WordPress用 Facebook ライブチャット/ IMプラグイン

4

海外サイトにアクセスすると、たまにライブチャットで会話することができるアイコンが表示される場合があります。 例えば、 Diviテーマで有名な Elegant Themesサイトに接続すると右下にライブチャットのアイコンが表示され、アイコンをクリックして、気になる点を質問することができます。

このようにサービスを提供したり、製品を販売しているサイトでは、ユーザーが気にするのをすぐに質問することができている場合販売につながる可能性が高くなります。

Elegant Themesサイトに利用されているライブチャットサービスが気に入っていくつかのプラグインを使用していることを聞いてみると インターコムというサードパーティーのサービスを利用するとですね。 ところが、このサービスを利用するサイトが多く表示されます。 人気 WordPress テーマの一つである Jupiterのテーマの製作会社のサイトにも同じサービスが利用されていますね。

しかし、IntercomのMessagingサービスのコストがEssentialの場合月に53ドル、Proの場合月に85ドルで個人が利用するには負担になる価格です。

WordPress用 Facebook ライブチャットプラグイン

安価なソリューションでサイトに Facebook ライブチャットアイコンを追加して Facebook ユーザーがリアルタイムでメッセージを送信できるようにする方法があります。

検索してみる様々なプラグインがあります。 無料のプラグインで Facebook Messenger Live Chat 同じプラグインがあります。 このプラグインの無料版では、限られた機能が提供されて高度な機能を必要に応じてプレミアムバージョンを購入することができます。

Codecanyonで販売されている有料のプラグインで Facebook Live Chat for WordPressFacebook Messenger for WordPressが評価が大丈夫です。

両方のプラグインも同じ開発者(Ninja Team)が作成されたものでFacebook Live Chat for WordPressが、価格が少し安くなります。 このプラグインは、現在このブログの サービスお問い合わせページに適用されており、特定のページに Facebook ライブチャットウィンドウを表示するためのオプションが提供されます。

WordPress Facebook ライブチャットプラグイン

Facebook Messenger for WordPress プラグインは、Facebookメッセンジャーのアイコンがサイトに表示され、アイコンをクリックすると、メッセージを送信することができるダイアログボックスが表示されます。 次の動画を参考にしてください。

Facebook メッセンジャーのプラグインや Facebook ライブチャットプラグインは、 Facebook ユーザーだけがメッセージを送信することができます。 誰ライブチャットを介して相談をすることができるようにするには、上で紹介しIntercomようなサードパーティのソリューションに加えて、様々な WordPress用ライブチャットプラグインがあります。 しかし、ライブチャットプラグインを使用すると、サイトの速度が遅くなることがあります。

WordPress用ライブチャットプラグインがサイトの速度に影響を与える場合 PHP Live Support ChatのようなPHPスクリプトを利用してみることもできます。

4のコメント

  1. 良い情報ですね。
    リアルタイムでのサービスを強化し、利用者の使用経験を高めることができる良いツールですね。
    ただしペメ事件カトクになると真良いという考えをして見ます。 韓国では...

    • カトクチャットプラグインがあるか検索してみると、検索がいけないですね。 代わりに Naver ぱんぱんプラグインが検索なりますね。

      前カトクを米国番号でPCにのみインストールして使用しています。 (カトクが便利ではあるが、たまに仕事に集中するために邪魔になる場合があり、携帯電話には、インストールされていません。)

      • 良い情報ありがとうございます。
        Naver ぱんぱんプラグインは、個人が作成だろうかそれとも Naver主催したのかして気がかりなことがしました。
        ワープとは関係がありません Naverショッピングが強気を引く理由は理解が行くこともね。
        Naverと...

      • Naver ぱんぱんプラグインは、コードエムシャプというプラグインの開発/販売店で作ったものい...無料で配布すること見ては Naverの後援を受けた可能性もあるようですね(もちろんコードエムシャプで独自に開発し、無料で公開することを決めたこともあって)...

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください