WordPressユーザー定義のフォントを使用する(したい、ハングルフォントアップロード)

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

しばらく前にしたクライアントがワードプレスのサイトに顧客が希望するフォントをインストールして適用したクロムはよく表示されますIEで正常に出てこないながら問題の解決を要請しきました。

特殊なフォントをインストールしてロードすると、サイトの速度もどうしても影響を受ける可能性がありますので、あえてその必要があるかと思ったが、顧客が特定のフォントを指定して、「タイトルにそのフォントを使ってください」だったので、無条件にそのフォントのみ使用が可能であるですね。

インターネットからダウンロードしたウェブフォントを持ってインターネットに記載されているソリューションを検索して適用してみても問題が適切に解決されていない。 なぜクロムはされているためにIEはないでしょうか? おそらくインターネットエクスプローラがwoff2フォーマットをサポートしていないために発生する問題のようです。

IEがwoff2フォーマットをサポートしていなくて発生する問題なので、IEがサポートするwoff形式のフォントを使用すると、解決されます。(woffはIE9からサポートします。)

ユーザー定義のフォントプラグインUse Any Font

そうするうちに 任意のフォントを使用しますというプラグインを使用してフォントをロードして設定してくれるので、問題が解決されました。

ワードプレスでは、ユーザー定義のフォントを使用する

希望のフォントを埋め込みして使用することができ、特別なCSSは必要ありません。 フォントがttf、otf、woff形式のいずれかされているプラ​​グインをインストールして使用が可能です。

プラグインのサイトで説明している特徴をざっとまとめてみると、:

  • 迅速かつ簡単に設定します。 CSSの知識不要
  • すべての主要なブラウザのサポート:IE 6以上、Firefox、クロム、サファリ、iOS、アンドロイド、オペラなど
  • プラグインインターフェースフォントアップローダでフォント変換
  • アップロードされたフォントをEditorですぐに使用
  • ttf、otf、woffなどのフォント形式をサポート。 必要なフォントが自動的に変換され
  • 最大15MBフォントファイルを使用可能
  • @ font-face CSSを使用してフォント埋め込みます。 SEOフレンドリー、高速読み込み
  • 複数のフォントを使用可能
  • ユーザーのサーバーにフォントが保存されるため、ロード時間が速い

APIキーを取得しなければ、プラグインメーカーのサーバーに接続してフォント変換が可能です。 フォントがブラウザに応じて適切に適用されない場合は、このプラグインを使用すると、意外に問題が解決することができます。

無料版を使用すると、単一のフォントを変換することができます。 2つ以上のフォントを適用するには、有料版を利用してください。 このプラグインを使用してワードプレスのユーザーフォントをアップロードして適用する方法を次の記事で参照してください。

参考までに、より洗練された機能にフォントを管理したい場合 FontPressというワードプレスのフォント管理プラグインを使用してみることができます。

注:



コメントを残す