WordPress 文字数/単語数を確認する

WordPressで書くときは、単語数や文字数を確認したい場合があります。 Googleでは記事の長さが順位決定要素​​ではないと明らかにしたが、Yoast SEO、Rank MathなどのSEOプラグインでは一定単語以上がGoogle検索エンジンで上位に露出される可能性が高いという。

WordPressの基本エディタであるブロックエディタ(Gutenberg)を使用している場合は、文字数/単語数の統計を確認するオプションがあります。 Rank MathなどのSEOプラグインを使用している場合は、単語数が適切であることを確認できます。

参考までに、単語数/文字数の絶対的な基準はありませんので、記事のテーマに応じて適切な量で投稿を作成してください。 無理やり文章分量を増やそうとすると文章品質が落ちるのではなく逆効果が発生します。

WordPress ブロックエディタで文字数/単語数の統計を確認する

WordPress バージョン5.0以降、ブロックエディタはデフォルトエディタに統合されました。 ブロックエディタでは、単語数と文字数を確認する機能が提供されます。

현재 クラシックエディタ(Classic Editor)500万以上 WordPress サイトにインストールされて使用されていますが、今ではブロックエディタが初期バージョンに比べて非常に安定しており、機能も改善されているので、可能な限りブロックエディタを使用することが望ましいでしょう。

投稿編集画面の上部のツールバーにあるXNUMX行 文書をすべて見る アイコン(①)をクリックして アウトライン タブをクリックすると 文字数、単語数、読む時間 などの情報が表示されます。

WordPress ブロックエディタで文字数/単語数の統計を確認する

キーボードショートカットで Shift + Alt + O キーを押す 文書をすべて見る パネルを表示できます。

アウトラインは アウトラインの翻訳で「概要」程度の意味で理解すればいいようです。

別の方法でSEOプラグインを使用している場合は、SEO分析機能で単語数を表示できます。 以下は Rank Math SEOプラグインのSEO分析画面を表示します。

WordPress Rank Math 単語数を確認する

現在、コンテンツの長さをお知らせし、600語以上を推奨しています。 これらの推奨文の長さは参考にしてください。

投稿リストページに単語数/文字数統計を表示する

コードを追加して、すべての記事ページに各投稿の単語数と文字数を表示できます。

WordPress 文字数/単語数を確認する

チャイルドテーマがインストールされていない場合は、チャイルドテーマ(子テーマ)をインストールし、チャイルドテーマ内の関数ファイル(functions.php)に次のコードを追加します。

// Add word count & character count statistics in WordPress Using Code
// Add new columns for Word Count, Characters (no spaces), and Characters (with spaces)
add_filter('manage_posts_columns', 'add_custom_columns');
function add_custom_columns($columns) {
    $columns['word_count'] = 'Word Count'; // 단어수
    $columns['char_count_no_spaces'] = 'Chars (no spaces)'; // 글자수(공백 제외)
    $columns['char_count_with_spaces'] = 'Chars (with spaces)'; // 글자수(공백 포함)
    return $columns;
}

// Populate the new columns with data
add_action('manage_posts_custom_column', 'display_custom_columns_data'); 
function display_custom_columns_data($column_name) {
    global $post;

    if ('word_count' === $column_name) {
        $wordCount = get_post_word_count($post->ID);
        echo $wordCount;
    }

    if ('char_count_no_spaces' === $column_name) {
        $charCountNoSpaces = get_post_char_count($post->ID, false);
        echo $charCountNoSpaces;
    }

    if ('char_count_with_spaces' === $column_name) {
        $charCountWithSpaces = get_post_char_count($post->ID, true);
        echo $charCountWithSpaces;
    }
}

// Function to get the word count for a given post ID
function get_post_word_count($post_id) {
    $content = get_post_field('post_content', $post_id);
    $cleanedContent = strip_tags(strip_shortcodes($content));
    $wordCount = str_word_count($cleanedContent);
    return $wordCount;
}

// Function to get the character count for a given post ID
function get_post_char_count($post_id, $include_spaces = false) {
    $content = get_post_field('post_content', $post_id);
    $cleanedContent = strip_tags(strip_shortcodes($content));
    
    if (!$include_spaces) {
        $cleanedContent = str_replace(" ", "", $cleanedContent);
    }

    $charCount = strlen($cleanedContent);
    return $charCount;
}
// Add new columns for Word Count, Characters (no spaces), and Characters (with spaces)
add_filter('manage_posts_columns', 'add_custom_columns');
function add_custom_columns($columns) {
    $columns['word_count'] = 'Word Count';
    $columns['char_count_no_spaces'] = 'Chars (no spaces)';
    $columns['char_count_with_spaces'] = 'Chars (with spaces)';
    return $columns;
}

// Populate the new columns with data
add_action('manage_posts_custom_column', 'display_custom_columns_data'); 
function display_custom_columns_data($column_name) {
    global $post;

    if ('word_count' === $column_name) {
        $wordCount = get_post_word_count($post->ID);
        echo $wordCount;
    }

    if ('char_count_no_spaces' === $column_name) {
        $charCountNoSpaces = get_post_char_count($post->ID, false);
        echo $charCountNoSpaces;
    }

    if ('char_count_with_spaces' === $column_name) {
        $charCountWithSpaces = get_post_char_count($post->ID, true);
        echo $charCountWithSpaces;
    }
}

// Function to get the word count for a given post ID
function get_post_word_count($post_id) {
    $content = get_post_field('post_content', $post_id);
    $cleanedContent = strip_tags(strip_shortcodes($content));
    $wordCount = str_word_count($cleanedContent);
    return $wordCount;
}

// Function to get the character count for a given post ID
function get_post_char_count($post_id, $include_spaces = false) {
    $content = get_post_field('post_content', $post_id);
    $cleanedContent = strip_tags(strip_shortcodes($content));
    
    if (!$include_spaces) {
        $cleanedContent = str_replace(" ", "", $cleanedContent);
    }

    $charCount = strlen($cleanedContent);
    return $charCount;
}

上記のコードを追加すると すべての記事 ページでは、各投稿の単語数と文字数を一度に確認できます。

チャイルドテーマを使用せずに親テーマの関数ファイルに上記のコードを追加すると、今後のテーマ更新時にコードが消えます。

テキストカウンタ(文字数世紀)ツールを使用する

MS Wordなどのワードプロセッサは、単語数、文字数などに関する詳細な情報を提供します。 MS Wordがインストールされている場合は、コンテンツを貼り付けて単語数/文字数をチェックし、スペルチェックもできます。

MSワードワードカウントツール
MS Wordの単語数ツール。

私のブログにはPHP、CSS、JavaScript関連のコードがたくさんあります。 このようなコードがある場合 WordPressの単語数チェックツールにはコードも含まれているため、コードを除いた単語数や文字数を把握するのが難しい場合があります。

このような場合は、文字数世紀ツールを使用して単語数/文字数を確認することを検討できます。 コード以外のテキストを貼り付けてから、文字の長さをチェックします。

個人的に単語数をチェックするためのテキストカウンター WordPressで作ってみました。 次のページのテキストカウンタツールを使用して、単語数と文字数を把握できます。

上記ツールで表示される結果値は、MS Wordの単語数ツールの結果値とほぼ同じです。

SEOプラグインが推奨する記事の長さ

たとえば、ランクマスプラグインでは600ワード以上をお勧めします。 Yoast SEOの場合は、SEOプラグインで「Word count and SEO: how long should a blog post or page be?「この記事では、1000ワード以上の高品質の投稿がGoogle検索エンジンで上位に公開される可能性が高いと述べています。

まず、これらの推奨事項は英語を基準にしたものなので、韓国語にそのまま適用するには無理があるかもしれません。

経験上、英語200単語を翻訳するとハングル約135単語になり、刺繍では400文字程度になるようです(コンテンツ性格によって異なる)。 英語を韓国語に翻訳すると単語数が減るため、英語600単語と韓国語600単語は実際の分量が異なる場合があります。

実際、韓国語で600単語分の文を書くのは簡単ではありません。 無理やりここに合わせるためにコンテンツの長さを増やすことは文章の品質に影響を与える可能性があるため、個人的にはお勧めできません。

いくつかのYouTubeのビデオやブログの記事で数文字以上でなければなりません AdSense 承認を受けやすいと主張する場合があります。 そんなことは根拠がないので絶対に信頼してはいけません。 Googleのジョン・ムーラーは次のように述べています。

From our point of view the number of words on a page is not a quality factor, not a ranking factor.

So just blindly adding more and more text to a page doesn't make it better.

"単語数は品質決定要素ではなくランキング決定要素ではなく、ランダムなページにさらにテキストを追加しても良い評価を受けるわけではありません。「と説明しています。

文章の長さは品質決定要素ではありませんが、適切な文章の長さを維持することが重要なようです。 経験的に短すぎる投稿は親ページに公開される可能性が低く、Google AdSense 広告もうまくいかないようです。 だからといって、ランダムなコンテンツの長さを増やすのは役に立ちません。 そのトピックを十分に説明できる適切な長さの文章を書くとよいでしょう。

最後に、

以上で WordPressで文字数/単語数を確認する方法を見てみました。 ブロックエディタでは、独自に単語数などを表示する機能が用意されているので、簡単に文章の長さを把握できます。

WP単語数というプラグインがありますが、全文のワードカウントを確認したい場合は、このようなプラグインを使用するよりも、上記の「投稿リストページに単語数/文字数統計を表示する」の部分に示されたコードを利用することを検討してください。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。