ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 文の作成者の名前をニックネームに変更する方法

Last Updated:2021年9月12日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

基礎的な内容だが、たまに質問される方がおられて WordPress個々の記事で表示される記事の作成者(ライター)の名前をニックネームに変更する方法をこの記事で説明しました。

WordPress 文の作成者の名前をニックネームに変更する方法

WordPressで文を発行するとライタの名前でユーザー名(username)が表示されることがあります。 ライターの名前は、ユーザーの「マイプロフィール」の設定で変更が可能です。 もしニックネームや名前をライタの名前に設定したい場合は、次の方法で変更することができます。

WordPress 管理者ページで ユーザー>私のプロフィールをクリックします。 (WordPressが更新され ユーザー>プロフィールに変わりました。)

WordPress 投稿者(作成者)の名前を変更する

前述と同様の画面が表示されたら 一般に表示する名前(WordPress バージョンに応じて、 "一般に見える名前")で、目的の名前を選択するようにします。ユーザー名や「性」と「名前」の組み合わせを使用するか、エイリアス(ニックネーム)を指定することもできます。

下部の "プロファイルの更新"をクリックして設定を保存するようにします。これでは、ライター(author)の文を確認してみると、著者情報が上記の指定された名前(たとえば、「ニックネーム」)で表示されます。

WordPress 脚本の名前を変更する

KBoard 掲示板で投稿者フィールドに表示される管理者のユーザ名を「管理者」などと表示されるようにしたい場合にも、上記の方法で「公開に見える名前」を変更します。

テーマソースを直接編集する場合は、get_the_author_meta関数を活用することができます。 get_the_author_metaの詳細については、 WordPress 公式文書を参考にしてみてください。

例:

<p>저자에게 이메일 보내기: <a href="mailto:<?php echo get_the_author_meta( 'user_email', 25 ); ?>"><?php the_author_meta( 'display_name', 25 ); ?></a></p>

使用可能なパラメータは、 WordPress 文書で確認することができます。 ニックネームの場合get_the_author_meta( 'nickname')を使用すると、なりそうです。

すべてのユーザーの「公に表示する名前」を変更する方法は、昨年末に作成した次の記事を参照してください。

メモ:



コメントを残す

コメント