ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 関連記事一覧を表示する(GeneratePress テーマ)

Last Updated:2021年7月15日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

このブログに現在使用されている GeneratePress テーマは、関連記事一覧を表示するオプションが提供されていません。 関連記事のリストを表示する方法はさまざまです。 関連記事を表示するプラグインを使用すると、簡単です。 関連記事プラグインに必要なレイアウトで記事を表示することができない場合には、フックを使用してコードを追加することができます。

WordPress 関連記事一覧を表示する

WordPress 関連記事一覧を表示する -  GeneratePress テーマ

プラグインを使用して関連記事リストを表示する方法は、「GeneratePress テーマに関連記事リストを表示する方法"を参照してください。WP Show Postsというプラグインを使用して、各ポストの下部に関連記事リストを表示する方法を説明します。

直接コードを作ってみたいと思ったら次の記事を参照してみることができます。

例として、次の図のように寀ーブログで使用されている関連記事機能のように表示する方法を簡単に説明します。

WordPress 関連記事一覧を表示する(GeneratePress テーマ)2

基本的には "WordPressで同じカテゴリー内の他の記事を表示する"に使用されたコードと似ています。

この方法は、 GeneratePressだけでなく、他のテーマでも活用が可能です。 代わりに、以下に説明するElementsに追加する方法はなく、テーマファイル(例:content.php)にコードを直接追加します。

GeneratePress テーマで関連記事のリストを表示する(ユーザーコード)

ここでは、 GeneratePressの有料版に提供されているElementsを使用して関連記事のコードをフックを介して追加する方法を説明します。 無料版を使用している場合、チャイルドテーマを造り子テーマの関数ファイル(funtions.php)にフックを追加することができます。

テーマのデザイン> Elementsに移動し、 Add New Element(新しいエレメントを作成し)をクリックして、新しいElementを作成するようです。

WordPress GeneratePress テーマで関連記事一覧を表示する

Element編集​​画面が表示されたら要素名を指定して、次のコードを追加します。

<!-- 관련 글 -->
				<div class="related-posts">
				<h4><?php $categories = get_the_category();
echo esc_html( $categories[0]->name ); ?></span> 카테고리의 다른 글</h4>
<?php 
$post_id = get_the_ID();
    $cat_ids = array();
    $categories = get_the_category( $post_id );

    if(!empty($categories) && is_wp_error($categories)):
        foreach ($categories as $category):
            array_push($cat_ids, $category->term_id);
        endforeach;
    endif;

    $current_post_type = get_post_type($post_id);
    $query_args = array( 

        'category__in' => wp_get_post_categories($post->ID),
        'post_type'      => $current_post_type,
        'post__not_in' => array(get_the_ID()),
        'posts_per_page'  => '5',
	'orderby' => 'rand'

     );

    $related_cats_post = new WP_Query( $query_args );

    if($related_cats_post->have_posts()):
         while($related_cats_post->have_posts()): $related_cats_post->the_post(); ?>
            <ul>
                <li>
                    <a href="<?php the_permalink(); ?>">
                        <?php the_title(); ?>
                    </a>
                 
                </li>
            </ul>
        <?php endwhile;

        // Restore original Post Data
        wp_reset_postdata();
     endif; ?>
</div><!-- 관련 글 -->

上記のコードは、同じカテゴリの記事5つのランダムに表示します。 すべてのカテゴリー記事を表示したい場合 「category__in '=> wp_get_post_categories($ post-> ID)、 行を次の行に置き換えます。

'category__in'   => $cat_ids,

ランダムに表示したいていない場合 「orderby '=>' rand ' 行を削除します。

上記のコードで 「post__not_in '=> array(get_the_ID())現在文を除外する機能をします(「How we exclude current post form related posts"参照)。

上記のコードでは、サムネイル(特性画像)を表示するコードは含まれていません。 サムネイルを表示したい場合は、「現在のカテゴリの関連記事(Related Posts)を表示する方法"に使用されたコードを参考にすることができます。

Settings(設定) タブで フックgenerate_after_contentを選択して、 Execute PHP(PHP実行)をチェックして有効にします。

GeneratePress テーマElementsを使用して関連記事一覧を表示する

そして Display Rules(表示ルール) タブをクリックして、 Location(位置)記事> All文を選択します。

WordPress GeneratePress テーマフックを使用する

GeneratePress テーマのElementsの詳細については、「GeneratePress テーマフックを使用する」を参考にしてみてください。

次に、CSSを使用して、レイアウトを適切に変更するようにします。 たとえば、次のようなコードを テーマのデザイン>ユーザー定義>追加CSSに追加したり、チャイルドテーマのstyle.cssファイルに追加することができます。

/* 관련 글 */
.related-posts {
    margin-top: 30px;
    border: 1px solid #ccc;
    padding: 10px 10px 3px 10px;
}

.related-posts ul * {
    font-size: 0.9rem;
}

.related-posts h4 {
    font-weight: 550;
    border-bottom: 1px solid #eee;
    padding-bottom: 5px;
    margin-bottom: 15px;
}

.related-posts ul {
    margin-bottom: 8px;
}

今記事を見てみると文章の下部に関連記事のリストが表示されます。

上記のコードが正常に動作していない場合(追加)

上記のコードを使用したとき、もし同じカテゴリー内の記事が表示されずすべてのカテゴリ文が表示される場合 GeneratePress フォーラム投稿 "Related / Popular Posts widget"に記載され方法を使用してみることができます。

GeneratePress フォーラム投稿の担当者が提示する方法は、 GeneratePress テーマに関連記事リストを表示する方法記事で紹介するWP Show Postsプラグインを使用することで、ショートコードを次のような形式で追加します。

[wp_show_posts id="123" settings="taxonomy=category&tax_term=current"]

ルックス> ElementsでElementを作成するときに、 フックgenerate_after_contentで指定して Execute Shortcodes オプションをチェックするようにします。

同じカテゴリーお気に入りリストを表示

そして Display Rules> Location記事>すべての記事を選択するようにします。

最後に、

Avada (Avada)Newspaper (Newspaper)のようないくつかのテーマには、個々のポストの下部に関連記事のリストを表示するオプションを提供しています。 そのような場合には、テーマで提供される機能を使用すると便利です。

関連記事を表示する機能がない場合は、プラグインを使用したり、テーマファイル内に直接コードを追加することで関連記事を表示することができます。

参照



2のコメント

コメント

  1. GeneratePress 関連記事一覧を表示するあげ内容のまま設定した、本当にありがとうございます。
    便利な適用に書いています。

    応答
    • 役に立ちましたことを願って。 他の方法でプラグインを使用すると、より便利にできることです。

      https://avada.co.kr/generatepress-%ED%85%8C%EB%A7%88%EC%97%90-%EA%B4%80%EB%A0%A8-%EA%B8%80-%ED%91%9C%EC%8B%9C/

      応答