WordPress Googleシート同期プラグイン Sheets To WP Table Live Sync - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress Googleシート同期プラグイン Sheets To WP Table Live Sync

Last Updated:2022年6月20日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

GoogleシートはGoogleシートにデータを入力し、同じデータを WordPressに表(テーブル)で簡単に表示できるようにします。 Googleスプレッドシートを更新すると自動的に WordPressでも更新されるようにしたい場合 WordPress Googleシート同期プラグインであるSheets To WP Table Live Syncを使用できます。

WordPress Googleシート同期プラグイン Sheets To WP Table Live Sync

WordPress Googleシート同期プラグイン Sheets To WP Table Live Sync

Googleシートを更新するとき WordPress テーブルを自動的に更新する場合は、Sheets To WP Table Live Syncプラグインを使用できます。

このプラグインには無料版と有料版があります。 まず、無料版を試してみて、高度な機能が必要なときに有料版を検討してみましょう。

次のショート画像では、このGoogleシート同期プラグインがどのように機能するかを大まかに確認できます。

無料Sheets To WP Table Live Syncバージョンの機能

  • リアルタイムデータ同期
  • 最大15行(Row)データのインポート
  • 全項目数を表示
  • 下部要素を置き換える
  • 検索バー
  • 非同期ローディング
  • 限定無料サポート
  • ショートコード(短縮コード)サポート
  • Infoブロックの表示
  • フィルタの位置を変更する
  • 並べ替えを許可
  • ページネーション(改ページ)サポート
  • Gutenberg ブロック

有料版の機能

有料版には年間ライセンスと生涯(ライフタイム)ライセンスがあります。 プレミアムバージョンでは、同期する行数制限はなく、レスポンシブテーブル機能がサポートされています。 また、テーブルをCSV、Excel、PDF、JSONなどにエクスポートすることができ、ライブ検索、キャッシュ機能(速度向上)、マルチスプレシートタブなど様々な追加機能が提供されます。

ライフタイムライセンスの場合、サイトの数によって価格が異なります。 5サイトの場合89.55ドル、10サイトの場合139.65ドル、50サイトの場合149.70ドル、500サイトの場合174.75ドル、1000サイトの場合188.79ドルで販売されています。

WordPress Googleシート同期プラグインSheets To WP Table Live Sync有料版

このプラグインは人気ページビルダーをサポートし、 エレメント(Elementor) ウィジェットと Gutenberg ブロックを提供します。

Sheets to WP Table Live Syncプラグインはサイトの速度に影響を与えないと言われています。 このプラグインはページの読み込みには影響しませんが、「非同期読み込み」機能が無効になっており、Googleスプレッドシートのデータが大きすぎる場合は、ページの読み込みに時間がかかる可能性があります。

プラグインをインストールしてサイトの速度に与える影響を確認できます。 このプラグインを作成した開発者は WordPress ダークモードプラグイン WP Dark Modeプラグインも提供しています。 WP Dark Modeプラグインの無料版ではサイト速度が0.5秒ほど遅くなりましたが、Ultimate版では速度低下現象がほとんどありませんでした。 Sheets to WP Table Live Syncプラグインの無料版でスピード低下現象が表示された場合、有料版ではおそらくスピード低下現象が現れない可能性もあるようです。

また、このプラグインはすべてのモダンブラウザ(サファリ、クロム、Firefox、エッジなど)で問題なくうまく動作するそうです。 IEの場合、2022年6月15日にサポートが公式に終了し、シェアも非常に低いレベルに落ちたため、これ以上考慮する必要はないようです。 一部の役所などでIE対応を求めることがありますが、そのような場合、クロスブラウザの専門家を雇って対応しなければなりません。

ちなみに、Google Sheets to WP Table LiveプラグインでGoogleシートを WordPress テーブルで表示する場合、 WordPress 内で WordPress テーブルはユーザーが編集できません。 Googleシートで編集すると自動的に WordPress テーブルが更新(同期)される方法です。

詳細については、Google Sheets to WP Table Liveプラグインサイトを参照してください。

ショートコードを使用してSheets to WP Table Live SyncプラグインでGoogleスプレッドシートを表示する方法(YouTubeビデオ)

最後に、

以上でGoogleシート WordPress テーブルに同期するプラグインについて調べました。

これとは違う性格のプラグインで Spreadsheet Integration(スプレッドシート統合)というプラグインがあります。 このプラグインはGoogleシートを介して WordPress 投稿(記事)を更新できる機能をするようです。 次の画像を参考にしてください。

参照



コメントを残す

コメント