ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 顧客データベースを構築する方法(会員DB作成)

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

コミュニティ、同窓会、同窓会、ボランティアやグループメンバーデータベースや顧客データベースを構築し、維持管理したい場合があります。 この場合、 WordPress プラグインParticipants Databaseを使用して会員や顧客からの情報を受けたり、あるいは管理者ページから直接会員情報を入力するか、会員/顧客リストファイルをインポートして、データベース化することができます。

WordPress 会員/顧客データベースの構築プラグイン

WordPress お客様/会員データベースの構築プラグインParticipants Database

参加者データベースは、人だけでなく、ほとんどすべてのことをデータベース化して管理することができる機能を提供します。 DBは、非常に柔軟な構成が可能であり、各レコードに保存したい情報のすべてのフィールドをダッシュ​​ボードで定義することができます。 会員情報は、 WordPress 管理者のセクションで個別に入力するか、CSVファイルにインポートしたり、あるいは個々のメンバーが直接入力できるようにすることができます。 レコードのリストをフィールドでソートが可能で、結果をCSVファイルにエクスポートすることができます。

このプラグインは、投票者の教育しなければならどのような組織のために開発されたそうですね。 組織は、迅速かつ簡単に投票者、サポーター、ボランティアのデータベースを構築して、フィードバックを収集し、ボランティアを組織するなどの作業が必要だったし、これらの必要性に応じて開発されたのが、このプラグインです。

このプラグインを使用して構築されるデータベースは、選挙人、サポーター、会員、ボランティアなどのリストを作って維持する必要のある組織が様々な目的に使用することができます。 このプラグインは、組織、クラブ、スポーツチームや他の組織のニーズに応じて機能をカスタムすることができる非常に強力な機能を備えており、簡単に使用が可能です。

Participants Databaseは、インデックス、ディレクトリ、カタログなどの他の用途のDBに簡単に適用することができます。

プラグインの使い方

このプラグインをインストールして有効にすると WordPress 伝言板にParticipants Databaseメニューが追加されます。 まず、 Participants Database> Setup Guide ページに移動し、設定方法に応じて設定すれば、無理なく使用が可能になります。

WordPress 会員顧客データベースの構築プラグインParticipants Databaseクイック設定ガイド
Participants Databaseプラグインクイック設定ガイド

このプラグインは、データベースのフィールドを簡単に追加、削除、位置変更を可能に設計されています。 Manage Database参加者情報(Participant Info)フィールドをカスタマイズすることができます。

データベースのフィールドの管理
データベースフィールドの管理ページ

参加者から直接情報を受信する場合、登録ページ(Signup Form)を作成し、ユーザーが基本的な情報(姓、名、電子メール)を入力して登録すると、メールで詳細情報を入力することができる電子メールが送信されます。

会員顧客データベースの構築プラグインユーザー登録ページ
ユーザー登録ページ

登録ページ、詳細情報の入力ページなどは、ショートコードで作成できます。 このプラグインは、加入者のリストを確認することができるショートコードも提供しています。 Participants Databaseで提供されるショートコードでリストを必要に応じて表示がない場合には、 wpDataTables 同じプラグインを使用すると、DBデータをフロントエンドに必要なフィールドを簡単に表示することができます。

メールが受信されない問題が発生した場合

参加者がSignup Formでの基本的な情報を入力して登録すると、両方のメールが送信されます。 一つは、管理者に転送され、一つは、加入者に配信されます。 もしメールが正常に配信されない場合、 Participant Database> Settings> Signup Form Settingsから Signup Email From Address(登録メール送信者アドレス)をそのドメインのメールアドレスに設定してください。 たとえば、example.comドメインの場合、 wordpress@ example.comのように設定することができます。 このメールアドレスは、実際にないアドレスであっても構いません。

それでも問題が解決しない場合、Webホスティング会社と相談したり、SMTPプラグインを使用することができます。

メモ:



コメントを残す

コメント