WordPressで、特定のページ/記事の検索インデックス作成遮断する

3

WordPressで、特定のページや文章は、Googleや Naver などの検索エンジンに検索されないようにしたい場合があります。 この場合、noindexメタタグをページのHTMLコードに含まれていたり、HTTPリクエストで「noindex」ヘッダを返すことによって、Google検索ページが表示されないようにすることができます。

ここでの詳細については、次のGoogleのドキュメントを参照してみることができます。

Naverでも同様に「コマンドにnoindexを使用すると、そのページは、検索結果から除外され、nofollowを使用すると、検索ロボットがそのページ内のリンクを収集しないように設定することができます。 " ( "ウェブマスターツールのヘルプとガイド"参照)

WordPressで、特定のページ/記事の検索インデックス作成をブロックする方法

WordPressは Yoast SEOすべてのOne SEO Packに含まれます 同じSEOプラグインを使用すると、個々のページや記事のnoindexやnofollowメタタグを追加することができます。

Yoast SEOプラグイン

Yoast SEOの場合文/ページの編集画面の下部で、ギアの形のアイコンをクリックして、 Advanced(詳細) タブを表示します。

Yoast SEO robotsメタタグ

Allow search engines to show this文in search results? (検索エンジンでは、この文を検索結果に表示できるようにする) 옵션을 いいえを選択すると、noindexが追加されます。 (ページの場合、このオプションは、 Should search engines follow links on thisページ?で表示されます。)

このオプションはデフォルトで はいに設定されています。 このオプションを いいえに変更した後のページや記事のソースを見てみるとnoindexが追加されていることを確認することができます。

Yoast SEO  -  noindex追加する

nofollowメタタグを追加したい場合 Should search engines follow links on this文?の設定をNoに設定します。 その後、nofollowが追加されます。 nofollowを使用すると、検索ロボットがその文/ページ内のリンクを収集しないように設定されます。

All in One SEO Packプラグイン

All in One SEOもYoast SEOと同じ機能を提供します。 文/ページの編集画面で、下を見ると次のようにnoindex、nofollowを指定できるオプションが提供されます。

All in One SEO Pack  - ロボットメタタグ設定

NOINDEX this page / postをチェックするとnoindexが追加され、 NOFOLLOW this page / postをチェックするとnofollowが追加されます。

おわりに

WordPressでYoast SEOやAll in One SEOのようなSEOのプラグインを使用すると、より洗練されSEO関連の設定を指定することができます。 二つのうちどちらを選んでも関係ありません。 YoastやAIOの中からお気に入りを選択して、うまく活用すれば、SEOに関連して有用になります。

メモ:

3のコメント

  1. サイトが検索エンジンの検索結果に表示されないようにするための正しい方法は、次の記事を参照してみてください:

    https://www.thewordcracker.com/blog/%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8%EA%B0%80-%EA%B2%80%EC%83%89%EC%97%94%EC%A7%84%EC%97%90-%EA%B2%80%EC%83%89%EB%90%98%EC%A7%80-%EC%95%8A%EB%8F%84%EB%A1%9D-%EC%B0%A8%EB%8B%A8%ED%95%98%EA%B8%B0/

    • WordPressでSEOプラグインを使用して精巧に制御することができ、SEOに有利なようです。

      楽しい一日を過ごしてください^^

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください