ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Sitegroundから WordPress デモのインストール時にエラーが出る場合

Last Updated:2020年11月14日| 1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

最近出てくるいくつかのテーマは、高PHPの設定を必要とする場合があります。 このため、一部のサーバーでは、 WordPress デモをインストールするために苦労を食べます。

例えば、人気の WordPress テーマの一つである 7でMain Demoの場合は、次の図のようにデモが非常に大きいため、多くのサーバーでインポートするために困難になることができると説明しています。

Sitegroundから WordPress デモのインストール時にエラーが出る場合は、3

WordPress デモのインストール時にエラーが私は多くの場合は、phpの設定値がテーマで要求する仕様を満たしていないからです。

海外のウェブホスティングサービスの一つである SitegroundでThe 7のメインデモをロードしようとしたら、次のようなエラーが表示され、デモインストールに失敗しました。

Sitegroundから WordPress デモのインストール時にエラーが出る場合は、4

7の他のデモは、特に問題なくロードに成功したが、このMain Demoのみ、上記のエラーが発生しますね。 (The 7は、現在26種類のデモが提供されます。)

この問題を SiteGround サポートに連絡して、次のような回答をいただきました。

memory limit is at 768M so that should not be an issue🙂As for the max_execution_time it can not be higher than 120 for shared hosting plans、however we can set Dynamic Timeouts so you import Demo Content for any theme🙂

SiteGroundの場合、他のWebホスティングサービスとは異なり、メモリの制限が768MBと非常に高いです。 第サイトは見てみると128MBに設定されていますね。 (Siteground自動的に WordPressをインストールすると、128MBに設定されているようです。)

別の Siteground 担当者は、この値を512MBに変更してみろよね。 この値は、512MBや768MBに高く設定しても、サイトのパフォーマンスに影響を及ぼさないとします。 (ただし、Opcache設定値は高く設定すると、リソースを多く割り当てるため、サイトのパフォーマンスに影響を与える可能性があるとね。)

メモリの設定は、 WP-config.phpを ファイルに define( 'WP_MEMORY_LIMIT'、 '512M'); 行を追加すると、されます。 That's all、stop editing! すぐ上に追加するようにします。 私は見てみると以下のように設定されていますね。

define( 'WP_MEMORY_LIMIT', '128M' );
define('WP_POST_REVISIONS', 3);
define('DISALLOW_FILE_EDIT', true);
/* That's all, stop editing! Happy blogging. */

define( 'DISALLOW_FILE_EDIT'、true); ラインは、ハッカーが WordPress 伝言板に不法に侵入しても、ファイルを変更することができないようにロックする機能があります(「WordPress セキュリティ強化する"参照)。

SiteGround 担当者の言葉のメモリ制限が768Mであるため、問題が発生していないとします。 共有ホスティングの場合 max_execution_timeには120で固定されているがDynamic Timeouts(動的タイムアウト?)を設定すると、デモコンテンツをインポートするファイルに対して動的にタイムアウトを300に設定するとですね。

Dynamic Timeoutsを設定するには、次のコードを .htaccess ファイルに追加するようにします。

<IfModule mod_dtimeout.c>
<Files ~ ".php">
SetEnvIf Request_URI "index.php" DynamicTimeout=300
SetEnvIf Request_URI "themes.php" DynamicTimeout=300
SetEnvIf Request_URI "wp-admin" DynamicTimeout=300
</Files>
</IfModule>

上記のコードを追加した後The 7メインのデモを取得しようとしたら途中で同じエラーが発生しましたが、もう一つの試みなので正しくインポートすることができました。 (上記のコードからか、またはデモファイルが大きすぎて一度にすべてインポートすることができず、いくつかの試みとインポートされるかは分かりません。)

SiteGroundから max_execution_timeに ので、問題が発生した場合、メモリサイズ制限を512Mや768Mに高めて、上記Dynamic Timeoutsディレクティブを .htaccess ファイルに追加してください。

もしテーマのデモファイルが大きすぎて問題が発生する場合、複数回試して見て、問題がされると、ライブチャットで SiteGroundに連絡して、問題の解決に助けを得ることができます。

参考までに WordPress プラグインを更新するとき 504 Gateway Timeout(504ゲートウェイタイムアウト) エラーメッセージが表示されます実際には、更新が正常にされている場合があります。 この問題も、おそらく max_execution_timeに 設定に関連することもあるようです。 (504ゲートウェイタイムアウトエラーの場合、どのよう記事では、ファイアウォール可能性がありそうですね。)

504ゲートウェイタイムアウトエラーの場合にも、上記の提示された方法(メモリサイズ制限上方修正、Dynamic Timeoutsディレクティブを追加)を試してみて、それでもうまくいかない場合、次のコードを php.iniの ファイルを作成し追加してください。

opcache.interned_strings_buffer = 16
opcache.memory_consumption = 256

上記のコードを追加した後、サイトが正常に動作しているチェックすることが重要です。 テーマとPHPのバージョンに応じて、サイトにエラーが発生する可能性があります。

アップデート: 本文に記載されているDynamic Timeouts関連するコードを.htaccessファイルに追加して、メモリサイズを512MBに増やすか504 Gateway Timeoutエラーメッセージが表示されていないことを確認しました。 他の環境では、発生する可能性がありますが頻度が多く減るようです。

メモ:



1のコメント

コメント

  1. 上記のDynamic Timeouts関連するコードを.htaccessファイルに追加するから504 Gateway Timeout Gateway Timeoutエラーメッセージが表示されないですね。

    回答する