ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress マルチサイトのドメインマッピング方法

Last Updated:2020年11月14日| 5のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

国内のWebホスティングでは、多くの場合、XNUMXつのDBだけを提供します。 この場合、複数のサイトで構成すると、複数のサイトを運営することができます。 あるいは "一つのデータベース(DB)に複数の WordPress インストールする"文で説明された方法に基づいてPrefixを異にして、複数の WordPressを設置することも一つの方法です。


2017年9月14日アップデート: 下記の方法は、最新の WordPressで正常に動作しません。 最新 WordPress バージョンでは、比較的容易にドメインマッピングが可能です。 次の記事を参考にしてください。

2017年1月追加:

最近、多言語翻訳プラグイン WPMLを使用して多言語で構成し、個々のサイトにドメインを接続する方法を進行したことがあります。 おそらく、マルチサイトも同様の方法に従わないかと思いますね。 総合すると、 WordPress 内でなければならない作業があり、サーバー側で必要な作業があります。 WPMLの場合、ドメインパーキングやAddonドメインを構成した後、サーバーは、ドメイン名を認識するように設定ヘジュオヤます。

Apacheサーバーの設定の場合は、次のように設定します:

DocumentRoot "/var/www/www.example.com/webroot"
ServerName example.com
ServerAlias example.de
...

Nginxサーバの場合:

server {
server_name example.com example.de;
...

いくつかのパスを選択しても aliasの設定がすべて WordPressがインストールされている同じ物理フォルダを指すようにする必要があります.

このような部分は、サーバー管理者であれば、よく知らないだろうかと思われます。 私は、Webホスティング会社に連絡して、構成を要請する方です。 ちなみに、共有ホスティングを利用する場合VPS以上に変更する必要が可能であるという回答を得ることができます。

メモ: WPMLの言語ごとにサブドメインを指定する


WordPress マルチサイトでのサブディレクトリ(例:www.example.com/en/)もしくはサブドメイン(例:en.example.com/)の形でサイトを追加するのが普通です。 サイトを追加した後、別のドメインをサブサイトにマッピングする場合があります。 この場合、 WordPress MU Domain Mappingというプラグインを使用します。 このプラグインは、更新されてから2年が過ぎたが、問題なく動作しています。

WordPress MU Domain Mappingを使用して、ドメインマッピングする

WordPress 管理者ページで プラグイン>プラグインを追加するから WordPress MU Domain Mappingを検索してインストールすることができます。 有効にすると sunrise.php/ WP-コンテンツ/ フォルダにコピーして、 define( 'SUNRISE'、 'on'); ラインを WP-config.phpを ファイルに追加するようにメッセージが表示されます。 指示通りの措置をとると WordPress MU Domain Mappingプラグインを正常に使用することができます。

WordPress マルチサイトのドメインマッピング

設定の下のDomainsで新しいドメインをマッピングすることができます。 Search Domainsを使用せずにNew DomainにSite ID、Domainを追加するようにします。 wpengine.comの MULTISITE:HOW TO ADD NEW SITES AND MAP A CUSTOM DOMAIN(新しいサイトを追加して、カスタムドメインをマッピングする方法) 文を参考にしてください。

WordPress MU Domain Mapping プラグインのページから Things to remember(留意すべき事項) 部分の内容もお読みください。

一つのヒントを教えてますと、リンクされた記事では、サブサイトのSite IDを簡単に確認できるように表示されているが、実際には ID カラムが表示されないことがあります。 この場合、そのサブサイトのタイトルの上にマウスを置くと、サイトIDを確認することができます。

マルチサイトのドメインマッピング

メモ:



5のコメント

コメント

  1. こんにちは、ドメイン(マッピング、パーキング)がよく理解ませんね。 説明ちょっと簡単にお願い求めることができる? 今ドメインを5-10改正も、他のサイトはこちら( https://www.namecheap.com or https://www.hosting.kr)でジョリョムヒ購入後 Bluehost接続をしようとしています。 気になる点がありますが。 下のブログこの記事を参照してしました

    https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B0%80%EB%B9%84%EC%95%84-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%84-bluehost%EC%97%90-%EC%97%B0%EA%B2%B0%ED%95%98%EA%B8%B0/

    記事XNUMX - 個人情報の収集Bluehost 共有ホスティングor VPS選択問題----
    5個以上のサイトを Bluehostに接続して書くと、上のブログ記事にも示すように、1つのサイトでも接続者が多くなるとVPSにオームギョヤとのに、共有ホスティングでVPSにプランを移動できないといただき(Bluehost 政策上)、

    1-1サイトを共有ホスティングで作成プランをVPSに変えるためには、共有ホスティングでメイドをVPSにオーム機器簡単です? もしかしたらブログで説明いる場合、リンクや説明ちょっとお願いよ

    1-2複雑になるだろみたい5つ以上のサイトを運営ハルゴミョン、方法が1つずつ月の$ 2.5ずつそれぞれ共有ホスティングで使用する方法or 5つのVPSに最初から接続する方法があるようだが、どれをお勧めいたしますか? 私初めてだ悩みが多すぎて説明お願い致します。 複数のサイトを運営ハルリョミョンVPS(毎日の訪問者500+)以外に他のプランがより良いでしょうか?

    1-3専用サーバー - (ポムグル - 毎日の訪問者+10000人以上サーバー構築から保守、管理まで可能なエンジニアが必要とし、価格が高いです)もしかしたら、専用のサーバーは、管理していたくさん難しいですよね? もしサイトがブログならVPSに5-10改正も接続しても大丈夫だが、もしサイトがショッピングモールのようなことならばVPSに5-10個の接続は無理一連ですか?

    1-4だからブログ5-10個は1個VPSに接続しておいて、もしかしたらショッピングモールを運営ハルリョミョンモールあたりVPSをそれぞれ購入するのが初めてでは、この方法が大丈夫でしょうか?

    1-5ドメインを他のサイトで購入するのと Bluehostで購入するのとみると、 Bluehost ドメインを購入ページを入ると、Domain Purchase1 Year $ 11.99、Privacy + Protection1 Year $ 11.88こう浮遊ね。 他のサイトは、$ 8.88このように販売しているが、他のサイトで購入してネームサーバーへの接続して使うのでいいのかそれとも Bluehostで$ 11.99で購入しprivacy + protectionはオフにして使っても大丈夫ですか? https://www.hosting.kr/domains/search サイトみると、下にプレミアム無料減免にドメインプライバシー/サブドメイン無制限の提供などのサービスが多く、ここで決済をしてネームサーバを接続するのがもっといいですか?

    1-6 https://www.namecheap.com サイト見たら、EasyWP Supersonic $ 28.88 / yr翌年からRenews at $ 98.88 / yrこんなプランもありますが、価格は手頃な価格のようだ安定性が検証されていないサイトなのであまりでしょう? ものプランに複数のドメインを接続できるかもよく説明がだめにおけるしれませんね/広告は Bluehostより速いが、インターフェースが楽場合ヒナギク不便かと思って心配がドゥェゴヨ。 Bluehostで WordPress インストールして管理するのは、YouTubeにも多く従えば容易ようだnamecheapインタフェースはtドメイン(マッピング、パーキング)がよく理解ませんね。 説明ちょっと簡単にお願い求めることができる? 今ドメインを5-10改正も、他のサイトはこちら( https://www.namecheap.com or https://www.hosting.kr)でジョリョムヒ購入後 Bluehost接続をしようとしています。 気になる点がありますが。 下のブログこの記事を参照してしました

    https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B0%80%EB%B9%84%EC%95%84-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%84-bluehost%EC%97%90-%EC%97%B0%EA%B2%B0%ED%95%98%EA%B8%B0/

    記事XNUMX - 個人情報の収集Bluehost 共有ホスティングor VPS選択問題----
    5個以上のサイトを Bluehostに接続して書くと、上のブログ記事にも示すように、1つのサイトでも接続者が多くなるとVPSにオームギョヤとのに、共有ホスティングでVPSにプランを移動できないといただき(Bluehost 政策上)、

    1-1サイトを共有ホスティングで作成プランをVPSに変えるためには、共有ホスティングでメイドをVPSにオーム機器簡単です? もしかしたらブログで説明いる場合、リンクや説明ちょっとお願いよ

    1-2複雑になるだろみたい5つ以上のサイトを運営ハルゴミョン、方法が1つずつ月の$ 2.5ずつそれぞれ共有ホスティングで使用する方法or 5つのVPSに最初から接続する方法があるようだが、どれをお勧めいたしますか? 私初めてだ悩みが多すぎて説明お願い致します。 複数のサイトを運営ハルリョミョンVPS(毎日の訪問者500+)以外に他のプランがより良いでしょうか?

    1-3専用サーバー - (ポムグル - 毎日の訪問者+10000人以上サーバー構築から保守、管理まで可能なエンジニアが必要とし、価格が高いです)もしかしたら、専用のサーバーは、管理していたくさん難しいですよね? もしサイトがブログならVPSに5-10改正も接続しても大丈夫だが、もしサイトがショッピングモールのようなことならばVPSに5-10個の接続は無理一連ですか?

    1-4だからブログ5-10個は1個VPSに接続しておいて、もしかしたらショッピングモールを運営ハルリョミョンモールあたりVPSをそれぞれ購入するのが初めてでは、この方法が大丈夫でしょうか?

    1-5ドメインを他のサイトで購入するのと Bluehostで購入するのとみると、 Bluehost ドメインを購入ページを入ると、Domain Purchase1 Year $ 11.99、Privacy + Protection1 Year $ 11.88こう浮遊ね。 他のサイトは、$ 8.88このように販売しているが、他のサイトで購入してネームサーバーへの接続して使うのでいいのかそれとも Bluehostで$ 11.99で購入しprivacy + protectionはオフにして使っても大丈夫ですか? https://www.hosting.kr/domains/search サイトみると、下にプレミアム無料減免にドメインプライバシー/サブドメイン無制限の提供などのサービスが多く、ここで決済をしてネームサーバを接続するのがもっといいですか?

    1-6 https://www.namecheap.com サイト見たら、EasyWP Supersonic $ 28.88 / yr翌年からRenews at $ 98.88 / yrこんなプランもありますが、価格は手頃な価格のようだ安定性が検証されていないサイトなのであまりでしょう? ものプランに複数のドメインを接続できるかもよく説明がだめにおけるしれませんね/広告は Bluehostより速いが、インターフェースが楽場合ヒナギク不便かと思って心配がドゥェゴヨ。 Bluehostで WordPress インストールして管理するのは、YouTubeにも多く従えば容易ようだnamecheapインタフェースは不慣れ必要と思います

    1-7ネームサーバを接続しても、毎年ドメイン決済は、そのサイトでのが正しいのか?
    機関の移転をする Bluehostで、ドメインの支払いをしなければなら作るのです?

    複数の質問をして、本当に申し訳ありません。 回答期走っているよ。 頭がジクンねㅠㅠ

    回答する
    • こんにちは、Andrew様。

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      1-1。 私に参加する当時(約6年前)には、共有ホスティングでVPSに許可したが、現在は許可していないです。

      ショッピングモールなどを運営する場合は、共有ホスティングは推奨いたしません。 bluehost vpsや SiteGroundがまともな選択です。 Bluehost와 SiteGroundは、次の文を参照してみてください。

      https://avada.tistory.com/219

      ちなみにショッピングモールを運営するとき、AstraやOceanWPのようなテーマを使用すると、速度が比較的有望出てきそうです。 次の記事を参照してみてください:

      https://www.thewordcracker.com/basic/light-and-fast-wordpress-themes-recommended-by-wpml/

      1-2。 共有ホスティングは安価に利用することができますが速度の面では bluehost vpsや SiteGroundより落ちるようです。 上記の1-1回答参考ください。

      1-3。 Bluehost 専用サーバーの場合、おそらくcpnaelとサポートが提供されることがあります。 その後、管理が便利です。 私 Bluehost vpsと共有ホスティングを使用していますよ。 すべてcpanelとサポートが提供されるため、管理が便利です。 cpanelが提供ば、共有ホスティングのように管理が簡単になります。 訪問者数が非常に多い場合は、専用のサーバーを利用しなければならないことです。 いくつかの商品を利用することが良いかは、 Bluehostと相談して見ればいいようです。

      1-4。 一緒に接続して動作してみ難しい場合分離してもなりそうです。

      1-5。 他社でドメインを購入し、ネームサーバを変更する方法で行わください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B0%80%EB%B9%84%EC%95%84-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%84-bluehost%EC%97%90-%EC%97%B0%EA%B2%B0%ED%95%98%EA%B8%B0/

      1-6。 namecheapサービスは利用してみなくてよく分かりません。

      1-7。 ドメインとWebホスティングは別です。 機関移転する必要がありません。 機関の移転と費用がより高いことです。

      ちなみに、この記事で扱うドメインマッピングは利用する必要がないよ、 Bluehostではアドオン(Add on)ドメインに追加のドメインの接続が可能です。

      楽しい週末を過ごす。

      回答する
      • こんにちは。 苦心の末に sitegroundでホストをすることを決めました。 ドメインは、1年に$ 16ので、少し高くて不便も、他のサイトからのドメインを購入しようとします。 もしかしたら sitegroundはプラン間の移動が自由なか? VPSプランはないんですね。 siteground プランの説明は、尋ねることがなくgrowbig、 WordPress, WooCommerce 中に何を選択すべきかわからない

      • こんにちは?

        次の記事を参照してみていただけますか?

        https://avada.co.kr/webhosting/siteground%ec%9d%98-%ea%b3%b5%ec%9c%a0%ed%98%b8%ec%8a%a4%ed%8c%85-%ed%94%8c%eb%9e%9c-%ea%b5%ac%ec%9e%85-%eb%b0%8f-%ec%9b%8c%eb%93%9c%ed%94%84%eb%a0%88%ec%8a%a4-%ec%84%a4%ec%b9%98%ed%95%98%ea%b8%b0/

        SiteGroundはVPSの商品はなく、代わりにクラウドホスティング商品があります。

        SiteGroundでGrowBigでGoGeekなどで上位商品にアップグレードが可能です。 しかし、確かなことはお試みることは安全と思われる。 私は現在、GoGeek商品を使用しています。

        SiteGround データセンターの選択と関連して、以下の記事を参照してみてください:

        https://avada.co.kr/webhosting/%ED%95%B4%EC%99%B8-%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-siteground%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%8D%B0%EC%9D%B4%ED%84%B0%EC%84%BC%ED%84%B0-%EC%9C%84%EC%B9%98-%EB%B3%80%EA%B2%BD%ED%95%98%EA%B8%B0/

  2. 前述したよう最新の WordPress バージョンでは、別のドメインをインストールする必要がなく、アドレスだけ変えてくれて、接続しているドメインを WordPressがインストールされてルートを指すように設定してくれれば問題なくドメインにマッピングされます。 (今日のテストしてみると、この方法でよくなりますね。笑)

    回答する