ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPressの簡単な紹介と、問題発生時の対処方法そごう(小考)

Last Updated:2019年2月21日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressは、代表的なコンテンツ管理システム(CMS)で、様々なテーマとプラグインに高い柔軟性を提供し、現在のCMS市場の2 / 3程度を占めています。

WordPressは大きく 加入型と置型があり、加入型は、無料で使用が可能ですが、レイアウトの変更作業をするには、 プレミアムプランにアップグレードする必要があります「Custom Design」を別途購入する必要があります(Custom Designは1年に30ドル).

インストールについて何の悩みもせずに WordPressで提供される基本的なテーマを使用してブログを運営する方は、加入型が適しています。 (加入型を使用している途中、ある程度慣れてくると設置型に変えることも一つの方法になるでしょう。)

プレミアムプランカスタムデザインを購入した場合 WordPressからのサポートを受けることができます。 わからないことがある場合はサポート掲示板に上げるとスタッフや他のユーザーが回答をしてくれます。 Custom Designと相違ないCSSを使用して、基本的に提供されているテーマのレイアウトを変更できるようにする商品です。 (Custom Design商品は、新しく改編されたプランでなくてはなく、プレミアムプランに編入された。) WordPress.COMの加入型を使用する場合は、セキュリティ上の理由から、プラグインのインストールはできません。

加入型は非常に安定して使用が簡単である利点があるが、Custom Designを購入していないと、レイアウト調整が限界があり、Custom Designを購入しても、プラグインをインストールすることができないので、 WordPressの機能を十分に活用することができない欠点があります。

加入型では、基本的なテーマを無料で使用が可能です。 しかし、やや特化したテーマを使用するには、購入する必要があります。 テーマの種類が多くない点も欠点です。

設置型は wordpress.orgからインストールファイルをダウンロードしてインストールして使用する形態です。 マウントを使用するには、インストールから構成までのすべての作業をユーザーが必要です。 しかし、コンピュータをよく知らなくても、最近は、インターネットを検索してみると、インストールから簡単な構成までよく出ています。

そして、多くのメーカーが無料でテーマを配布しているので、時間をかけて好みのテーマをインストールして使用することができます。 無料テーマの中には、よく作られたものもありますが、洗練されたレイアウトと機能を提供する有料のテーマもたくさんあります。 いくつかのテーマを使用するかは、個人的な曲陽と使用目的に応じて大きく変わるでしょう。 しかし、デモのスタイリッシュなデザインを見て、有料テーマを購入する場合でも、直接インストールしてみると、デモサイトのように出てこない場合がほとんどです。 だから初めての方はこちらで挫折する場合があります。

テーマを使用するときは、まずすべきことは説明書を読んでみることです。 特に有料のテーマは、取扱説明書がよく出ています。 ダミーファイル(デモファイル、プレビューファイルなどの名前でも呼ばれる)が提供されてデモサイトのように飾りたいドキュメントを参照ダミーファイルをインストールしてください。 まず、テーマをインストールして、必要なプラグインがあればインストールした後、ダミーファイル(通常はxml形式)をインポートした後に他の必要な設定をすると、基本的なレイアウトが完成します。 今、自分だけの独特なサイトを作成する作業をください。 (もちろん良いサイトが出にサイト計画書をよく作成する必要がありでしょう。)

マウントは、Webホスティングに登録して、直接インストールする必要が面倒ですが、様々なテーマとプラグインを使用できる柔軟性があり、目的のサイトを構築するのに便利です。

ここでは、しかし、多くの方々がインストールから、あるいは構成中に問題に直面している場合が少なくありません。 問題に直面したときはどうすればよいでしょうか? まずインストールする前に、取扱説明書を十分に理解することが重要です。 マニュアル通りましたが、問題に直面している場合には、特定のテーマに関連する場合、Support掲示板を通じて問題を検出して解決策を見つけて、それでも問題を解決できない場合、テーマの作成者に直接連絡して助けを求めるべきです。 基本的にはテーマの作成者は、カスタマイズには、サポートを提供していません。 例えば右のサイドバーのサイズを削減したいでもすることは聞いてもよく答えてくれません。 (おそらく数回程度は回答してくれることもあるでしょう。)このようなことは、純粋にユーザーがCSSと WordPress 使い方を身につけて解決します。 このようなカスタマイズの問題ではなく、テーマ自体の問題については、テーマの作成者が回答をしてくれる義務(?)がのです。 しかし、これも、特定の期間があります。 保証期間とすればよいです。 1年越え君サポートを拒否しているメーカーもありますね。 このような点は留意する必要があるようですね。

その後、無料のテーマを使用して、問題が発生した場合、どうすればいいですか? 人気のある無料のテーマの場合、多くのユーザーがあり、問題を解決する可能性があります。 そうでない場合、テーマの作成者に大きく依存するべきなのに、経験上の回答が遅れたり答えを受けられない場合も多かった。 このような場合は、検索を介して解決するか、直接勉強をして解決しなければならないことです。

問題に直面したときに最初にマニュアルを参照してください、それでもない場合は、サポートを依頼するということは、おそらく極めて常識的です。 しかし、このような小さな手間もせずに無条件に解決策を教えてもらうのカフェなどに質問を上げる場合をたくさん見ました。 このようなことは、避けるべきことと思われる。 そして質問するときは、できるだけ多くの情報を提供しなければならたい答えを受ける可能性があります。 例えばどのような状況でどのような問題が発生したのか、そしてそのサイトはどこなのかなどの情報を伝える必要があります。 (たまに簡単なスクリーンショット一つ上げの上下の間隔を調整してほしいと要求する方も見て、そのような場合、通常の回答を受けません。)プログラムについてどの程度ご存知の方は、 WordPress Codexサイトから有用な情報をたくさん得ることができます。 常にこのサイトを参照する習慣をつけるよさそうです。 (すべて英語でけどね...)

WordPressは、さまざまなテーマやプラグインを使用して、自分だけのウェブサイトを作成することができる魅力的なCMS(コンテンツ管理システム)です。 明らかに投資しただけ良い結実を得ることができるでしょう。



コメントを残す

コメント