WordPress マガジンテーマPublisherに含まれている有料のプラグイン

2

WordPress マガジンテーマ

このブログには、現在の Publisherというマガジンのテーマが使用されています。 このテーマは、有名な Newspaper テーマと似ていますが、個人的に感じるには、 Newspaperより設定が容易な方です。

Publisherには、Visual Composerが、基本的に搭載されており、40以上のデモが提供されます。 しかし、私は Visual Composerをインストールせずにテーマの基本的な機能だけを設定して使用しています。

このテーマは、昨日のバージョン5に更新され、多くの有料のプラグインがテーマに含まれていました。 数えてみると、有料のプラグインと独自開発のプラグインが30の近くなりますね。

WordPress マガジンテーマ

Visual Composer, Slider Revolution, マスタースライダー, ConvertPlus、Advanced Custom Fields Pro、 TotalPoll Pro, Ultimate Addons for WPBakery, Real3D FlipBook など見慣れたプラグインが結構ありますね。

そしてBetterで始まるプラグインは、テーマ開発者が直接開発して含まれていたことです。

私はこの中で実際に使用するプラグインは、Ads Manager、Google Custom Search、Publisher AMPなど3つしかありません。 Disqusのプラグインもしばらく使用したが、若干のバグがあって、外部のプラグインをインストールして使用しています。

好奇心にFacebook Live Chatプラグインをインストールして有効にしてみた設定方法を適切に分からなくてただ削除しました。 FacebookページID(あるいは同様の情報)を入力する必要があるが、 Facebookで、その情報を検索しても指示が提供するスクリーンショットと違って、必要な情報を適切に確認することができませんでした。 テーマ開発者に連絡すると思われるが、必ず必要な機能ではないのでそのまま使用しないことにしました。 同様のプラグインとして Facebook Live Chat for WordPressというプラグインがあります( "WordPress用 Facebook ライブチャット/ IMプラグイン"参照)。

もし、様々な有料プラグインをテストしてみたい場合は、このテーマを購入すると、経済的であると思われる。 しかし、必要な機能以外を使用しないでください。 プラグインを多用すると、サイトの速度が遅くなるしかありません。 特にスライダーのプラグインや Visual Composerサイトの速度に大きな影響を与えることができます。 ページビルダーを考慮すれば AvadaEnfold, Diviテーマのように自己完結されたページビルダーを使用しているテーマを選択するか、 Elementor のような無料ページビルダーを考慮してみることができます。

速度と機能を改善する方向にテーマが更新されることを望んだが、私の考えとは異なり、新機能を大幅に追加し、プレミアムのプラグインを利用差し込んで、既存のテーマを追うような印象を与えますね。

*いくつかの文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。この投稿はGTranslateを使用して翻訳されています。

関連記事

コメント2件
  1. Adi Jang

    今回のアップデートは、神経多く使ったようです。 他のニュースのテーマとレベルを少し合わせようとするような? プッシュプラグインもいるんですよ。 これは良いように(笑)

    1. Word

      はい。 私も他の人気のテーマに沿っていこうと試みるという印象を受けました。 必ずしも良いことはないが、必要な機能のプラグインが含まれている場合には、コストを節約することができており、良いようです。