ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPressで価格表テーブル/料金プランページの作成

Last Updated:2021年8月19日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressでサービスや製品の価格を表示する価格表テーブルまたは料金プランページを作成する場合はテーマが提供する機能をしたり、プラグインを利用することができます。

価格表テーブル -  Diviテーマ
価格表テーブル

テーマ/ページビルダーに含まれる機能を使用する

Avada, Enfold などのテーマでは、独自のページビルダーに価格表を作成することができる要素(Element)を提供しています。 ページビルダーに含まれているPricing要素を使用して、簡単に価格表テーブルを作成することができます。

Avada テーマ

Avadaを使用している場合、Fusion Builderで 価格表 要素を選択して、料金表を作成することができます。

Avada テーマのPricing Tableエレメント
Avada テーマ - Fusion BuilderのPricing Table要素

Avada テーマは2つのスタイルの価格表を提供しています。 エレメントを配置した後、オプションで色などを微調整することができます。

Avada テーマ価格表テーブル
Avada テーマ - 価格表テーブルのサンプル

Enfold テーマ

Enfold テーマでもAvia Layout Builderで価格表テーブルを追加することができる要素を提供しています。

Enfold テーマ -  Table要素
Enfold テーマ - Table要素

Content Elementsでテーブル要素を選択して、データテーブルや価格表テーブルを作成することができます。

Diviテーマ

Diviテーマでも同様に価格表モジュールを提供しています。

WordPress Diviテーマ - 価格表モジュール
Diviテーマ - 価格表モジュール

Diviテーマを利用する場合は、直接価格表テーブルのスタイルを指定する代わりに、無料で提供されているレイアウトを活用することができます。 「レイアウトのインポート」から「pricing」で検索すると、価格表ページ(Pricing Page)レイアウトが表示されます。

Diviレイアウトパック -  Pricing価格表テーブル

現在Pricingで検索したときに、合計28個のレイアウトが検索されます。 (レイアウトは引き続き追加されます。)各レイアウトを見て好みのレイアウトページをロードすることができます。 レイアウトをロードした後、不要な要素を削除して、テーブルを適切に変更することができます。

WordPressで価格表テーブル/料金制ページを作成する4

エレメンページビルダー

ElementorページビルダーでもPrice Tableエレメントを提供していますが、 PROバージョンでのみ使用することができます。

WordPressで価格表テーブル/料金制ページを作成する5

エリーメンタープロでは、ライブラリから好みPrice Tableテンプレートをロードして利用することができます。

WordPressで価格表テーブル/料金制ページを作成する6
エレメンページビルダーライブラリであらかじめ作成されたTable Priceをロードして活用することができる。

価格表テーブルのプラグインを使用する

ページビルダーを使用していない場合は、無料または有料の価格表テーブルのプラグインを使用してプランテーブルを作成することができます。

Go Pricing - プレミアム価格表テーブルのプラグイン

Go Pricing  - プレミアム価格表テーブルのプラグイン

Go Pricingはよく知られている有料の価格表を作成プラグインです。 このプラグインは、 The7のようないくつかのテーマにバンドルで搭載されています。

このプラグインは、現在250以上のデモのテンプレートが含まれており Beaver Builder、WPBakery(Visual Composer), Elementorページビルダーとの互換性になります。

詳細とデモは Go Pricingページを参考にしてみてください。

Responsive Pricing Table - 反応型価格表テーブル

WordPress 価格表テーブルのプラグイン

応答価格表は無料のプラグインで、管理者パネルに「Pricing Tables」タブを追加して、簡単に価格表テーブルを生成することができるようにします。 プラン、カラーなどを選択して、ショートコードを使用して価格表を好きなところに表示することができます。

無料版は制限なく使用が可能で、追加機能が必要な場合PROバージョンを使用することができます。

最後に、

WordPressは、さまざまな方法で価格表テーブルを作成して、目的の場所を表示することができます。 Avada などの有料テーマを使用している場合、テーマに含まれている機能を使用して価格表テーブルを作成することができ、そうでない場合、プラグインを使用することもできます。

プラグインを使用したくない場合は、HTMLやCSSに直接コーディングして入れることも可能です。 たとえば、次のW3Schools文書で反応型の価格表テーブルを作成する方法が説明されています。

メモ:



コメントを残す

コメント