WordPress 検索エンジン最適化プラグインYoast SEOの使用方法

8

このブログでは、All in One SEO Packプラグインを使用している途中Yoast SEOで提供される特定の機能が必要でYoastと乗り換えました。

WordPressは Yoast SEO1つのSEOのすべて プラグインを使用すると、より精巧にSEOメタテキス​​トを設定することができており、検索エンジン最適化に役立ちます。

両方の中からどれを選んでもされます。 Yoast SEOは500万以上のサイトに設置されており、All in Oneは200万以上のサイトで使用されています。 Yoast SEOがもう少し洗練された機能を提供していますが、プラグインが重く、Webホスティング仕様が悪い場合 正常に動作していない サイトが遅くなることを経験したことがあります。

これまでYoastを使用して断片的に文を作成したんです。 Yoast SEOがバージョンが変わり、メニューの位置が変更され、以前に作成された記事に使用されたユーザーインターフェイス(UI)が最近のバージョンとは異なる場合があります。 今Yoastの全体的な事項を扱うことに時が来た気がして時間を割いて、それなりにまとめてみました。

Yoast SEOインストールする

伝言板>プラグイン>新規追加でYoast SEOを検索してYoastプラグインをインストールすることができます。

Yoast SEOインストールする

今すぐインストールをクリックして、プラグインをインストールして有効にします。 その後、伝言板に SEO メニューが追加されます。

WordPress Yoast SEOメニュー

SEOの構成ウィザードを実行する

初めてYoastプラグインをインストールした場合 SEO> GeneralでYoast SEO configuration wizardを実行することができます。

WordPress SEOウィザード

configuration wizard リンクをクリックします。

WordPress SEOの構成ウィザード1段階

上記のように Welcome(ようこそ) 画面が表示されたら Configure Yoast SEOをクリックして、SEOの設定を開始します。

WordPress SEOの構成ウィザード2段階

その後、 Environment(環境)を選択する 2段階が表示されます。 次の2つのオプションのいずれかを選択します。

  1. Option A:My site is live and ready to be indexed(サイトは、実際の動作状態であり、インデックスの準備ができていた)
  2. Option B:My site is under construction and should not be indexed(サイトが工事中で、インデックスをしない)

サイトを検索エンジンにさらさなければならない場合 オプションを選択します。 選択した場合 次のをクリックします。

WordPress SEOの構成ウィザード3段階

3段階では、サイトの種類(Site type)を選択します。 サイトの性格に合ったオプションを選択します。 次のオプションの中から選択が可能です。

  • A blog(ブログ)
  • An online shop(オンラインショップ)
  • A news channel(ニュースチャンネル)
  • A small offline business(小企業)
  • A corporation(企業)
  • A portfolio(ポートフォリオ)
  • Something else(その他)

同様に、選択した後、 次のをクリックして、次のステップに進みます。 前のステップに戻るには PREVOUSを押すとされ、下部の Close Wizard(ウィザードを閉じる)をクリックして、いつでもウィザードを終了することができます。

WordPress SEOの構成ウィザード4段階

4段階では、サイトが会社で運営するか、個人のサイトであることを選択します。 Company(会社)Person(個人) のいずれかを選択します。 会社を選択すると、会社のロゴをアップロードすることができます。

WordPress SEOの構成ウィザード5段階

5段階でSNSのプロフィールを入力することができます。 Facebook ページのURLと Twitter ユーザー名などを入力することができます。 ウィザードで設定する項目は、後日個別に修正が可能です。 SNSの設定は、 SEO> Social メニューから変更できます。

WordPress SEOの構成ウィザード6段階

6段階で「文」と「ページ」が検索結果に露出するようにするかどうかを設定します。 通常は Yes(はい)を選択して、文とページが検索エンジンの結果に検索されるようにする必要があります。 もし、特定の文/ページが検索エンジンにさらされないようにしたい場合は、次の文を参照してみてください。

WordPress SEOの構成ウィザード7段階

構成ウィザードの 7段階で記事の作成者(著者)が、複数の人なのかどうかを設定します。 文を作成するユーザーが1人だけの場合 いいえを選択します。 その後、authorアーカイブが無効になって重複するコンテンツの問題を回避します。

WordPress SEOの構成ウィザード8段階

8段階でGoogle検索コンソール(Google Search Console)の情報を取得できるようにGoogle Authorization Codeを追加する手順です。 Yoast SEOはGoogle Search Consoleと統合されて、Googleサーチコンソールからの情報を取得して利用することができます。 この部分については、後日時間になるとは別に投稿してみましょう。

WordPress SEOの構成ウィザード9段階

9段階では、サイト名を設定して、サイトの名前とポストのタイトルの間に追加される区切り文字(Separator)を選択することができます。

区切り文字は、デフォルトの設定を使用してもされ、コロン(:)やアスタリスクなど好みのシンボルを選択してもされます。

10段階でYoastからニュースレターを購読することができるように電子メールを入力することができます。 11段階でYoast SEO Premiumについてご案内しています。 関心がなければ、ただNEXTをクリックします。

これで設定ウィザードが完了しました。 ウィザードで設定した内容は、個々のメニュー項目で変更することができます。

General(一般)ページ

伝言板> SEO> General メニューには、 Dashboard、Features、Webmaster Tools タブがあります。

Dashboard(ダッシュボード)タブ

Yoast SEOプラグイン

ダッシュボードタブには、SEOに関連して発見された問題と通知が表示されます。

Problemsセクション

発見された問題がなければ、上記の図のように Problemsセクション「Good job!We could detect no serious SEO problems "(素晴らしいです!深刻なSEOの問題が発見されていない)が表示されます。

SEO関連の問題がある場合は、次のように警告が表示されます。

WordPress SEOの問題

最初の警告は 設定>読むで "検索エンジンは、このサイトを検索ブロックする"を選択したため、ロボットがサイトにアクセスできないように設定されていることを示します。 Huge SEO Issue(非常に大きなSEOの問題)と表示しますね。

二回目の警告は、Yoast SEOとGoogle XML Sitemapsプラグインで同時にXMLサイトマップを作成している問題のためのものです。 XMLサイトマップが2つあれば、検索エンジンに役立つにされず、サイトの速度を遅くすることができます。 (常に同一または類似の機能を重複して適用することは良くありません。)この場合、Google XML Sitemapsを無効にしてYoast SEOで提供するサイトマップを使用したり、Yoast SEOのサイトマップ機能を無効にすることができます。

問題 セクションに表示された問題を検討して解決することができている場合解決させます。

Notificationsセクション

Notificationsセクションは、様々な通知が表示されます。

SEO通知

読んでみて、不必要な情報であれば 「Please do not show me this notification anymore」(以上、この通知を表示しないでください)をクリックすると、その通知が表示されません。

Features(機能)]タブ

Yoast SEO機能タブ

このプラグインには、さまざまな機能が搭載されています。 Featuresタブで、各項目を有効/無効にすることができます。 クエスチョンマーク(?)をクリックすると、詳細情報を表示することができます。

  1. SEO analysis(SEO分析) - 作成した記事のSEOの改善点を提示します。
  2. Readability analysis(読みやすさの分析) - テキストの構造とスタイルの改善を提案します。
  3. Cornerstone content(コーナーストーンコンテンツ) - Yoast SEOのコーナーストーンコンテンツとは、ブログやウェブサイトでのテーマの中で最も代表となるポストを意味します。 た主題について複数の文を作成する場合に、この機能を利用してみることができるようになります。
  4. Text link counter(テキストリンクカウンター) - この機能を有効にすると記事のリストに内部リンクの数が表示されます。 訪問者が記事を読んですぐに私がしまう」直帰率」が高くなってSEOにマイナスの影響を与えます。 文の内部に同じサイト内の他のグローバルリンクをかける直帰率を防ぐことができ、訪問者の滞在時間も増やすことができます。ただし、この機能を有効にすると、サイトに書き込みが多い場合お気に入りリストページの速度が遅くなることがあります。 私は文の数が多いため、この機能を使用したとき記事一覧ページの速度があまりにも遅くなり解除した状態です。 この機能を有効にしてみ速度が遅くなると無効にするとなると思われる。
  5. XML sitemaps(XMLサイトマップ) - Yoast SEOのサイトマップ機能を使用すると、このプラグインで生成されたサイトマップのURLをGoogleと Naver ウェブマスターツールに送信できます。 Yoast SEOのサイトマップ機能を使用する場合、サイトマップのURLは http://www.example.com/sitemap_index.xmlです。プラグインを使用する場合は、この機能を無効にするようにします。 同時に2のサイトマップが生成されると、SEOに利点がされず、サイトの速度が遅くなることがあります。Yoast SEOとAll in One SEOプラグインに含まれているサイトマップを使用するを参照してみてください。ちなみにAll in One SEOを使用している場合、 Naver ウェブマスターツールにサイトマップを送信すると、エラーが発生する可能性があります。 そのような場合AIOで提供するサイトマップの機能を無効にして GoogleのXMLサイトマップ プラグインを使用してください。
  6. Ryte integration(Ryte統合) - Ryteでは、ユーザーのサイトが検索エンジンでインデックスされるかどうかを、毎週チェックしてサイトがインデックス可能な状態でなければYoast SEOでお知らせします。
  7. Admin bar menu(管理者バーメニュー) - このオプションをOnに選択すると、管理者ページの上部のツールバーにSEOメニューが表示されます。
  8. Security:no advanced settings for authors - Yoast SEOメタボックスのadvanced(上級)のセクションでは、ユーザーがポストを検索エンジンの検索結果に表示されないようにしたり、 Canonicalは(canonical)設定を変更することができます。 複数の文の作成者がいる場合は、この機能を Onに設定してライター(author)がこれらの設定にアクセスできないようにすることをお勧め。 この設定を "Off"に設定すると、すべてのユーザーが、高度な設定を変更できるようになります。

Webmaster Tools(ウェブマスターツール)タブ

Yoast SEOウェブマスターツール]タブ

Webmaster Tools(ウェブマスターツール)タブでは、百(Baidu)、ビング(Bing)は、Google(Google)、Yandex認証コードを置くことができます。

FTPに接続せずに、Googleウェブマスターツールの認証コードなどを追加するときに利用すると便利です。 Naver ウェブマスターツールを所有確認をするには、FTP経由で認証コードをheaderに追加したり、所有権証明書のファイルをダウンロードして、ルートフォルダにアップロードします。

Search Appearanceページ

SEO> Search Appearance ページでは、サイト名、ポスト/ページのタイトルなどが 検索エンジンに表示さ方法を設定することができます。 そして、個々の文/ページで個別に設定が可能です。

[General]タブ

全般 タブでは、 タイトルの区切り記号(Title Separator)と検索エンジンに表示されるホームページの名前を設定することができます。

フロントページを静的なページに設定した場合

伝言板>設定>読むから ホームページを表示を「静的なページ」に設定した場合には、そのページでのタイトルと説明を変更ヘジュオヤます。

Yoast SEOサイト名を設定する

全般 タブをクリックすると、上の図のように Homepage&Front page(ホームページやフロントページ) 下にリンクが表示されます。 「editing the front page itself "をクリックして、ページのタイトルと説明を指定するようにします。

知識グラフには、サイトが回使用のか、パーソナルなのかを選択することができ、 会社を選択すると、会社のロゴもアップロードすることができます。

フロントページを最近グローバルに設定した場合、

伝言板>設定>読むから ホームページを表示を「最新記事」に設定した場合には、 全般 タブで検索エンジンに表示されるサイト名とメタ説明を指定することができます。

WordPress サイト名の設定

SEOのタイトルに指定された方法で、フロントページにアクセスしたときに、ブラウザのタブの件名に表示されるタイトルが表示されます。

SEOサイト名

そして、検索エンジンでも、フロントページについてここに指定されたタイトルが公開されます。

WordPress 情報パッケージSEOサイトのタイトル

Content Types(コンテンツタイプ)タブ

Content Typesタブは、検索エンジンにさらされている記事(ポスト)とページのタイトルを表示する方法を設定することができます。

Yoast SEO記事/ページの検索エンジンの露出のタイトル

Show文/ページsearch results? オプションはOnに置か検索エンジンに公開されます。

Date in Snippet Previewについて Date Appears In Search Results Yoast文を参照してみてください。

Yoast SEO Meta Boxショーに設定する必要が個々の文/ページのSEOメタボックスが表示されます。

SEOのタイトルは文/ページのタイトルが表示される方法を指定します。 この設定は、全体の文/ページの基本的適用され、個々の文/ページで変更した場合、変更されたタイトルが表示されます。

記事タイトル - カテゴリーに設定しました。 記事タイトル - サイトのタイトル など、お好みの形式で指定することができます。

メタ記述は変更したい場合、変更することができます。 個別記事から直接指定することをお勧め。

Media(メディア)]タブ

Yoast SEOメディア]タブ

Mediaタブは、デフォルトの設定をそのままおくとされます。

Taxonomies(分類)タブ

Taxonomiesタブは、基本的に Content Typesタブと似ています。 ここでは、カテゴリ、タグなどのSEOのタイトルとMeta descriptionを設定することができます。

Yoast SEO分類設定

Category URLsRemove the categories prefix(カテゴリープレフィクスを削除) オプションで維持するか、削除するように設定することができます。

WordPress カテゴリーURLには普通/ category /のようにプレフィクスが含まれます。 この機能を使用してカテゴリのみプレフィクスを削除することができます。

Archives(アーカイブ)タブ

Archivesタブでは、Authorのアーカイブ/ Dateアーカイブ設定をすることができます。

Yoast SEOアーカイブタブ

Special Pages オプションでは、検索結果ページと404ページのタイトルが表示される方法を指定することができます。

Breadcrumbs(ブレッドクラム)タブ

Yoast SEOブレッドクラム設定

ブレッドクラムをページ/記事に表示すると、SEOに役立ちます。 Avada など、いくつかのテーマはBreadcrumbを表示する機能を独自に提供しています。 このブログで使用された Publisherのテーマもこの機能が提供されます。 テーマで提供されている場合、Yoast SEOで、この機能を無効にすると、なりそうです。

ブレッドクラムの詳細については、次の記事を参照してください。

RSS]タブ

Yoast SEO RSS]タブRSS]タブでは、フィード内の各ポスト前/後のコンテンツを追加することができます。 私はデフォルト設定のまま置きました。 必要に応じて英語でされた設定をハングルで変えてもなるようです。

Search Consoleページ

上記 SEOの構成ウィザードを実行するの8段階内容と同じなので、別途の説明は省略します。

Socialページ

SEO> Social ページから Facebook, Twitter などのSNSのプロフィールを指定することができます。

Facebook タブで Add Open Graph meta data 設定を 使用可能に設定すると、 Facebookとソーシャルメディア(Naver を含む)のサイトへのリンクを共有する場合に、画像と要約文のプレビューが表示されます。

Yoast SEOソーシャルページ

ゲグル文/ページのSEOメタ指定する

古典的なエディタを使用する場合

文やページを作成するたびにSEO記事のタイトル、Meta Descriptionとオープングラフメタタグなどをいちいち入力することをお勧め。

記事編集の下部にみると、Yoast SEOメタボックスが表示されます。

Yoast SEOコンテンツの最適化]タブ

左の信号の形のアイコンをクリックすると、SEOのタイトルとスラグ、メタ説明(Meta description)を設定することができます。

  • SEOのタイトルはそのままで設定で指定した形式で表示されます。 そのまま使用する必要に応じて適切に変更します。
  • ナメクジ - 通常文のタイトルがスラグに利用されます。 ブランクは、ダッシュ( ' - ')に変換されます。 文のタイトルが長すぎて切り捨て変更したい場合、変更することができます。
  • メタ記述に投稿要約説明を記入します。 ここで入力された内容は、Googleなどの検索エンジンにさらされており、空欄にしておくと、検索エンジンからの世話文の先頭の一部をドラッグして、露出させます。 (参照:確認してみるのGoogleのMeta Descriptionが公開されることも、Googleでの世話を先頭の一部を表示している場合もありますね。)

2番目のタブ(共有アイコン)は、SNSに共有されるときに表示するSEOのタイトルとメタ説明とサムネイル画像を指定します。

Yoastオープングラフメタタグ設定

タイトルと説明と画像の両方を指定するようにします。 その後、オープングラフメタタグが追加され Facebookや Naver ブログなどで共有する場合、ポストの説明とサムネイル画像が表示されます。

Gutenberg エディタの使用時に

WordPressが近いうちに5.0バージョンに更新すると、既存の古典的なエディタの代わりに Gutenbergというエディタがデフォルトのエディタとして使用する予定です。 現在 WordPress 4.9.8では、テストで Gutenbergをインストールして利用することができます。

Gutenbergを使用すると、既存のエディタよりもはるかに便利にページと記事を書くことができますが、今はテスト段階であるため、テーマや他のプラグインと互換性が完全にならないことがあります。

Yoastは Gutenberg用サイドバー導入して素早く対応しています。

今では文の編集画面の下部とサイドバーとともにYoast SEOメタボックスが表示されています。 上部のYoastアイコンをクリックすると、図のように左にYoast SEOサイドバーが表示されます。

Yoast SEOと Gutenberg

Snippet preview(スニペットプレビュー)をクリックすると、図のようにSEOのタイトルなどを設定できるウィンドウが表示されます。

SEOの分析の警告

伝言板> SEO> General> Features タブで SEO分析可読性分析ONに設定すると、Yoast SEOで文を分析して、警告を表示することができます。

Yoast SEO文解析エラー

これらの警告表示は、参考のために利用することができ、絶対的な基準がありません。 SEOは書くと関連しているのでどのような絶対的な原則がありません。 記事の性質に応じて、他のスタイルで文を作成する必要がありますので、状況に応じて適切なスタイルで文章を作成すると、なりそうです。

ただし、文を作成するときにYoastで提示するSEO原則に従うと、より多くの検索エンジンに優しい文を作成するのに役立ちますです。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPMLとYoast SEO

WPMLは WordPressで多言語サイト(たとえば、英語、日本語、中国語サイト)を運営する場合に利用される人気のプラグインです。 WPMLとYoast SEOチームは互換性を維持するために協力しているとするので、WPMLを利用して、多言語サイトを構築する場合、Yoast SEOを使うといいようです。 (WordPress 多言語プラグインWPMLとYoast SEO 参考)

WordPress 多言語翻訳プラグインWPML

おわりに

以上でYoast SEOプラグインをインストールして設定する方法について説明しました。

SEOは、最終的に書くと関係します。 SEOプラグインをインストールして設定することも役立ちますが、良い文を着実に作成してみると、自然に検索エンジンでより多くの露出され、より多くの読者がサイトを訪問することになります。

次の文は3年前に作成された文章です。 一度参考にしてください。

メモ:

8のコメント

  1. アッ数時間前にseoサイトマップならないしていた人ですが! パーマリンクを変更したら、通常されます。 ありがとうございます。

  2. こんにちは。 完了yoast seoを進めていますが
    サイトマップを作成するために疑問符をクリックしてsee the xml sitemapをクリックすると、以下のようなエラーメッセージが表示されます。

    見つかりません
    The requested URL /sitemap_index.xml was not found on this server。

    これは私のサイトの問題なのでしょうyoast seoの問題でしょうか?

    • こんにちは?

      このような問題は、初めてお使いにね。

      まずYoast SEOを除くすべてのプラグインを無効にした後、テストしてみてください?

      よくないと、Yoast SEOのサイトマップオプションを無効にしてGoogle XML Sitemapsプラグインをインストールして、同じエラーが発生していることをチェックしてみてください。

      https://wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/

  3. SEOプラグインも非常に重要なことと思います。
    テーマを頻繁に変えてそうなのか、正しくても Naverでオープングラフがまだアンナオネヨ。
    もちろん露出は思いと、大丈夫ですが、気になるようです.. !!

    • 個別の記事でYoastメタボックスの項目(Facebook title、Meta Description、image、を含む)を適切に指定する必要が Naverで適切にサムネイルが表示されます。

      そして Naverで一度サムネイルが不足しているだから、再びサムネイルが露出されていないようです。

      私のブログは、ブログのタブに露出された後、昨年半ばごろからWebサイト]タブのみ公開されており、改善されないですね。

      • 私もYoastプラグインを使っているのに、数日前のソースを見ると、私のサイトではない表示されます。ㅜㅜ
        どこを設定する必要がでしょうか。?
        約ナムガムよ。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください