WordPress 多言語サイト:WPML vs. マルチサイト

WordPressで多言語サイトを運営する方法でWPMLのようなプラグインを使用したり、複数のサイトを利用することです。 状況に応じて適切な方法を選択することができます。 長い時間前にこれに関連する詳細な記事を作成したことがあります。 時間が長い経過し、これまでの経験をもとに、両方のオプションを簡単に比較してみる時間を持ってみましょう。

WordPress 多言語サイト:WPML vs. マルチサイト

WordPress 多言語サイト:WPML vs. マルチサイト
WPML 4.5ベータでは、自動翻訳を利用して翻訳速度を大幅に短縮するTranslate Everythingモードを導入した。

WPMLは WordPress 多言語サイト運営時に使用できる代表的なプラグインです。 このプラグインは、人が翻訳する方法であるが、徐々に自動翻訳機能を組み合わせています( "WordPress WPML自動翻訳オプションの追加「)。今、コンテンツを自動翻訳した後に人間が修正できるように発展しました。

人間の翻訳vs. 自動翻訳

自動翻訳は機械翻訳(あるいはAIの翻訳)サービスを使用して自動的に翻訳する方式です。 WordPress サイトにGoogleの翻訳プラグインをインストールする場合は、訪問者がその言語の国旗をクリックすると、Googleの翻訳サービスを利用して、コンテンツが自動的に翻訳されます。

この方法は、翻訳された文書に対して固有のアドレス(パーマリンク)を作成していないため、翻訳された文書は、Googleなどの検索エンジンで検索されていないため、SEOには役割をしていません。

WeglotやGTranslateなどの有料サービスを利用すれば、翻訳された文書に対して一意のアドレスを生成することができ、検索を介して訪問者の流入が可能です。 このようなプラグインを使用すると、自動翻訳された文書でエラーを修正することができており、翻訳の品質を向上させることができる可能性があります。 このブログの日本語版がGTranslateというサービスを利用して、自動翻訳されたコンテンツです。

WPMLプラグインを使用すると、自動翻訳機能を使用してドキュメントを自動翻訳した後に、その言語の専門家やネイティブスピーカーが翻訳を変更することができます。 また、このプラグインは、翻訳された文書のレイアウトを必要に応じて修正することが可能です。

WPML vs. マルチサイト

WPMLを使用する場合は、比較的容易に多言語サイトを作成することができ、翻訳が可能ですが、言語ごとに異なるテーマを使用することができず、プラグイン間の衝突の可能性が存在し、互換性のないテーマがあります。

また、 WPMLは、年間サブスクリプションのゼロ販売されており、毎年の費用が出るので、コスト負担になることがあります。

WordPress 多言語プラグインWPML料金プラン

企業ホームページの場合Multilingual CMSやMultilingual Agencyを使用します。 この二つのプランでは、2000クレジットまで無料の自動翻訳が可能であるとします。 クレジットが正確に何を指すかどうかについては、WPMLにチェックアウトします。

2000 credits between any language pair every month

ユーザーが会員登録して、言語バージョンに関係なく利用できるようにしたり、 WooCommerce ショッピングモールでの在庫などのデータを言語に関係なく、共有する必要がするなどの環境では、WPMLを使用する方が便利でしょう。 つまり、多言語サイト間の緊密な連携が必要な場合には、WPMLを考慮することができます。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPML

しかし、 言語ごとにユーザーデータを共有する必要がなく、独立して動作するか、別のテーマを適用したい場合などの環境では、複数のサイトを利用することができます。

特徴WPMLプラグインマルチサイト
コスト有料(毎年お支払い)무료
言語間のコンテンツ連携지원- 基本的には可能ではありませんが、プラグインを使用して連携することができます(参照)
- 言語間連携せずに独立して運営する場合に考慮することができる。
長所と短所- WooCommerce などで商品在庫などを言語間連動して管理可能
- 翻訳数月(自動翻訳をサポートするが推奨しない)
- 毎年費用支出
- プラグイン間の競合の可能性があります。
- 追加の費用負担なし(ただし、一部のプラグインはマルチサイトで有料またはより高価な場合がある)
- 言語間の連携には追加の作業が必要です(追加のプラグインインストールが必要になる場合があります)
- マルチサイト自体の問題がある可能性があります。
- プラグインが多くインストールされているサイトでプラグインがクラッシュする可能性が低くなります。

たとえば、韓国語のサイトを完成した後に、マルチサイトに設定し、韓国語サイトを各言語別にコピーした後、コンテンツを翻訳し、置き換えることができます。

  1. まず、基本的な言語でサイトを制作します。
  2. マルチサイトで作成し、各言語ごとに基本的なサイトを複製します。
  3. コンテンツを翻訳して、各言語別のサイトの既定の言語でコンテンツをその言語に置き換えられます。

自動翻訳機を利用して翻訳することは推奨いたしません。 機械翻訳が多く発展したのは事実だが、まだエラーが多くクオリティが期待に及ばないでしょう。 重要ではないサイトである場合、自動翻訳した後にエラーがないかどうかざっと見た後に公開することができますが、重要なサイトである場合、その言語の分野の専門翻訳者を雇うか、ネイティブスピーカーによる検収過程を経ることが安全です。

最後に、

WPMLを使用すると、比較的簡単に多言語サイトを構築することができますが、料金制が年間サブスクリプションジェラ費用負担になりますので、追加の費用負担をしたくない場合には、複数のサイトを利用して、多言語サイトを構築することも考慮してみることができます。

ちなみに、私はライフタイムライセンスを持っているので、正式なライセンスで顧客サイトに多言語サイトを作成できます。 (ただし、ライセンスを共有するのはライセンス違反なので、他の方法では共有することはできません。)安く設定しています。

追加する言語が1〜2個程度であれば、言語ごとに個別の WordPress サイトで運営することも一つの方法になることがあります。 サイトの複製は、 複写機 同じプラグインを使用することができます。 Cafe24のような国内のホスティングを利用する場合、通常は一アカウントにXNUMXつのDBのみを提供されるため、Duplicatorなどを利用した複製が困難になります。 そのような場合にもお問い合わせいただければサポートを提供することができます。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。