemanテーマとはよく合っうまく動作なりますね。

      • Table of Contents Plusプラグインが3年以上の更新がならなかったが30万個以上のサイトで使用されていますね。
        Supportページを見ると、エラーが発生するという文が結構見えますね。
        WordPressで人気のプラグイン開発者に補償をしてくれて継続的に更新することができるようにするとよいような気がしますね。
        まともなプラグインが更新しないされ消える場合があります。
        残念な現実です。

        目次プラグインの中では https://wordpress.org/plugins/easy-table-of-contents/ プラグインがユーザーも多く、最近更新がなりましたね。 試しにテストしてみても良さそうです。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください