ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 多言語翻訳プラグインWPMLのプラン変更予定(ライフタイム廃止)

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressで多言語サイトを運営する際に多く使用されている WPMLプラグインこの数週間後に既存のプランではなく、新しいプランを導入する予定だそうです。

最大の変化は、 Lifetime(生涯) プランが消え、すべてのプランが毎年更新する年間プラン形に変わります。 ただし、従来のLifetimeプランユーザーはプランが新たに変わっても継続生涯更新せずに使用が可能であるとします。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPMLプラン

プランをまとめてみると...

スターター

  • WPMLコア
  • 1つのサイトに対して自動更新とサポート

スタンダード

  • WPMLのすべてのコンポーネント
  • 3つのサイトまで自動更新とサポート
  • WPMLの新しいAdvanced Translation Editorを使用する(ユーザー本人)

代理店

  • WPMLのすべてのコンポーネント
  • 無制限のサイトで自動更新とサポート
  • WPMLの新しいAdvanced Translation Editorを使用する(ユーザー本人と3人の追加翻訳)

WPMLは今 Advanced Translation Editor(詳細翻訳エディタ)が導入されてStandardでは、ユーザー本人、Agencyプランでは、ユーザー本人と3人の翻訳者が使用することができます。

時々WPMLを使用して 自動的に翻訳が可能とかいう方がいました。 この時までは、人間が直接翻訳しなければならいたが、今の自動翻訳機を使用できる機能が搭載されるようです。

Advanced Translation Editorは、次のような機能を提供しています。

  • 便利な翻訳できるように非常に正確に翻訳する文章を区切るSegmentation機能(通常の文章単位で区切られます)
  • ユーザーの翻訳メモリ(TM) - 翻訳した内容が、リサイクルのためDBに保存
  • ユーザーの翻訳用語集(Glossary)
  • 内蔵のスペルチェッカー
  • 各翻訳単位(Translation Unit)に実行できる機械翻訳(Machine Translation)

翻訳メモリツールは、通常、プロの翻訳者が使用します。 翻訳した内容をデータベースに保存したが、リサイクルすることが重要です。

機械翻訳(例えばGoogle翻訳)は、まだ満足できるレベルの品質を提供していませんが、最近になって特に多くの改善が行われました。 機械翻訳を活用する場合は、必ず翻訳を検討して翻訳エラーを修正する過程を経るのが安全でしょう。

私はMultilingual CMSを利用している途中、今回Multilingual CMS Lifetimeにアップグレードしました。 新しいStandardプランでは、3つのサイトまで自動更新とサポートが提供されて更新費用が59ドルに達しますね。

Multilingual CMSでMultilingual CMS Lifetimeにアップグレードするために116ドルが聞きました。 すぐには予期せぬ支出が発生したが、長期的に見てLifetimeプランを保持することが有利であると思われる。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPML

メモ:



コメントを残す

コメント